クレジットカードについて

金川顕教さんは元デロイト上がりの会計士さんだけあって、とても分かりやすくロジカルにお金の話をすることが出来ると思う。
下の記事なんて正にそう。
会計士という職を経てなければ中々こうは伝えられない。
特にデビットカードとクレジットカードの違いの説明は素晴らしいです!
以下、メルマガより一部抜粋

レバレッジの効く会社のやめ方!?今、この記事を読んでいて会社を辞めようとしている会社員の方へ。お願いです、まだ辞めないでください。今辞めないだけであなたの将来の収益が1億円以上、上がる可能性があります。僕の人生に大きな影響を与えた本、『金持ち父さん貧乏父さん』の中で「収入を得るための4つのモデル」というものが紹介されています。employee(従業員)self employee(自営業者)businessowner(ビジネスオーナー)investor(投資家)という4つです。この中で時間とお金の自由を得ることができるのはビジネスオーナーと投資家しかありません。だからお金と時間の自由を求めるのであれば会社員なんてやっていては駄目なんです。あなたがお金持ちになりたいのであればすぐにだって辞めたほうがいいくらいです。しかし、実はあなたが仕事を辞める前に「これだけはやっておかないと後で必ず損をする!」ということがいくつかあるんです。これを知っていたか知らなかったか、きちんと実践したかしなかったかだけで、ビジネスを始めるときに大きな差が出てしまうんです。これを知っておかないと、せっかくやる気満々でビジネスの世界に飛び込んだはいいが、「これをあらかじめ知ってたらもっと早く結果出せてたのに~!」なんて状態に陥ってしまいます。後々損をせずに、ビジネスで最高のスタートダッシュを決めるために覚えておいてほしい、「会社員の大きな特徴」があります。それは「社会的信用」です。会社というものは社会的に大変信用のあるバックグラウンドなんです。毎日きちんと出勤して、毎月安定した収入を得ている。この会社員にとって当たり前の日常が社会的にはとても大きな信用を得ることができる要素なんです。社会的には収入が不安定に見られる起業家や投資家よりも、安定している会社員の方が信用度は上なんです。今、会社員をしていて、これから独立・開業を考えているならば…辞める前に信用力を活用して今しかできないことをやっておくべきなんです。「では具体的に何をするべきか?」まずは『「社会的信用」で人脈を作っておく』のをお勧めします。会社員と、辞めた後では周りの環境が大きく変わります。会社員のときにだけ作れる人脈というものが必ずあるはずです。取引先の会社で後々自分のビジネスに良い結果を与えてくれそうな人と友好な関係になっておくのはとても重要です。会社を辞めて1人で稼いでいく際に優れた人脈に頼ることができるのはとても大きいです。そしてもう1つ大事なことがあります。『「社会的信用」でお金を稼ぐベースを作る』ことです。主に実践してほしいのは以下の3つです。①クレジットカードを作る②カードローンの枠を作る③不動産を買う①の「クレジットカードを作る」は、退職を決意して、まだクレジットカードを作ったことがない人はすぐに作ってください。クレジットカードはとにかく便利です。事業を開始した後は、経費の支払いもカード払いにできます。これが非常に重要です。クレジットカードは支払いを数カ月後に延ばせるので実質お金がなくても自分に投資ができます。ネット系のサービスの多くはクレジットカード決済が便利です。ポイントも貯まります。普段の生活でも、財布を持たずにクレジット決済のみにすれば会計の時間も短縮できて良いこと尽くめです。しかし、会社を辞めてしまうと、カードの審査に通るのはとても難しくなります。ネットで検索すると「審査が甘い楽天カードなら無職でも作れた!」なんて記事が出てきますが、基本的には「無職にクレジットカードの審査はおりない」と、思っていてください。とりあえず、1枚だけでもカードを持っておくのと持っていないのとでは利便性がずいぶん変わります。クレジットカードにはそれぞれ定められた「上限額」があります。定められた上限額以上の利用はできないので可能であればカードは複数の会社のものがあると良いです。極端に言えば、あればあるほどいいです。ただ、短期間に複数のカード会社に申し込むと「多重債務・借り回り」と判断される可能性があります。このように判断されると安定した収入があるにもかかわらず審査を通過できなくなることがあります。目安としては、2週間以内のクレジットカード申し込みは2社までにするといいようです。気をつけながら、ぜひ複数のクレジットカードを手に入れてください。②の「カードローンの枠を作る」はクレジットカードを作る際の延長の作業です。多くのクレジットカードはカードローンの契約によりキャッシングを利用できます。お金を後払いにする機能に加え、お金を借りることも可能になります。基本的にクレジットカードの契約ができるのならば、キャッシングも問題なく契約できるはずです。使う使わないは別にして、カードローンの枠を作っておけばいざというときの保険になります。③の「不動産を買う」は会社員であるのなら、まず「自分は不動産を買えるかどうか」の確認をして欲しいくらい重要です。不動産を買う場合、普通はローンを組みますよね。このローンを組むためには当然ですが、審査があります。誰でもお金を借りられるわけじゃないです。ここで、安定した収益を持っているサラリーマンの社会的信用が活かされるんです。会社を退社した後はローンを組むのがとても難しくなります。組めた場合も金利など、条件が会社員に比べると厳しくなるリスクがあります。不動産投資は手があまりかからずに毎月収入を発生させてくれる、不労所得に最も近い、魅力的な投資です。1度不動産を買えば後は自動的に不労所得が舞い込み続けます。会社員をやめてしまうと不動産を買うことが完全にできなくなります。会社員を辞めてから不動産投資を始めたいと僕に相談をしてもらっても正直遅いんです。会社員を辞めてしまっているせいで銀行からの融資が残念ながら受けられない、というパターンの人を僕は大勢見てきました。絶対に会社員を辞める前に不動産投資はした方がいいんです。「会社員」は信用の最強ステータスです。お金を貸したり預けたりする側にとっては投資家も起業家も信用ならない存在です。しかし会社員のうちならクレジットカードが簡単に作れます。ローンも組めるから不動産も驚くほど簡単に買えてしまいます。辞めた後、最高のスタートダッシュを決めるために…会社員の内にできることは必ずやっておきましょう。クレジットカードのようなもので「デビットカード」というものがあります。これは後になって引き落とされず、支払ったその場で、支払いの金額分が口座から引き落とされるシステムです。デビットカードは銀行口座さえ開設できれば作ることができます。つまり会社員を辞めた後でも作ることができるんです。しかし、デビットカードとクレジットカードでは決定的に違う所があります。それはクレジットカードならレバレッジを掛けられるということです。レバレッジはてこの原理のように小さな力で大きな力を動かすことをいいます。例えば10万円で売れる商品を5万円で仕入れたいけども自分の口座に30万円しか入っていない場合。デビットカードでは一度に6個までしか仕入れることができませんよね。この商品が「仕入れることができれば必ず売れる商品」であるのなら、もっと沢山仕入れをしたいですよね。クレジットカードなら支払いが先になるのでやろうと思えば限度額いっぱいまで商品を仕入れることもできるんです。これがデビットカードがクレジットカードに勝てない決定的な理由です。クレジットカードなら使ったお金よりはるかに多くのお金を回収することもできるんです。〜省略〜そして購入すべき物件などに関しても全てアドバイスすることができます!

金川顕教 カリスマ

夢見る若者たちの若きカリスマ金川顕教さんみたいになりたい人に向けた手紙

ホント、この方をSNSの広告で見ない日は無いくらい非常に精力的に活動しているというのが第一印象。

実際は、従業員などはおかずにビジネスパートナー達と一緒にコンサルティング業やセミナー業やコミュニティ運営をされているようですね。→とても今の時代にあったビジネスモデル(店舗とスタッフを抱えている経営者は大変そう)

実際に渡しもセミナーには行きましたけどあくどいセールスなどは一切無く、とても真面目にビジネスに取り組んでいる印象。
今の地位に上り詰めることが出来たのも彼のコツコツと積み上げていった努力によるところが大きいんじゃないでしょうか。

それが若い人たちを中心としてカリスマ的な人気を誇っている金川顕教という人物像。

下記は、他のブログより転載しましたカリスマ金川さんのプロフィールになりますからご参考までにどうぞ。

プロフィール(経歴)

名前:金川 顕教
会社:株式会社Social River
役職:代表取締役
出身:三重県
住所:東京都港区六本木
年商:約5億
事業:コミュニティ運営、経営者の育成
従業員:0(外注さんのみ)
好きな言葉:何をするかより誰とするか、知覚動考、過去は幻想、他人と比べた時点で負けている

1986年三重県生まれ。東京都港区在住。立命館大学産業社会学部卒業。
偏差値35から大学進学を志し、2浪の末立命館大学に入学。
大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、 在学中に公認会計士試験に合格する。
世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。
新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生が送れる」と思ったのも束の間、 自分自身の時間が削られていく不自由さに耐えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。
勉強期間中の副業で給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。
以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、3年間で2億6600万円売り上げる。
2016年現在、4期目にして年商は5億円、粗利にして3億円を見込んでいる。
サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を送る。

著書に「Change」「2冊目 年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」などがある。

私はこれまでさんざんノウハウコレクターとして、中身が何もない情報商材やノウハウを買っては、悲しい思いをしてきました。
お金がもう底をつきたので、金川さんの運営するコミュニティには入れませんでしたが、かれはどうやら本当に本物ですね。

セミナーに行けば分かりますね。

これは、金川さんに会いたいけど勇気が出ない、コンタクト取りたいけど大丈夫かなぁ、と思っている人に向けた手紙です。
彼は、きちんと相手のことを考えて行動することが出来る人ですよ。

気になるよでしたら、無理売とかされている人は見なかったので、是非コンタクトを取られてみることをお勧めしますね。

きっと新しい人生が開けるきっかけになると思いますよ。

カリスマ起業家 金川顕教

金川顕教(かながわあきのり)さんは天才的なカリスマ起業家として有名だ。
立命館大学に入学後、公認会計士の資格を取得。

デロイト トウシュ トーマツへ就職しながら、

自由を手に入れるために、わずか3年目に起業した。

お気づきの方もいるだろうが、これは普通では考えられないことだ。

なぜなら公認会計士試験合格者は、2年以上の業務補助などの

実務経験、実務補習を経て、保有ができるからだ。

つまり彼は、公認会計士の資格を目前で捨てたのである。

常人には決してまねできない行動だ。

しかし、この行動は全く間違っていなかったことを彼は自ら証明している。

独立後、彼は事務所なし、従業員なしの

金川顕教さん一人会社で年商4500万円を達成。

驚くべきは何といってもその利益率。

なんと粗利は3900万円!!

初年度からサラリーマン時代の給料を優に越える数字をたたきだしてしまったの。

まさに脱サラを目指す人にはカリスマ的を存在である。

その後も順調に収益をあげ、3期目にして年商はなんと1億3500万円。

年商1億の壁もたったの3年で簡単にクリアしてしまった。

まさに夢のようなお話だ。

今期も年商5億円を見込んでおり、その勢いはとどまることを知らない。

この実績だけで金川顕教さんのカリスマ性は証明できるだろう。

おそらくここまで読んだ誰もが

「特別な才能があるから稼げたんだろう」と思うことであろう。

しかし、彼のすごいところは実は才能ではない。

なぜなら彼の高校3年生時点の偏差値は35!

カリスマ性のかけらも感じられない衝撃のレベルだった。

金川顕教さんの著書「チェンジ」には、彼の人生は本当に山あり谷ありの人生であり、

絶えず挑戦し続ける情熱とともにあったことが綴られている。

その結果底辺から這い上がり、今や、誰もが手にしたい生活を送っているのだ。

まさに一発逆転の勝ち組人生である!

金川顕教さんはお金を時給で考えてほしいという。

それは、年収が1000万でも賞与があるとしたら月給は60万後半程度でしょう。

休みなく忙殺していたら日給2万円台。

1日10時間働いていたら、時給2000円台とちょっといいバイトをしているのと

変わらない状況になってしまうからです。

それなのに今の生活に本当に満足しているといえる人は何人いるのでしょうか?

彼は成功するために必要なのは行動力であるという。

悩み続けているだけでは何も変わらない。

金川顕教さんは無料メルマガやYOU TUBE投稿など

たくさんのことを無料で教えている。

是非、少しでも興味のある方はまずは、メルマガに登録してみるといいだろう。

彼の今までの努力から得たカリスマの知識が簡単にすべて手に入るのだから。

会計士の資格を持つ金川顕教 

元トーマツの起業家
金川顕教とは?
1986年三重県生まれ。東京都港区在住。立命館大学産業社会学部卒業。 
偏差値35から大学進学を志し、2浪の末立命館大学に入学。
大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、 在学中に公認会計士試験に合格する。
世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。 
ここで一番気になるのは、公認会計士試験に合格したという点と、あのビッグコンサルティングファームデロイトトーマツ出身という点だろうか。
そもそも公認会計士とは?
金川さんが試験に合格した公認会計士というのは、弁護士と双璧を成すほどの、
日本最難関の国家資格(士業)だそうです。
ざっくりとした資格のランク付けは下記の様な形となるそうで
弁護士
公認会計士ココ
司法書士
行政書士
社労士
税理士
中小企業診断士
などなど
とにかく最難関の士業であることに間違いはなさそうですね。
主に、公認会計士は、税理士と抱き合わせにし(自分で資格を取るか、税理士と組むか、雇うか)クライアントの会計業務や監査を一手にになうと言ったところでしょうか。
超エリート中のエリートだという事が言えますね。
そのエリート街道を捨ててまで、金川さんが起業した理由、欲したものとは?
それは仲間たちとの自由な時間や、誰にも縛られない生活だったのではないでしょうか。
この辺りは、金川さんの伝記に近い書籍1冊目チェンジでも、触れていますね。
自分が同じ立場なら、いくら忙しいとはいえ、命懸けでとった公認会計士の資格と、
超優良大手企業のデロイトトーマツを捨てるという判断はちょっと出来ないかもしれないです。
だからこそ金川さんは、誰もしない事を選んでいった結果、億万長者の仲間入りをされたんですね。
まぁ個人的には会計士金川顕教も見てみたい気もしますけどね。

金川顕教のブログ

金川顕教(かながわあきのり)さんのブログがおもしろい。

そもそも金川顕教って誰だ、と思うかもしれない。
実際自分もそうだった。

自由になりたい、仕事辞めたい、と考えながらネットサーフィンしていてたどり着いた場所。
それが金川顕教さんのサイトだった。

「会社に頼らない自由な生き方を提供」

自分の求めているものはまさしくこれだ!

興味をひかれ、金川顕教さんのプロフィールやらブログやらをいろいろ見てみた。

 

この金川顕教という人物、かなり特殊な人生?を歩んでいる。

中学の頃にご両親が離婚したことがきっかけでグレていた。
勉強は一切やらずに偏差値35。

これはよくあるパターンだな、と思いきや

そこから猛勉強し二浪をするも立命館大(平均偏差値54くらい)に合格!
そして在学中に公認会計士の資格を取得!

公認会計士って、「医師」や「弁護士」と一緒の三大国家試験の一つで、かなり合格率が低いやつ・・・(自分でも知っているくらいすごいやつ)

この時点ですごいなーと思ったのに、

就職先は世界一の会計事務所だったのにもかかわらず、
3年後には「もっと自己成長して自由になりたい」と思いから
副業をして「できる」ことが分かったわずか4か月後に起業!
しかもその会社は事務所なし、従業員なしの「一人会社」。

さらにさらに、今ではその会社が年商5億稼ぐ見込みだという。

 

もともとめちゃくちゃ頭のいい人、というわけじゃなかったのに(失礼)
本人のやる気と努力でここまで成功することが出来るとは!

「仕事辞めたい」
「自由になりたい」

とか言うくせにだらだらと時間を無駄にしている自分が恥ずかしい(/ω\)

 

金川顕教さんのブログを読んでいると、

「成功したい」

「お金持ちになりたい」

と本当に思うなら、100%そうなる自分を信じることが大切だと言っていた。

 

成功できない人は、少しでも

「やっぱり無理かも」

とか思ってしまって信じ切れていないがために成功していないんだと。

 

なるほど、確かにそうかもしれない!

 

たまたまたどり着いた先の全く知らなかった人だったのに、
ほんの少しブログを読んだだけで何かしら影響を受けてしまった!

金川顕教さん恐るべし!

 

自分を変えたかったら、まずは環境を変えるといいよ

いつだったかどこかで聞いた言葉だけど、

こういった影響力のある人のそばにいたら

「自由になりたい」

 

っていう叶いそうもない願望も叶えられるかもしれない!

 

早速メルマガやラインに登録してしまった(笑)

 

会社勤めから解放されて自由になりたいと思っている仲間は必見かもしれない!

 

http://akinori-kanagawa.jp/blog/