新刊情報

金川顕教さん、怒涛の勢いで出版されています。
今回、あの大手出版社「集英社」から書籍を出されるということで、その書籍の紹介をしたいと思います!

新刊の題名は『3秒決断思考 やるか、すぐやるか。』

この本で金川顕教さんが伝えたいことはとてもシンプルなことで、「成功している人は3秒で決断している」ということ。
「やるか、やらないか、ではなく、やるか、すぐやるか」ということ。
また、「できるかどうか、ではなく、やりたいかどうかで判断する」ということ。

3秒で決断するためのまいんどのつくりかたや、成功する人がよく使う口癖や、すぐやる人の行動ルールについて、などが書かれているそうです!
(LINEから引用しています)

多くの人が「やるかやらないか」で迷って結局のところ行動できずにいると思いますが、この本を読むことですぐに行動して結果が出せるように自分のマインドを変えることができるようです。

金川顕教さんのLINE@読者は、この書籍の購入者限定プレゼントとして

1.超絶決断思考(成功するのに必ず必要な思考法)という1時間40分にも及ぶ動画
2.起業、副業で必要な6つの成功の秘訣という1時間10分の動画
3.番外編 起業したらどういう世界が待っているかという15分の動画
4.稼ぐ話術フルセットという約5時間の動画(30万円相当の内容)

を受け取ることができます。
購入したことがわかるスクリーンショット(購入完了画面など)を金川顕教さんのLINEにおくればいいそうです。
先着1000名限定なので、予約注文して確実にプレゼントが受け取れるようそなえることをお勧めします!

書籍は7月26日発売です。
アマゾンで予約購入出来ます!→予約購入はこちら

 

ちなみに、金川顕教さんが書籍を出すときに、「3大出版社から本を出すこと」を目標の一つとして掲げたそうです。
それがたったの2年、18冊目のチャレンジで実現したそうです。

周りがどんなに無理だとネガティブなことを言ったとしても、自分の信じる道を曲げずに突き進んでいけば、実現はできるんだ!!と勇気を貰えますね。
(NARUTOみたいですね(笑))

もし周りから反対されても心に思うようなことがあれば、諦めず自分を信じて挑戦して欲しいと思います。
自分もそうでありたいと思います!

ビジネスパートナー説明会

7月に入って、西日本での地震や豪雨など、大変なことが重なっていますね…
亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

さて、以前の記事で紹介した金川顕教さんのビジネスパートナーの説明会、無事開催されたようです。
さすがカリスマ起業家の金川顕教さん。
彼とビジネスパートナーになりたいと願った応募者は100名以上いたようです。
その中から厳選された10名以上の方が参加されたようですね。
参加者の方はきっとかなりのポテンシャルを秘めた人なんだろうなと想像します。

今回参加したくても出来なかった人は、前もお伝えした通り金川顕教さんの案内専用LINE@に「説明会動画希望」とメッセージを送ってくださいね。
↓案内専用LINE@↓
https://line.me/R/ti/p/%40gwu8221z

金川顕教さんは常に時代の流れに沿っていろいろと事業を展開していっています。
だから、このビジネスパートナーの募集もいつまでやっているかどうかはわからないそうです。
もし、やってみようかどうか悩んでいるのなら説明会の動画を見て、次回の説明会にぜひ参加してください、というのが金川顕教さんからのメッセージです。

やらずに後悔するより、やって後悔する方が何倍もマシですよね!
気になっている人はぜひ早めの行動をしてください。

 

p.s.説明会の動画ですが、希望者が殺到しそうです。10分で70名以上が希望したということです。
今回の動画プレゼントは限定1000名になってしまったようです!
その1000名の中から先着100名だけが面接をしてもらえるようです。
なおさら、行動するなら今すぐ!!ですよ。

自制心の大切さ

今までに何度も記事にしていますが、スマホやテレビに時間を取られている人はずばり「自制心が弱い人」と言えます。

身に覚えがありすぎてドキッとしていませんか?
自分もそうですが、ちょっとだけのつもりがついつい何時間もスマホと向き合っていたり、だらだらとテレビを見て1日が終わってしまった経験があると思います。

学生時代も、テスト期間中になると漫画をちらっと読み返して勉強を忘れてしまったり(笑)
懐かしい思い出です。

と、笑ってはいられません。

自制心が強いか弱いかは、人生を左右すると言っても過言ではないというのが、アメリカの実験で分かっているのです!

その実験は「マシュマロ実験」といいます。

4歳の子供に対し、机の上にマシュマロを1つ置き、15分食べるのを我慢したらもう一つあげるよ、と言って子供を一人にした時、食べずに我慢できるかどうかという実験内容です。

我慢できた子と出来なかった子の比率は1:2だったそうですが、この実験ではその子たちのその後を長期にわたって調査しているところが面白いのです。

マシュマロを我慢できた=自制心の強い子が、成長してからも高学歴、高収入になる確率が高く、中年になったときの肥満指数も低かったそうです。

 

なにかをやらないといけない時、それを妨げるものはたくさんあると思います。
スマホにしろテレビにしろ漫画やゲーム、女性には甘いものなど(笑)
でも、そうした時に「今は○○をしないと!!」と自分を制し、誘惑をはねのけて行動できるかどうか。

マシュマロ実験ではないけど、我慢したその先に何が与えられるのか、成果をよく考えることが大事なのかもしれません。

そこを明確に把握できていれば、自制心もいつもより強く働きそうです。