新刊情報2

金川顕教さんの新刊情報、またしてもお伝えします!
今回の書籍は金川顕教さんが1年間をかけてこだわってこだわって完成させたという決算書の本です。
著書名は『80分でマスター! ガチ速決算書入門』。
決算書の読み方が分からない人や数字にアレルギーがある、決算書の勉強しても一般的な本は難しすぎて読めない、という悩みを解消するために書かれたこの書籍。
著書名にもあるように80分で会計や決算書について学べる1冊だということです。
内容は
Part1そもそも「決算書」ってなに?どう役立つの?
Part2「損益計算書(P/L)」の基礎をマスターしよう!
Part3「貸借対照表(B/S)」の基礎をマスターしよう!
Part4「キャッシュフロー計算書(C/S)」の基礎をマスターしよう!
Part5ズバリ知りたい「決算書」に関する素朴な疑問に答えます!
というように5つのパートに分けてあり、読むことでビジネスパーソン必須の数字力が身につく超入門です。

80分で学べる秘訣はたくさん取り入れられている図解やイラスト。見るだけで理解ができるように工夫がされているとのことです。
決算書を見ることで、例えば自分の会社の“健康状態”をチェックすることができます。いろいろな会社の健康状態がチェック出来れば転職を考えている時も有利ですよね。
数字に強くなりたい人や年収アップしたい人、企業副業やビジネスに興味がある人にお勧めの1冊とのことです。
80分でマスターできるなら往復の通勤時間やちょっとしたスキマ時間でどんどんインプットできますね!
そして学んだことを活かしてぜひ実際の決算書を読んでみましょう。
こうしたアウトプットの積み重ねが理解を深めてくれるはずです。
気になる方はぜひチェックしてくださいね。

『 80分でマスター! ガチ速決算書入門』 を購入する(アマゾンへ)

【16分で要約】時間革命 1秒もムダに生きるな(堀江貴文 / 著)

さて今回も金川顕教さんのYouTube図書館で視聴した動画の感想を書きたいと思います。今回視聴したのは『【16分で要約】時間革命 1秒もムダに生きるな(堀江貴文 / 著)』という動画です。
『 時間革命 1秒もムダに生きるな 』を書いたのは堀江貴文さん、言わずと知れたホリエモンです。

金川顕教さんはよく「Time is Money」ではなく「Time is Life」、時間は命だという話をしています。
お金は失っても借りたり後から取り戻すことができるけれど、時間は一度失ったら戻すことができないものです。
ホリエモンは公正取引法違反で逮捕された時に掃除をさせられていたそうですが、その時に他人のために時間をつかうことで自分の幸福度が下がったと実感したそうです。
金川顕教さんも時給制のアルバイトはしない方がいいと考えているようです。
今でこそその考え方は確かにそうだと理解できますが、高校生や大学生の自分では自分の時間と肉体を使って収入を得るのが当たり前と考えていたので、大学生時代からそう考えることができた金川顕教さんはやっぱりすごいと思います。
時間というものを資産と考えたとき、自分の時間を投資する先は本当にそこで良いのかどうかをもっとよく考えて生きなくてはいけないと感じました。
人生の質を高めるためには他人時間を生きるのではなく自分時間を生きることが大事だということです。他人時間を生きているのは刑務所に入っているのと一緒だとホリエモンは言います。やりたくないことをやっている時間がどれほど無駄でもったいないものなのかをもっと深刻に考えなくてはいけないと思いました。

他にも印象深かったのはモチベーションを上げるというのは結局やりたくないことをやろうとしているということや、みんながなぜ働くのかと言うと暇だからということ、将来のことを考えても意味がないということですね。
さすがホリエモンというような視点で、金川顕教さんの解説を聞いているだけでも興味深かったです。

どうしても常識や世間体に縛られて行動しがちだったので、もっと自分本位になって考えてみようと思いました。
そして行動力のなさが自分の悪いところでしたが、行動力のある人は情報量が多い人だという話を聞き、もっともっと深く情報を入れていこうとも思いました。

ホリエモンや金川顕教さんのような成功している人にとって共通している「時間」への概念。ぜひ参考にしてくださいね。

『【16分で要約】時間革命 1秒もムダに生きるな(堀江貴文 / 著)』 をYouTubeで見る!

【15分で要約】 7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー / 著)

今回は金川顕教さんのYouTube図書館から『【15分で要約】 7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー / 著)』の解説動画を視聴した感想を書きたいと思います。
この『7つの習慣』という書籍は世界中で3000万部、日本では200万部以上売れている世界的な名著だそうです。

成功する人は成功するためのルールをきちんと守っていて、成功できない人はルールを守っていないと金川顕教さんは考えています。
だから成功したいとかもっと稼ぎたいとか考えているのなら、こうした「7つの習慣」などをきちん守るところから始めてみましょう。

さてこの「7つの習慣」では 誠意、謙虚、誠実、勇気、忍耐、勤勉さといったものが成功の条件だとする人格主義の考えで書かれており、読むことで人格の向上につながる本だということです。
そして成功にも私的成功と公的成功に分けることができ、まず私的成功の部分では目的を持ってから始めるという逆算思考や重要事項の優先という部分の大切さがわかりました。
とくに重要か重要でないか、緊急か緊急でないかでわかれた4つの領域の中で、重要だけど緊急でない第2領域を重要視している人が成功するという部分は大いに納得しました。その第2領域に当てはまるのはスキルアップのための勉強だとか準備に費やす時間のことでした。
つまり成功する人というのは、他の人が嫌がることとかやりたがらないことを実行できてそれを習慣化できている人なんですね。
次に公的成功についてですが、これは金川顕教さんが言ったりやっているようなことで、成功したのなら今度はみんなで成功しましょうと他者のために自分が貢献することです。
金川顕教さんも著書のシナジー人脈術などで書いているような相乗効果についての話もありました。

個人的にとても印象に残ったのは、習慣は筋肉と一緒で現状維持に走ると衰退していくというところでした。
新しく生まれ変わる、再生を繰り返すことが大事、この本で言えば謙虚さとか誠実さと言った知性的な部分について言われているけれど、スキルとかそういうものにも言えることだなと思いました。
金川顕教さん的に言えばコンフォートゾーンにいてはいけない、常に自分をラーニングゾーンに置くようにするというところでしょうか。

こうした成功本を読むと、やはり成功する人としない人(自分)とを比較して至らない点が浮き彫りになります。
そうした差異を認識出来たら埋めるためにも即行動が大事ですね。
常に謙虚さを忘れず学び続けていきたいと思います。

みなさんもぜひ参考にしてください。
『【15分で要約】 7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー / 著)』 をYouTubeで見る!

新刊情報

金川顕教さんの書籍にまた一冊加わりましたので紹介します。
『イヤなことは死んでもやるな』という本です。
2020年2月22日に出版されています。
第1章から第4章までで構成されていて、カリスマ起業家金川顕教さんはどうして成功できたのかのカギが書かれているようです。
脱サラや起業を考えている人は必読!とのレビューもあるくらいです。

以下、書籍の内容紹介です。

イヤなことをやめれば、本当にやりたいこと=成功への道が見えてくる!

やりたいことはなかなか見つからないのに、やりたくないことならたくさんある、というのが人間です。今、私は7つの会社のオーナー業により1億円超の年収を得ていますが、サラリーマン時代はやりたくないことばかりで気が滅入っていました。そんな人生を変えるべく、「やりたくないことリスト」を作ってみると、次第に人生が好転してきたのです。

リストを作って、やめられるものからやめていく。すると、逆に「もしかしたら、これ実現できるかも」という大きなやりたいこと(=妄想)が見えてきます。妄想を抱ければそこに希望が宿りますから、人は前に向かって生きていけるのです。やりたいことだけで毎日を埋め尽くし、それまで抱いていた自分の夢さえも超えるような、途方もない夢を実現してください。

amazon 『イヤなことは死んでもやるな』 購入ページより

普段の生活の中でやりたくないけど仕方がなくやっていることってたくさんありますよね。掃除、洗濯、食事とか生活の部分にもたくさんあるし、仕事でも「これって自分じゃなくてもいいじゃん」とか「非効率的だな」と思うようなことありますよね。
嫌だなと思いながら生活するのってすごくしんどいものです。だから時々わーっと何もかも投げ出したくなります(笑)
特に日本人はYesマンな人が多いと思います。お願いされたら断れないようなお人よしが。
でもやっぱり一度きりの人生ですし、嫌なことばかりに人生占められるのは悲しすぎます。
どんな人にだって夢や希望は少なからず持っているはずです。
自分の夢や希望を実現させてこその人生なので、今すぐやりたくないリストを作って前向きに生きていきましょう!

『イヤなことは死んでもやるな』 を購入する(アマゾンへ)

【16分で要約】「メモの魔力」(前田裕二 / 著)

世間は相変わらず新型コロナウィルスの話題で持ちきりです。
マスクも依然として手に入らない状況が続いているしこのままどうなっていくのか不安を感じますよね。
ところが「こういう時こそビジネスチャンスだ」と話している人もいました。
人と違った視点に立てるかどうか、そして視野をどれだけ広げられるかという違いを感じました。
自分もこういう時だからこそ自分のスキルアップのために時間をつかっていこうと思います。

さて今回は金川顕教さんのYouTube図書館から『【16分で要約】「メモの魔力」(前田裕二 / 著)』を視聴した感想を書きたいと思います。
著書の前田裕二さんといえばテレビでもよく見る方ですね。
SHOWROOM株式会社代表取締役社長ですが、作家活動やテレビのコメンテーターとしても大活躍されています。
「メモの魔力」は50万部を超えるベストセラーとなっています。

みなさんはメモを取るほうですか?我が家ではよく母親がテレビを見ながら気になるレストランや情報をチラシの隅にメモを取っていました。
自分はメモを取りながらそれがうまくまとまってなくて後で見返してもよく分からなかったり、どこへメモしたかも忘れてしまうようなダメさ加減でした。
最近ではスマートフォンのおかげでメモがあちこち紛失することは防げています。

しかしこの動画をみて、自分と前田さんとではそもそもメモを取る目的が違っていたんだと気付きました。
メモと言えば大事なことを忘れないようにするためだとか記録の意味合いが強かったですが、前田さんは第2の脳としてのメモ、知的生産としてのメモという使い方をしているようです。
前田さんが実践しているメモの取り方はノートを見開きで使う方法で、重要なのがファクト(起きたこと)、抽象化(注目する要素を分かりやすくまとめること)、転用(気付きを他の用途に使うこと)を書くところです。
特に抽象化は思考を深めるために必要なものだということです。HOWどうやってとかWHYなぜという視点で事実をどう応用できるようにするか深掘りしていくようにしましょう。

メモを取ることを実践できても、それを習慣化するには努力だけでは難しく、メモを取るのが好きという次元までいかないとなかなか続かないのかもしれません。
だから習慣化させるために自分の気分が上がるノートとかを用意したり、完璧主義を捨て軽い気持ちでメモを取るようにすること、そうしていたらこのIT化の進んだ今メモを取る姿は人の目につきやすく褒められたりして自信につながっていくことでしょう。

メモを取るということは記録を残すだけでなく、自己分析ができたり夢を実現させたりという大きな成果にも効力を発揮するものだそうです。たかがメモと侮るなかれ、ですね。
金川顕教さんも学生時代も起業するときもメモをたくさんしていたそうです。
過去を振り返ってファクトと転用は書けていたけど、抽象化というのは面白い視点だと言っていました。
このファクト→抽象化→転用という視点は、メモだけでなくいろいろな仕事に使えるとも言っています。
金川顕教さんの言うように、メモというものにとらわれ過ぎず、大切な教えを自分の中に取り込むことだけでも十分な成長につながるのかなと思いました。
だからといってメモを取らなくていいという訳ではないですけど。
個人的にはその一番重要なファクト→抽象化→転用の部分は本で読んでしっかり理解を深めたいと思います。

メモは人生を楽しくする手段の一つ。
生活に取り入れてよりたくさんのアイディアや発見に繋がったらいいなと思います。

『【16分で要約】「メモの魔力」(前田裕二 / 著)』をYouTubeで見る!

情報弱者になるな

なんだかコロナウィルスが大変なことになってしまいましたね。
国内の感染者も増え、ダイヤモンド・プリンセス号をめぐっては海外からの批判もあったり、政府の対処に対しての不満の声も溢れているようです。
大手会社も在宅ワークを許可したり通勤時間をずらしたりなど対応に追われています。
薬局などではマスクやアルコール消毒の商品がなくなり、高額転売などの問題も出てきました。

毎日毎日コロナウィルスについてニュースや情報番組で取り上げていますが、ホリエモンこと堀江貴文さんが「騒ぎすぎ」「 情報弱者の人たちがマスコミに煽られて不必要に怖がっているように見える 」とYouTubeに動画をアップしましたね。
また 社会学者の古市憲寿さんも、コロナウィルスの検査ができないという声に対し「なんで受けたがるの?」「 検査結果がどうであれ、対応は変わらない」と考えを述べたようです。
確かに未知のウィルスだし特効薬もなく不安な気持ちになるのは分かります。
でも堀江さんが言うようにマスコミに煽られて不必要に怖がってしまうのは良くないですよね。
自分が感染したかもと思って複数の医療機関を受診しウィルスをまき散らす可能性だってあるし、かえっていろいろなウィルスを貰ってしまう場合だってあるかもしれません。
古市さんも言っていたように大切なのは医療機関の機能をパンクさせないようにすることだと思います。

普段からテレビの情報番組の情報を鵜呑みにしていたら危険だなと思います。
自分が情報弱者にならないように、何を知りたいかをはっきりとさせ、インターネットではSNSも含め色々な媒体を使って検索するなど多方面から情報を集めるようにしたいと思います。

金川顕教さんも『マンガ 稼ぐ人に共通する、最強の法則 頭のいいバカになれ!』の中の第2章で「情報弱者では生きていけない!」と 書いています。

いろいろな情報が溢れかえっている現代だからこそ、情報を多方面から選びとること、不必要に煽られることがないように構える必要がありますね。

【13分で要約】「超一流の雑談力」(安田正 / 著)

今回は金川顕教さんのYouTube図書館から『【13分で要約】「超一流の雑談力」(安田正 / 著)』を視聴した感想を書きたいと思います。

「超一流の雑談力」という本を書いた安田正さんは高校時代から英語教育分野に居身を持っていて、大学卒業後に渡英し本格的にグローバルコミュニケーションについて学んだそうです。全く新しい英語学習メソッドを発表したり、グローバル人材の育成など、コミュニケーションやグローバルスキル、人間力と言った分野で大活躍している方です。

この「超一流の雑談力」も80万部を突破したとても売れている本なので読んだことがある人も多いかもしれませんね。

話すことがあまり得意でない自分としては、仕事以外の雑談の部分でもやはり何を話していいかわからなかったり正直好き好んでしたいと思えないものでした。
でもこの本や金川顕教さんの解説を聞くと、雑談にこそビジネスチャンスがあるのだと感じたので、なんとしても雑談力を身に付けなくては!と思いました。

人の評価はたった1分遅くても4分で決まってしまうので、最初の自己開示をまず成功させなくてはいけないですね。
その具体例を挙げてくれているのでとても理解しやすくありがたいと思います。

普段何気に使っている「なるほどですね」「そうですね」という言葉は、話を聞いていないと相手を不快にさせてしまう可能性があると知り今後は使わないよう気をつけねばと思いました。

雑談を広げるには聞き方が大事、自分は2割相手は8割ということなので、相手が話しやすいような聞き方質問の仕方をもっと勉強したいと思います。

2回目にあった時の雑談や、「さしすせそ」の使い方など本当に参考になることばかりなので絶対に読んでみたい1冊に加わりました。

本にしては珍しく7章まで構成されているのですが、目次を見る限りどれも興味をひく内容でした。
いつまでも苦手意識を抱えていないで、克服できるように色々と自分で知識を広げていかなければいけないですね。
そうしていくうちに雑談で使える横軸がどんどん増えていくことにもなりますし。

こうして金川顕教さんにお勧めの本を教えてもらえて本当に感謝です。
皆さんもぜひ参考にしてくださいね。

『 【13分で要約】「超一流の雑談力」(安田正 / 著)』 をYouTubeで見る!

【8分で要約】「1分で話せ」(伊藤羊一/著)

今回は金川顕教さんのYouTube図書館から【8分で要約】「1分で話せ」(伊藤羊一/著)を視聴した感想を書きたいと思います。

まず「1分で話せ」という著書を書いた伊藤羊一さんについて紹介します。
伊藤羊一さんは東京大学経済学部を卒業し、銀行で企業金融や企業再生支援などに従事。その後は流通会社へ移り、物流再編、マーケティング、事業再編・再生を担当。2015年4月からはヤフー株式会社の企業内大学Yahoo!アカデミア学長として、次世代リーダー育成を行っているそうです。
グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ系科目の教壇に立つほか、大手企業のインキュベーションプログラムのメンターやアドバイザーとしても活躍、さらに自身が代表を務める会社でも講演や企業研修などを行っているそうです。

あの有名な孫正義さんにプレゼンの技量を認めれられたという伊藤羊一さん。そんな彼が書いた伝わる伝え方のメソッド本なのでたくさんの人に読まれているんですね。金川顕教さんもこの書籍はとてもいい本だからぜひ読んで実践してと言っていました。

そもそもプレゼンや接客、営業などで話をするとき、「話すこと」にフォーカスしてしまいがちですが、「人を動かすことがゴール」というところにプレゼンの達人と一般の考え方との大きな差を感じました。
人を動かすための話し方として伊藤さんは結論から話すことの重要性を書いていますが、それは金川顕教さんも著書『 稼ぐ話術「すぐできる」コツ 』で「起承転結ではなく、結結結結で話せ」と書いています。
多くの人が事実→根拠→結論の順で話をしてしまいますが、結論から話すことで人の興味をひくことができるのだと。自分が話を聞いている立場でも、長々と話している相手に「で、結局何が言いたいの?」と思うことありますからね。この部分は意識して改善していきたいと思いました。

そしてプレゼンの達人は話をしながらの軌道修正が上手ということでした。それはメタ認知といって話している自分と、自分の話がきちんと伝わっているか響いているかを聞き手の立場に立って客観的に認知することで、相手に受け入れられる話に適切に軌道修正をしていくというもの。金川顕教さんもビジネスパーソンにとってこのスキルは必要だと感じているようです。
普段から相手が何を求めているかとかどう感じているかを考えながら話すよう訓練をしてこの軌道修正のスキルを磨くと良いですね。

金川顕教さんは動画の中で、会議とかは無駄な話は省いて30分くらいで終わらせ、会議後の行動で結果を出すことが重要だと言っていました。
この「1分で話せ」で書かれている話し方についても、それを実践して初めて意味があると思います。
自分も話すことが得意ではないので、この本を読んで学びたいと思いました。

「【8分で要約】「1分で話せ」(伊藤羊一/著)」をYouTubeで見る!




起業とか副業とかを考える

最近は毎日コロナウィルスについてのニュースがトップを飾っていますね。
武漢で謎の肺炎が流行しているというニュースが入ったときはそこまで深刻に考えていなかったですが、ダイヤモンドプリンセス号でも感染者が出だしていて、だんだんと身近なところへウィルスが来ているんだと感じてきました。
恐らくこれからは日本の中でも感染が広がっていくのだろうと思いますが、もし自分が感染したら会社は、生活はどうなるのだろうと不安ですよね。
つい脱サラして起業していたら…と考えてしまいます。
そうすれば感染におびえながら満員電車で通勤しなくても済むし、収入確保のシステムが確立されていたら不安に感じることも少ないでしょう。
脱サラや起業とまではいかなくても、やはり複数収入源を確保することの重要性を痛感しています。
そう感じている人ももしかしたらたくさんいるかもしれません。

金川顕教さんの著書には、
『最高の働き方 理想の人生は「脱サラ」の先にある』
『マンガ 稼ぐ人に共通する、最強の法則 頭のいいバカになれ!』
『すごい副業: 人知れず月収100万円を達成する』
『スマホ1台から1億円稼ぐ技術』
『フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない! 決定版 無在庫転売入門』
などといった、副業や起業など稼ぐために参考になる書籍がたくさんあります。

またYouTubeでも 『金川顕教の最短で結果を出すビジネスと成功法則の話』などたくさんの動画をみることができます。

金川顕教さんは稼ぎたいとか、もっと自由になりたいという人のために自分が経験して学んできたことをたくさんの人にシェアしてくれています。
そうやって用意してくれている中から自分で選んでどんどん学んでいくこと、そして行動にうつしていくこと、そうすればいつかこのような未曽有の事態にも不安になったり慌てたりしなくて済むのかなと思いました。

行動しなければ何も変わりませんので、とにかく行動あるのみ!
早くこのコロナウィルス騒動がおさまると良いですね。

新刊情報

カリスマ起業家の金川顕教さん。最近ではYouTube図書館にビジネス書の解説動画をあげたり、相変わらず多方面にわたって大活躍されていますね。
金川顕教さんはベストセラー作家としても有名ですが、1月22日に新刊を発売していますので、遅ればせながら紹介したいと思います!

最新刊の書名は『仕事と人生を激変させる インプットの教科書』。
大ヒットした『金川流 アウトプット術』のインプット版 です。
最短最速で結果を出したい人のための、すぐ使えて一生役立つインプットのコツを48個も収録しているそうです!

帯の部分には「本は全部読んではいけない ひたすらめくれ」「時間より回数 人は20分で半分忘れる」「アートとサイエンス 感性で差をつけろ」と書かれています。特に3つ目のアートとサイエンスの部分は、書籍の中でどのように解説されているのか気になります。

インプットよりアウトプットが大事とよく言われていますが、何をどうインプットするかはアウトプットにも大きく関わってくる部分ですよね。
より結果を求めるのなら、アウトプットの方法ばかりに目を向けるのではなく、インプットの方法にも着目することが大事だと思いました。

レビューでも多くの人が今後の参考になったなど高評価をつけています。
48個も紹介されているインプットのコツの中から、自分にもすぐに実践できることが見つかるはずです。
書籍の紹介動画もあるようなので、気になる人はぜひ見てください。
『仕事と人生を激変させる インプットの教科書』 の紹介動画はこちら

書籍の購入はamazonでできますよ。
『仕事と人生を激変させる インプットの教科書』を購入する(アマゾンへ)