断捨離

数年前から流行っている断捨離。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、
断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。(ウィキペディアより引用)

モノで溢れかえっている現代。
知らず知らずのうちに色々なモノを抱え込んで、身動きが取れなくなっていることもあります。
そうならないためにも、一度身の回りのものを断捨離してみましょう。

でも断捨離すべきものってなんでしょう?
例えば何年もタンスで眠っているだけの洋服だったり、使わない雑貨だったり家電だったり…。
そんな当たり前のものだけじゃなくって、この際思い切ってこんなものを断捨離してみたらどうでしょうか。

1.学歴や資格、肩書
金川顕教さんのように金銭的にも時間的にも「自由」な「成功」した人生を手に入れるためには高学歴である必要も、資格をたくさん持っている必要もありません。
中卒、高卒でも起業して社長になっている人はたくさんいます。
大学に入るための勉強よりも、もっとビジネスに直接関係することを勉強した方がよっぽど社会に出たときに役立ちます。
なまじ学歴や肩書があるせいでリスクを避けて行動を狭めてしまう、なんてこともよくあります。

2.スマホやテレビ
家に帰ったら見たい番組がなくてもすぐにテレビをつける人って多いと思います。テレビやスマホって何とはなしにみていたらつい何時間も経ってたってことありませんか?はっきり言って時間泥棒です(笑)
なにか達成したい目標があったりするなら思い切ってテレビを無くしてみてもいいかもしれません。案外困らないものです。
今や必需品となっているスマホも、やらなきゃいけないことがある時は「機内モード」にするのが金川顕教さんのおすすめです。

3.人間関係
携帯の連絡先にどのくらい入っているでしょうか。
その中で本当に必要な人間関係ってどのくらいあるでしょうか。
金川顕教さんの著書のなかで、「LINEなどでよく連絡を取る友達5人の平均値が自分の年収になる」という言葉があります。
仲の良い友達と過ごすのはとても居心地がいいけれど、もっと高みを目指したい、成功したいと考えているなら、付き合う人を変えていく必要があります。
いきなり人間関係をリセットするのはためらわれるかもしれません。
たとえば携帯を変えたタイミングなんかは断捨離しやすいかもしれませんね。

成功を手に入れるためには、色々なモノを断捨離する必要があります。
でも1番捨てなくてはいけないものは「人はすぐには変われない」という固定観念かもしれません。
変わろうと思ったときに一瞬で人は変われるものだ、と金川顕教さんはいいます。
自分にとって必要なモノ、不要なモノをを常に見極める目を持ち、いつでも身軽に行動できる状態をキープしたいものですね。

 

RPG

なにかを達成しようとするには「継続」することが大事だということは周知の事実ですよね。
でも、わかっていても「継続」することが大変だということもみなさん経験済みでしょう。
なにかに挑戦しようと思い立った時はやる気と希望に満ち満ちていますが、達成までの道のりを見誤ったせいで(というか楽観的に捉えすぎたせいかも)時間と共にモチベーションがどんどん下がって結局挫折してしまう、なんてパターンを何回繰り返してきたことでしょう(笑)

最初に「絶対になにがなんでも達成するぞ!!」という覚悟が足りなかったり、取り組むための環境が整っていなかったり、挫折してしまうには理由があります。
そしてもちろん、「継続」できるのにも理由があります。
「継続」できる人はそれなりの仕組みづくりができているのだと金川顕教さんはいいます。

例えば、「誰か」を巻き込んでいること。
なにかに挑戦するとき、一人で取り組んでいると、ちょっと心が折れそうになっても励ましが得られなかったりして孤独だし、諦めないように引き留める人もいません。
でも同じ目標を持っている人と一緒にやっていれば、多少辛いことがあっても「あの人が頑張っているんだから」と踏ん張ることができるし、簡単に「諦めよう」と決断できません。
簡単にやめれない環境を自分で作り上げることも、「継続」するための大切な要素なんですね。

それから、「継続」することを楽しむということもとても大切なことです。
RPG(ロールプレイングゲーム)は、町の人と話したりいろんなところへ行って順番に仲間や武器、アイテムなんかを集めて話を進めていくというものですが、途中段階をつまらないと思う人はいるでしょうか?
むしろRPGとはその途中のあれやこれやが醍醐味であるかと思います。
金川顕教さんは「目標達成行動はRPGをやっているようなものだ」と思っているそうです。
最初からすぐボスが倒せないのは当たり前(笑)
局面が変わったり挫折を味わったり、いろいろなことがあるけれど、それもRPGの1コマだと思いましょう。
RPGの途中で行き詰ったら、別の方法を試してみたりすると思います。
自分の目標達成のためにも同じように行き詰ったらなにかが間違っていたりするかもしれません。別の方法を試してみたらすんなり次のステップへ進めるかもしれません。
自分がRPGの主人公になったつもりで、目標が達成されるまでに起こる色々な出来事を楽しみながら攻略していくこと。
それが「継続」するための1番の秘訣かもしれないですね。

時間は有限

金川顕教さんプロデュースの『毎日チェンジ手帳2.0』はもう手に入れましたか?
去年使ってみてその良さにはまってしまった人は既に手に入れていることでしょう(笑)自分もさっそく手に入れました!
新しい手帳を使い始める時、なんだか少しだけワクワクするというかやる気が湧いてくるというか、そんな気持ちになりませんか?
金川顕教さんの『毎日チェンジ手帳2.0』のワクワク感は普通の手帳の比じゃないですよ!
マンネリな毎日にウンザリしている人はぜひ使ってみて欲しいなと思います。
手帳の紹介についての記事もよかったら参考にしてください。

さて、今回は『毎日チェンジ手帳2.0』で紹介してあるコラムをちょっと紹介したいなと思います。
この手帳の大きなテーマは『時間』です。
『時間×○○』というかたちで金川顕教さんや成功者たちが『時間』をどう捉えどう使っているのかをコラムにしてあります。
この手帳を使っていくうちに時間の概念が変わっていく、という構成になっているんですね。
そんなコラムから、響いた言葉がこちら。

小さな「時間」の積み重ねが「人生」です。ゆえに「時間」は有限なのです。

1日は24時間でそれが毎日毎日繰り返されています。
変わらぬ24時間が次の日も保証されているとつい思ってしまって、一瞬一瞬の大切さを忘れがちではないでしょうか。
例えば病気にかかったとき、誰かの訃報に触れたとき、時間は有限であることを強く感じますが、またいつの間にかその意識が薄れていってしまいます。
今までは「そんなもんだよな~」と軽く考えていましたが、『小さな「時間」の積み重ねが「人生」』という言葉はなんだかグサッとささりました(笑)
今この一瞬一瞬も自分の人生の一部なんだと思うと、スマホをかまいながらダラダラ過ごしている時間がいかに情けないというか恥ずかしいというかもったいないというか、とにかくいたたまれなくなりました。

金川顕教さんはいいます。時間を有効に活用することは人生を左右することだと。
本当はもっとやりたいことがあるのに、違うことに時間を奪われていると思うことはありませんか?電車や徒歩などの移動時間も然り、食器洗いや掃除洗濯といった家事の時間も然り。
そうした自分にとって無駄だと思う時間は、移動手段にタクシーを使ったり家事代行サービスを利用したりと、お金を払うことで自分の自由な時間へと変えることができます。
そんなことにお金を使うのがもったいない、と思う気持ちはものすごーく分かりますが、お金を使って自分に必要なことやもっと重要なことをするための時間をつくるのはとても大切なことなんだそうです。
時間をお金で買うということ、できるところからトライしてみましょう。
こうして時間とかお金に対する考え方を少しずつ変えていくことで今後の人生の在り様が変わっていくんですね。

手帳を使っていくうえで、過去のコラムにも何度も目を通すことでその時感じた思いや決意を再確認するようにしたいと思います。
また響いた言葉などを紹介していきますね。

成功へのパスポート

カリスマ起業家にしてベストセラー作家でもある金川顕教さんの新刊情報です!
『スマホ1台から1億円稼ぐ技術』
10月20日に発売開始となりました。

内容は、1億円を稼ぐ人がやっている習慣や行動をまとめたもののようです。
4部構成となっていて、
第1部 原因・・・あなたにはなぜお金が寄ってこないのか
第2部 基本・・・お金を引き寄せる基本的なモノの考え方
第3部 実践・・・今から始められる1億円に近づく習慣術
第4部 習得・・・成功者から学ぶ1億円を稼ぐコツ
というテーマで書かれているみたいですね。
(書籍の帯から引用)

この書籍の内容を凝縮したPR動画も作成されていますのでチェックしてみてください。
『スマホ1台から1億円稼ぐ技術』のPR動画を見る
(YouTubeに繋がります、音量等にご注意ください。)

お金が寄ってこないのには原因があります。
なんで自分にはお金が寄ってこないんだろうと嘆いているあなた!
この本を読むと原因が分かるはずでしょう!

たとえ金川顕教さんのような人脈がなくても、スキルがなくても、資金も0だったとしても、スマホ1台から1億円稼ぐことができちゃいます。
その技術をぜひとも知りたいという方は必読です。

お金を思い通りに手に入れる逆転の思考と行動、仕事術が記載されているとのこと。
普通に過ごしていたら思いもよらない金川顕教さんならではの逆転の発想、今回はどんなことを教えてくれるのだろうかとワクワクしますね。

金川顕教さんがよく言う、「思考を変えて行動を変える」という言葉。

自分で今までの自分を変えようと意識したり行動していかないと自分を変えていくことはできません。
周りが勝手に自分を変えてくれるわけではありません。
(悪い方になら簡単に変えてもらえるかもしれませんが・・・)

少しでも今より上のステージに上がるためには、自分の力で努力をしないといけません。
どう努力すればいいか、どこを目指せばいいかは金川顕教さんの書籍などを参考にすることができます。

金川顕教さんが気合を入れて原稿を作ったということなので楽しみにして読みたいと思います。

今回も購入者には購入したことがわかる写メやスクリーンショットを送ると動画のプレゼントがあるようです。
人脈・スキルなしから副業を開始して起業して成功しているという方との対談動画だそうです!
残り500名限定というお知らせも届いているのでお早めに!

 

 

Can思考、Must思考、Want思考

金川顕教さんの理想が叶うLINE通信に新しい記事が届いたので紹介します!
【Can思考、Must思考ではなく、Want思考で】という記事です。

Can思考というのは出来るか出来ないかで考えること。
Must思考というのはするべきやるべきで考えること。
Want思考というのは「したいかどうか」で考えること。

あなたが何か行動を起こすとき、どういう思考で決断していますか?
やりたくないけどやらないといけないから…というネガティブな決断になっていないでしょうか?
やりたくないことを「NO!」と強く言えないところがある日本人。
YESマンになっていろいろなものを背負いすぎてないでしょうか?

金川顕教さんが起業して7年になります。
一人ですべてをこなしていた最初の頃。選択と集中で仕事内容を絞り込んで、事業も1,2個、ビジネスパートナーも1,2社に絞っていたようです。
それでは業績が伸びていかないことを感じた金川顕教さんは、2年目以降は人に任せられることは任せ、さまざまな事業にチャレンジしたりビジネスパートナーも増やして会社もたくさん設立したそうです。

「こだわりよりも、柔軟性・多様性へ」シフトチェンジしたことで今のように業績を伸ばすことができたんですね。

変わったことは他にもあります。
昔は自分が成長したり成功することへ大きな関心があったけれど、今では「周りの成功を強く願い、周りを成功させることが自分の成功へ繋がる」と思うようになったそうです。

50以上の事業を抱えている金川顕教さん。
一人ではなくチームで分業すること、その秘訣も書籍で紹介しています。
『いつの間にか稼いでくれるすごいチーム』

そんな仕事上、いろいろな人から「儲かるから一緒に仕事をしよう」というお誘いもとても多いそうです。
でも、金川顕教さんは『やりたくないことをやってまで儲けたいとは一切思わない」ので、やるべきとかそういうMust思考で行動を決断するのではなく、もっと自分の本音でやりたいことをやる、やりたくないことはやらないし「やりたくない」と言うんだそうです。

やりたくないことをやらない、やりたくないと言うのはとても勇気のいることかもしれません。
自分の本音を押し殺していると、そうした我慢が積み重なって積み重なってどうにもならなかった時に、人はとても悲しい選択をしてしまうこと、ありますよね。
金川顕教さんの記事でも若いアイドルが自殺したというニュースに触れています。

自分ももっと世の中みんながWant思考で行動できたらいいなと思います。
自分の本音としっかり向き合って、勇気をもって行動することはとても大切なことだと改めて感じました。

もし今の会社に嫌気がさしていたりもっと稼ぎたいという気持ちのある人は、金川顕教さんのビジネスパートナーになるという新たな道もありますよ。
研修や勉強、面接などもあるようですが、努力できる、自分に言い訳をしないという自信があるなら挑戦してみるのもいいと思います。

柔軟性を持っていろいろな事業に取り組んでいる金川顕教さんのそばで見る景色はどんな景色でしょうね。

毎日チェンジ手帳2.0

1年がたつのは本当にあっという間ですね。
歳をとればとるほど時間が早く進んでいるように感じます。。。

さて題名を見てお察しの通り、今年も金川顕教さんプロデュースによる手帳、『毎日チェンジ手帳』が発売されます!!
その名も『毎日チェンジ手帳2.0』!!

去年の10月、金川顕教さんにとって初の手帳である『毎日チェンジ手帳』が発売されました。
目標や気付きを書くためのスペースが設けられていた李自己採点欄があったり、今までにない全く新しい形の手帳にびっくりした方も多かったかもしれません。
あれから1年がたち、新しい『毎日チェンジ手帳』が発売となります。
この手帳を使ってその使い勝手の良さ、モチベーションの持続に効果的という部分がかなり魅力的でした。
だから毎日チェンジ手帳ファンにとって最高にうれしいニュースですね!

もちろん今作も前作と同様で、【変わりたいと思った瞬間から始められる「日付記入式」】が採用されています。
自分の好きなタイミングでスタートできるのって地味にありがたいところです。

『毎日チェンジ手帳2.0』の特徴を他にも紹介したいと思います。
・今の自分を振り返り、自己分析できる質問集
・朝活、夜活に特化した24時間バーチカル&前ページ方眼
・成功者の時間管理術を伝える12の月コラム
・「毎日チェンジ」の意識を呼び起こす420の言葉と、偉人の名言72
・毎日自己採点☆☆☆
(金川顕教さんのLINE@より引用)

ちなみにバーチカルとは手帳のレイアウトのことで、見開きの横に1週間の日付、縦軸に1日の時間軸が印刷されています。

毎日チェンジ手帳では、月間の予定表と週間の予定表があります。
その週間の予定表の24時間の時間軸のうち、4時~8時と17時~23時の記入欄に倍の幅をとっています。これが特徴の一つである朝活・夜活に特化した部分というわけですね。おそらく2.0のほうも同じようになっているものと思われます。

月コラムや、週間予定の1日1日に書かれた言葉は参考になったり励みになったりして楽しみな部分でもあります。

愛用者にとってなじみのある機能ですが、もし『毎日チェンジ手帳』ってなに?って人がいるなら、本の概要が収められた動画があるようなのでぜひ見てみてください!30秒くらいの動画です。
手帳の中身がちらっと見れますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=7Eje0v5PPAc

今作の『毎日チェンジ手帳2.0』は「時間と効率」「時間と計画」「時間と収入」「時間と断捨離」「時間と投資」などといった仕事やプライベートに関する時間の概念を1年通して学べる形式になっているようです。

カリスマ起業家として知られる金川顕教さんの成功の裏にある「時間」に対する考えを学んで、ぜひ自分の生活の中にも活かしていきましょう。

手帳の購入はamazonからできます。
購入ページはこちらから。

購入者限定で成功法則や毎日チェンジ手帳の使い方を解説した動画がプレゼントされるそうです。
プレゼントが欲しい方は購入したことがわかる画面の写メやスクリーンショットを金川顕教さんのLINE@に送ってくださいね。

 

失敗

あなたは「失敗」とはどういうことだと思いますか?
「失敗」をネットや辞書で調べると、【方法がまずかったり情勢が悪かったりで、目的が達せられないこと。】というように書かれています。

でも、金川顕教さんに言わせたらそんなの失敗でもなんでもありませんから~!!

生きていればうまくいかずに壁にぶち当たってしまった…なんてことたくさんあります。
だったらなにが原因でうまくいかなかったのか検証して違うやり方でもう一度チャレンジすればいいだけです。

金川顕教さん曰く、失敗とは諦めたり挑戦をやめることだと。
うまくいかないことがあっても、そこでやめてしまえば「失敗」ですが、手を変え品を変えやり続けてさえいればうまくいかなかったことなんて成功へ向かうためのただの通過点でしかない、というのです。

更に言ってしまうと、目標達成もまたゴールではなくて、一つの通過点にすぎません。目標を達成できても出来なくても、自分の中で次の目標を設定してアクションを続けていくことが一番重要なんだそうです。

そうやって何度挫折を味わっても諦めずにアクションし続ける、それだけの覚悟や根性があるかどうかが「成功」と「失敗」を分けるカギなんだそうです。

 

世間一般的には、「うまくいかなかった=失敗」というレッテルをすぐに貼ってきます。
でも、金川顕教さんのこのことばを聞いたときは目からウロコというか、肩の荷が下りたというか、「うまくいかなくても失敗じゃないんだ」とほっとできました。

挫折したときは誰でも少なからずショックを受けると思います。
そのショックを乗り越え、バネにして挑戦を続けることが大切。
「失敗」は「失う」と「敗ける」という漢字で出来ています。
やる気を失くしてしまうこと、自分自身や壁に敗けてしまうことが本当の意味での「失敗」なんだと勉強になりました。

もし周りに挫折を味わって落ち込んでいる人がいたら、「それは失敗なんかじゃないんだよ」とぜひ言ってあげてくださいね。
きっとその言葉で救われる人はいると思います。

整える

最近大型の台風が連続して日本に来ていますね。
各地で大きな地震が起こったりもしているので、なんだか落ち着かないものです。
幸いにも自分の周りでは大きな被害もなく済んでいますが、何かしらで被害を受けられた方が少しでも早く日常に戻れると良いなと思います。

さて、今日は「整える」ということについて金川顕教さんの教えを紹介したいと思います。

仕事で成功したり、目標を達成するためには何が必要だと思いますか?
「いろいろなスキル」と答える人が多いかもしれないですね。
金川顕教さんも、話すスキル(パブリックスピーキング)、書くスキル(ライティング)、営業力、など様々なスキルについてそれぞれ本で解説したりしています。

もちろんスキルも大切な要素であることは間違いありません。
しかしそれだけでは足りません。
仕事での成功や目標達成のためには、高いパフォーマンスを発揮する必要がありますよね。
そのパフォーマンスは、「スキル」×「コンディション」によるものだということを忘れてはいけません。
多くの人がスキルの方に気を取られてコンディションをないがしろにしてしまいがちです。
例えば、翌日の試験の為に徹夜で勉強するとか。
学生時代のあるあるだとおもいますが(笑)徹夜をすることで英単語や公式を多く覚えられるかもしれませんが、徹夜のせいで頭がぼーっとしたりテスト中に眠くなったり集中力が欠けてしまっては100%の力が発揮できません。
会社員だとプレゼン準備とかで同じように睡眠や休息を削って資料作りや発表の練習などをしている人もいるんじゃないでしょうか。

そうした人の努力はとても素晴らしいものですが、これでは高いパフォーマンスを期待することは出来ないのです。実際のパフォーマンスには、自分で思っている以上にコンディションが大きな影響を及ぼすことを覚えておきましょう。

では、どうやってコンディションを整えたら効果的でしょうか。
金川顕教さんは、「心」「脳」「身体」の3つをバランスよく整えるように意識しているそうです。
どれか1つだけではバランスが崩れてしまって良いパフォーマンスに繋がりません。金川顕教さんは浪人時代に睡眠時間を極限まで削って気合で勉強をしていたけど、「脳」と「身体」はボロボロになってしまったという経験から、公認会計士の試験勉強の時は平均6時間は睡眠時間をとるようにしたそうです。すると「心」「脳」「身体」のバランスが良くなり、良いパフォーマンスが出来るようになったそうです。

みなさんも仕事で成功したり目標を達成するためにスキルばかり磨くのではなく、自分の心や身体の状態にもしっかりと目を向け、全てのバランスを整えていいパフォーマンスに繋げてくださいね。

本の紹介動画

前回お知らせした金川顕教さんの新しい書籍、『いつのまにか稼いでくれるすごいチーム』の紹介動画が出来たそうです。

今まで金川顕教さんたくさんの書籍を発売されてますが、紹介動画なんて初めてじゃないでしょうか?
もしかしたら自分が知らないだけで今までに何度も作られているかもしれませんが…。

15秒でざっくりと本の内容がイメージできるとのこと。

見た感想は、ずばり納得です!!

スタイリッシュでかっこいい紹介動画でした。
たった15秒という短い時間で、この本のテーマがチームビルディングであること、そのコツとノウハウが書かれた本だということがしっかり伝わってきます。

動画のリンクを貼るので、興味ある方はぜひご覧ください。
※仕事中の人は音に注意です!(バックミュージックあり)
https://youtu.be/BA2l1TT4WbE

繰り返しにはなりますが、この『いつのまにか稼いでくれるすごいチーム』は、起業して7年、年商を50倍にした金川顕教さんがチームビルディングのコツとノウハウを伝授するというものだそうです。

一人でやるには限界がある。
チームをつくることで今までにはない大きな成果を上げることができる。

この本を読むことで、人との出会いに対する心構えを変えていくきっかけになるかもしれませんね。
金川顕教さんのファンだけでなく、会社でのチームづくりに困っている方、人付き合いが苦手な人なんかも読んでみる価値はありそうです。

ぜひ購入して読んでみてください。

『いつのまにか稼いでくれるすごいチーム』購入はAmazonから

 

いつのまにか稼いでくれるすごいチームの本

先日のLINEで案内があった4回目となる金川顕教さんのビジネスパートナーの募集ですが、かなりの大反響だったようですね。
通知がき過ぎてスマホの充電が切れるってそう滅多にないことですよね(笑)
改めて金川顕教さんのビジネスがいかに注目されているか実感しました。
残念ながら当日に応募締め切りとなってしまったのでここで紹介することは出来ませんでしたが。
金川顕教さんもいっているように、目の前にチャンスが転がっていたら逃す手はないですよ。

さて、金川顕教さんですが9月末に『いつの間にか稼いでくれるすごいチーム』という本を発売されるとのことです。
LINE見た方はお分かりだと思いますが、真っ赤な表紙に大きな字ですごいチームと書かれており、裏表紙にはいろんな言葉が大小様々な文字で書かれています。
インパクトの大きい1冊ですね。
その内容は、「上手に信頼関係を構築し、結果を残せるチームをつくるには何が必要なのか?そのコツとノウハウを余すことなく伝授する」というもののようです。
(出版社の内容紹介から引用)

最初は一人で始めた金川顕教さんの会社も、ビジネスパートナーができてさらに大きな成果をあげていますよね。
金川顕教さんの活躍ぶりはみなさん知っての通りだと思います。

一人ではなくチームだから成し得た結果。
起業7年で年商50倍になれた、すごいチームの作り方とは!?
どんな内容なのか楽しみですね。

『いつのまにか稼いでくれるすごいチーム』の本の購入者には、1000名限定で金川顕教さんが直接すごいチームの作り方を解説したセミナー動画をプレゼントしてくれるそうです。
本と合わせて動画を見ることでより理解を深めることができそうです。
本を購入したことが分かる写真や画面のスクリーンショットを金川顕教さんのLINE@へ送れば先着1000名に動画貰えます!

金川顕教さんのLINE@読者はかなり多いので、早めの行動必須ですよ!

『いつのまにか稼いでくれるすごいチーム』購入はamazonへ