×3

新しい年を迎えて、新たな目標は立てたでしょうか?

勉強でも、ダイエットでも、副業でも、なんでも始めるにあたっては
「×3」を意識しましょう!

「×3」って何?
と思うと思います。

早速詳しく説明していこうと思います。

まずは時間という意味での「×3」です。
今までいろんなことに挑戦してきて、1ヵ月は続けられたって人は多いと思います。
でも1ヵ月で結果って出たでしょうか?
あんまり実感なく、だんだん飽きてきて気づいたら挑戦を辞めている、なんてことなかったでしょうか?
僕は大いにあるあるです(笑)
でも、1ヵ月で結果が出なくて当然です。
1ヵ月だけでは、まだ準備段階でしかないからです。
そこから2ヵ月、3ヵ月と続けることが出来たら、どんどん結果につながっていきます。
だから、なにかを始めるときは「まずは3ヵ月本気で取り組む」ことを意識しましょう。
3ヵ月続けることが出来たら、1年とかずっと挑戦し続けることが出来るはずです。
逆に3ヵ月も頑張れなかったら、何をやっても中途半端で終わってしまうと思います。
石の上にも三年、といいますが、3年と言わず3ヵ月辛抱強く成功を信じて取り組むこと、これがまず大事な「×3」です。

そして次は量としての「×3」です。
なにかに取り組むときに一生懸命努力をすると思いますが、実はその努力は誰もがやっていることだったりします。
だから、人よりも出世したいだとか、人よりもたくさん稼ぎたい、なんて思っているのなら、人よりも3倍努力する必要があるんです。
人より3倍努力して得られる結果は3倍どころではありません。
3倍努力することが出来れば、5倍10倍のリターンを得ることが出来るのです。
周りと同じだけしか努力していなかったら、周りと同じような位置にしかいられません。
そこから抜け出すための「×3」の量の頑張り。

並大抵の気持ちでは「×3」を維持していくことが難しいと思います。
なぜ「×3」をしなければいけないのか、「×3」の先の理想の自分の状態をイメージしてモチベーションを保ちましょう。

この「×3」の法則は、カリスマ起業家の金川顕教さんがお勧めしている方法です。
傍から見たら大成功をしている金川顕教さんですが、そうなる為にこうした「×3」の努力をし続けている人です。

まだまだ新しい年が明けたばかり、なにかをスタートするにももってこいのタイミングです。
「こうなりたいな」という漠然とした何かを持ち続けているなら、「こうなってやる」と意識を変えて挑戦してほしいと思います。
飛躍の1年になりますように。

売れてから仕入れる

物販をするうえで、在庫があるから商品が売れる、というイメージを持っていませんか?
商品があるから物が売れて利益を得る、というイメージ。
実店舗だと、そういう形をとっているところがほとんどですね。
でも、商品が実際に店に置いていないけど、お客さんが購入すると決めてから取り寄せる、なんて形もとっていたりします。

ネットで販売する場合もそうです。
実店舗同様に大量に中国などのサイトから安く仕入れて、それを販売している人も多くいると思います。
でも、もし商品が売れなくなったら?
大量に抱えた在庫は、そのまま負債となってしまいます。
在庫をもって物販をするうえで、そこの部分が一番のリスクとなります。
だから少しでもリスクを減らすように、仕入れる数や仕入れるタイミング、流行などいろいろなことを考えなければいけません。

「ビジネスをするときに時にはリスクを取ることも大切だけど、基本的にリスクを極力抑えて進むのが安定的」だと金川顕教さんは言います。

その金川顕教さんがお勧めしているのは、「売れてから仕入れる」という、絶対マイナスにならないスーパーテクニックです!
大量に仕入れたりする必要がないので、ビジネスを始めるからと言って借金したり、自己資金を大量につぎ込まなくてもいいんです。
なんという逆転の発想でしょう!

金川顕教さんと言えば「無在庫転売」のスペシャリストというイメージを持っている人もいると思います。
そんな金川顕教さんがもつ無在庫転売のすべてのノウハウが1冊の書籍になりました。

その名も
『フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない!決定版 無在庫転売入門』!!

1冊1500円のこの本をしっかり読んで、ノウハウ通りに真似すれば、1ヶ月に5万円ほどノーリスクで稼げること間違いなし!!ということです。

発売は1月16日(火)です。
販売後からは品切れ状態が1週間は続くことが見込まれているので、欲しい人はお早めに!

ちなみに11日の時点で既に予約が殺到してAmazonの売れ筋ランキングでNo.1になっています!
まだ販売されていないのに1位ですよ(笑)
いかに関心が高いか分かりますね。

ビジネスするなら早く結果を出したい!
なるべくリスクなく始めたい!

と思うのは当然だと思います。
それが叶う1冊であること間違いないので、今のうちに予約するのがベストです。

Amazonのサイトへ急げ~!!!!
『フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない!決定版 無在庫転売入門』

1日にやるべき仕事は3つまで

明けましておめでとうございます!
金川顕教さんがほとんど休みなくブログなどで情報発信を続けている中、
貴重な年末年始のお休みを胃腸風邪でダウンしていました・・・。
貴重な時間を大分ロスしてしまった分、これから取り返していけるように頑張ろうと決心した正月明けでした(笑)

さて、今回紹介するのは金川顕教さんのブログから「ためになる話」です。
皆さんはスケジュール管理をどうしていますか?

手書きの手帳にびっしり書き込むタイプでしょうか?
そういう方には金川顕教さんの毎日チェンジ手帳がお勧めですね!
それとも、携帯アプリのスケジュールに入力するタイプでしょうか?
スケジュールも有料のアプリ無料のアプリ合わせるといろいろな種類があると思います。

本の出版にセミナーに動画配信など多忙を極めている金川顕教さんは一体どうやってスケジュールを管理しているのでしょうか?

なんと金川顕教さんはGoogleカレンダーを愛用しているそうです。
Googleカレンダーの利点は、仕事の納期、期限を入力できること、仕事の優先度を順位付けして色別できること、星などのマークを入れられること、パソコンとスマホを同期できること、リマインダー機能(あらかじめ設定した時刻に予定を通知する機能やサービスのこと)がついていること、などが挙げられます。

手書きでTO DOリストを作っている人もいるかもしれませんが、金川顕教さんはあまり意味がないと考えているようです。
手書きの場合はいくつでも書くことが出来る分、優先度が分かり難くなってしまうからだそうです。
その点Googleカレンダーの場合はTO DOリストのタスクは1日3つが限度だそうです。

1日にやるべきことを3つに絞り込むことが難しいと感じるかもしれません。
多くの人が、やらなくてもいいことを重要な仕事だと思いこんでいる場合があります。
優先させるべき重要な仕事というのは、例えば緊急度が高いものや、目標達成につながる仕事を指します。
それをはっきりさせるためにも、やらなくてもいい仕事というものをはっきりさせることが重要です。

やることが3つに絞られて、やらないことが明確になれば自然に効率があがって成果につながっていくのです。

たくさんの仕事を抱え込んであれもこれもそれも、となっている人もいるかもしれませんが、1日で出来る仕事量はやっぱり限られていますよね。
それも質の良い内容でできる量と言ったら、そんなに多くはないはずです。

モチベーションを保ちつつ、質よく効率よく仕事をこなすためには、
1日に3つまで!!
と仕事に優先順位をつけて厳選するくせを付けるようにしましょう!!

 

という、金川顕教さんからのためになる話でした。
新年からは早速1日3つまでを意識してやっていこうと思います!!
今年も金川顕教さんからの学びをシェアしていきますのでどうぞよろしくお願い致します!