時間を作るために断つもの

本気で成功したい・稼ぎたいなら「時間」をつくって本気で取り組まないといけません。
それはきっとみんなわかっていることだと思います。
わかっていてもどうしても時間が取れずにいるとしたら、もしかしたら無駄なことに時間を奪われているのかもしれません。

 

その1、イベント
誕生日やハロウィン、お祭り、記念日など。
大勢で飲んだり美味しいもの食べたりするのは楽しいけど、参加している時間がもったいないです。成功するまではイベントに呼ばれても参加しないようにしましょう。
参加しないからと言って壊れるような友人関係なら、解消しても損はありません。

その2、テレビ
家に帰るとすぐに意味もなくテレビをつけていませんか?
テレビは完全に時間泥棒です。
コンセントを抜いてしまうか、もっと言えば売り払ってもいいかもしれません。

その3、スマートフォン
ラインのやり取りや動画を見たりゲームをしたり、生活必需品ではあるけれど、気付けば時間がかなり割かれてしまうものです。
さすがにスマホを捨てろとは言えないので、作業中は机にしまったり、別の部屋に置いたり、自分のそばに置かないようにしましょう。
また機内モードか電源OFFなどにして、放置しましょう。

スマホ依存症の人のために、制限時間やロック機能の付いたスマホを入れる箱があるのを昔ネットで見ました。そういうのもありかもしれません(笑)

その4、異性
相手には怒られちゃうかもしれませんが、恋人やパートナーと出かける時間ももったいないです。
異性と遊ぶのは多くても週に1回までにしましょう。

その5、飲み、遊びに行かない
後で思いっきり遊ぶために、今は遊ぶことを我慢。

以上、金川顕教さんのラインを参考にしました。

今上にあげたものに時間を使っていたとしても、意外とやめたところで生活に不便を感じることはないと思います。
本当に成功したい、稼ぎたいと思うなら、金川顕教さんの言うように、無駄な時間を割いているものを切り捨てる覚悟を持つべきです。

人気のお笑い芸人を知らなかったとしても、普段通り生活できます。
成功して稼ぐことができたら、それこそ今まで諦めていたことにだって手が出せます。
両方を天秤にかけて、どちらが欲しいかを考えてみたら、切り捨てるのなんて怖くないですよね!

 

どうやって稼ぐか迷っているなら、再現性の高い金川顕教さんの物販コミュニティで無料の相談もできるので一回してみるのもおすすめです。

時給思考を身につける

今日は帰宅したら絶対副業の時間を作るぞ!!
と帰る直前までは思っていたのに、家でついテレビをつけたら面白い番組がやっていてついつい見入ってしまった…
そして結局その日の作業時間を確保できずそのまま就寝。

こんな経験ないですか?
これまさしく僕自身なんですけど、いつもやろうやろうって思っていても誘惑に負けてしまうんです。そのあとにはむちゃくちゃ後悔するんですけど…

もうね、この弱い自分の心をどう直したらいいかって考えてたら、金川顕教先生がめちゃくちゃいい方法を提案してくれました!

その方法というのは、『時給思考で時間を考える』という方法。
どういうことかというと、例えば平日だいた7~8時間労働で月収30万もらうとしたら、その人は1時間に2000円もらっているという計算になります。
そして1時間を無駄にするとこれくらい損をする、というように常に意識するようにします。
ただ意識しているだけだとまだ効果が弱いので、実際にテレビをだらだら見ていた、スマホゲームをしてしまったという時間分のお金を1時間なら2000円2時間なら4000円って貯金箱とかに払うようにするという案もありました。金川顕教先生が言うように友達とかといっしょにやってだれがどのくらい貯まったか(貯まっているほうが負けですけど)を競ってみたりして、1番少なかった人が他の人の分を全部もらえるというルールにしたらますますやる気が出ますね。

1日とかでみているとささやかに感じるだらけた時間が、1ヶ月で2万円貯まったら20時間分無駄に過ごしているとハッキリします。

やる前から恐ろしく感じるけど、意思が弱くすぐに誘惑に負けちゃうような僕にはこれくらいの荒療治の方が向いているように感じます。
それで貯まったお金はつかわずに貯金したら生活に余裕も出そうですし(笑)

僕みたいについ誘惑に負けちゃう人はぜひ金川顕教先生おすすめの『時給思考で時間を考える』を取り入れてみてください。
お互い危機感もってがんばりましょう!

↓金川顕教さんの物販コミュニティについて無料相談ができます。

データや確率は無視をするべき

今はなんでもかんでもデータ化されて合格率やら利益率やら勝率やらでている時代です。

進学するにしても学力をデータ化されて合格率がA・B・C・D・E判定とか振り分けられます。
でもここでE判定を受けたら絶対に志望する学校に合格できないんでしょうか?
もしかしたら死に物狂いで勉強し、試験対策をきっちりやったら合格できるかもしれません。
だけど、大半の人はきっとE判定=絶対合格できない=志望校を変えよう、という認識を持ってしまうと思います。

そう考えると、データをもとにした確率やら統計やらを鵜呑みにするのって可能性を大幅に減らしてしまうリスクがあると思いませんか?

 

こういうことはカリスマ起業家の金川顕教さんも著書の中やブログなどで言っています。
金川顕教さんが大学生時代に公認会計士を目指していた時、金川顕教さん含め公認会計士を目指していた方20人全員が公認会計士試験に合格したという経験があります。
統計上公認会計士試験の合格率は8%で、とても難しい試験であると言われています。
たまたま周りに優秀な人が集まっていただけだと思うかもしれませんが、なぜそんな難易度の高い試験に20人全員が合格できたかというと、彼らが本気で公認会計士を目指していたからに他なりません。
合格率8%と言いますがその内訳は、本気で目指している人もいれば、記念受験としてきちんと勉強をしていない人も含まれていますし、なかには途中で離脱してしまう人だっています。
だから合格率8%と聞いて、「そんなに難しいならやめておこう」と思ってしまったら、もしかしたら合格していたかもしれないという自分の可能性や未来をつぶしてしまうことになります。

こうした経験から、データや統計といったものは鵜呑みにしないほうが良い、
本気でそれを目指している人の成功率はもっとずっと高いはず、というのが金川顕教さんの考えるところです。

金川顕教さんのところへ「稼ぎたい!」と教えを乞う人は、金川顕教さんに「やるからには年収3000万円くらいの高い目標を持つ」ように言われるそうです。
ほとんどの人はそう言われて「無理!」と答えるそうですが、統計的には年収3000万円になるのは東京大学に合格するより6倍簡単だといえるそうです。
あくまで統計上ですが、なんだか実現できそうな気もしてきますよね。

結局データや統計なんてものはあまりあてにできません。
どのくらい本気でやるかやらないかが全てで、結果なんて自分自身でどうとでも変えられるはずです。

やるかやらないかの問題を、確率が低いからと言い訳に使ってはいけないですね。
今後は気を付けます(笑)

集中

金川顕教さん、なんとLINE@の友達が3万人を超えたそうです!
3万人って…ただただすごいですよね。
今後も金川顕教さんの情報発信を楽しみにして待ちたいと思います。

 

ところで、今回はコミュニティについて金川顕教さんに寄せられた質問のことを紹介したいと思います。

「金川顕教さんのコミュニティに入ろうと思っているけど、もう別のビジネス関連の塾にも入っていて…。いろんなコミュニティに入ったほうが良いのか、それとも1つのところで頑張ったほうが良いのか?」

というような質問だそうです。

みなさんはどっちがより成功しやすいと思いますか?

いろんなノウハウを身につけたほうが有利なんじゃないか!?と思っちゃいますが、金川顕教さんは「どちらか1つを選択して集中したほうが良い」と答えています。

ことわざでもあるように、「二兎追うものは一兎も得ず」なんですね。
2つ以上の選択肢にパワーを分散させてしまうよりも、1つに集中した方が断然成功しやすいそうです。

そして大切なのは「集中」を持続させること。

もし途中で失敗したとしても、そこで何かと理由をつけて諦めてはいけません。
どうして失敗したのだろうと原因を考え、その結果から今後どうすればいいかという対策を立てればどんどん成長していくことができます。

金川顕教さん自身、原因、結果、対策を続けてきたからこそ成長があって今の成功があるんですよね。

何も行動せずにいたらまず成功はあり得ません。
こうなりたい、この人は成功できて自分が成功していないのはなぜだろう?
常にそういう思考をもって、1点集中型で突き進むことを目指したいです。

毎回金川顕教さんからは成功するためのマインドが出来上がっているかチェックが入る感じで身の引き締まる思いがしますね!
それすらもう快感ですけど(笑)

 

↓金川顕教さんの物販コミュニティについて無料相談ができます。

明日やろうはバカヤロー

アフィリだとか転売だとかFXだとかいろいろ副業の種類はありますが、思ったように稼げていないことはありませんか?

でもそれってなぜでしょう?

副業コミュニティをもつ金川顕教さんは、結果が出ていない人に対して講師が直接通話してヒアリングを行うことがあるそうです。

そのとき、「自分なりに頑張ってるけど…」「一生懸命やってるつもりだけど…」と言う人がいるそうです。

身に覚えのある人、ドキッとしますよね。

でも、結果が出ないとしたら考えられる原因は3つ。

1.ノウハウが間違っている
2.やり方が間違っている
3.そもそもやっていない

このうちのどれか一つに該当するはず。

金川顕教さんの副業コミュニティに限っては1.はありえません。

自己流のやり方を試している場合は、ノウハウ通りに成功者を愚直に真似ることを改めて徹底することで解決できるはずです。

しかし、問題は3.のそもそもやっていないという場合。

自分ではやっているつもりでも、「明日やろう」「今日じゃなくてもいいや」という思考を持っている人は、この先ずっと稼ぐことはできないでしょう。
明日やろうはバカヤローです。

「行動力」というのはお金を稼ぐために絶対に必要な能力なんだそうです。

この行動力にブレーキをかけてしまうのは、めんどくさい、失敗したくない、時間がない、嫌われたくない、つらい、自信がない、後悔したくないといった感情です。

これを克服するには、「なんのために成功しなくてはいけないのか」をはっきりさせることです。

金川顕教さんからのアドバイスとしては、目標達成のためにやらなければならないことを「危機感」「快感」「期待感」に当てはめて考えるということでした。

また、完璧を目指さずとにかくハードルを下げて小さな一歩から始めるのも効果的だそうです。

千里の道も一歩より。

どんなに小さな一歩でも、一歩には変わりはないですからね!

12の思考術

金川顕教さんがビジネスを始めてから、年間数億円を稼ぐ億万長者から教わってきた12の思考術

その1:価値観を変えないと人生も結果も変わらない

これまでの価値観を生きた結果が今の自分。
今とは違う自分になりたいのなら新しい価値観に変えるのが近道。
まずは結果を出している人の価値観を真似る。

その2:過去は幻想にすぎない

これまでの「自分は○○だった」という思い込みや過去を捨てる。
過去ではなく未来の自分にベクトルを向ける。

その3:自分が思う事=正しいと思うな

自分が正しいと思うと成長できない。
結果を出している人の言葉を愚直にまねをする。

その4:やりたくないこともやるしかない

お金を稼ぎたいならビジネス活動に取り組むしかない。
やりたくなくてもそこから逃げれば結果も人生も変わらない。
やりたくなくてもやるしかない。

その5:人のせいにしない

人のせいにしているうちは結果は出ない。
自分が変わることに集中する。

その6:結果を出している人から学ぶ、絞る

自己流は大事故の元。
結果を出している人をしぼり、その人から学んだことを愚直に真似する。

その7:すべてマスターしなくていい

何事も完璧ではなく、1.5流くらいでいい。

その8:嫌われろ

新しい事をやろうとすると周囲から嫌われる。
それでも関係なく行動できる人が結果を出して理想を叶えられる。

その9:理屈で考える、感情はいらない

睡眠時間が6時間作れるから帰宅後3時間はビジネスが出来る。
疲れたとかやる気が出ないという感情を入れず理屈で考えて行動する。
でないとビジネスのための時間がビジネスに使えなくなる。

その10:やらなくていいことが多い

やらなくていいことをしすぎ。
テレビの時間スマホをいじる時間、本当に必要?

その11:やることは丁寧に丁寧に

ビジネスは外注できる。
自分にしかできない限られた仕事を丁寧に丁寧にこなす。

その12:結果を出したいなら行動も

口と行動が伴っていない人が多い。
結果を出したいのならまず行動を変える。

 


人の考え方はすぐに変わるものではないので、時間をかけて1つ1つ考え方を変えていってほしいと金川顕教さんは言います。
お金を稼いで理想を叶えるためには「考え方を変える事」は不可欠です。

 

 

金川顕教がセミナーで教えるお金の罪悪感

金川顕教のセミナーで教えてもらったお金への考え方。
セミナーに参加したことをきっかけに僕は金川顕教のコミュニティに入り、1年前に脱サラ、起業してから自由な生活に変わりました。家族仲も絶好調!
サラリーマン時代のストレスもなくなりました。理想としていた生活を手に入れました。
僕の会社員時代の給料は収入が月50万円でしたが、最近の給料は月100万くらいだそうです。もっと稼ごうと思い、奮闘してみても収入が少しは伸びますが、大きく伸びることできず、ちょっと悩んでいました。

そこで金川顕教さんにセミナーでアドバイスを求めたのです。
お金を稼いで収入を伸ばしたい人は是非、読んでみてください。

金川顕教さんいわく収入を伸ばす方法はいくつかある。
・自分よりも実績を出している人から学ぶ
・作業時間を増やす
・効率を上げる
・稼いだお金を投資する
・別のビジネスを始める
・広告費をかけて集客を増やす

しかし、お金を稼げていないのはメンタルのせいかもしれませんといいます。
それは『お金を受け取る罪悪感』です。

お金を受け取る罪悪感とは?
・求めてはいけないんじゃないか
・人生が狂ってしまうんじゃないか
・家族がバラバラになるんじゃないか
・人を傷つけているんじゃないか
・トラブルの原因になるんじゃないか

このような罪悪感を感じたことないですか?
金川顕教さんのデータによるとお金を稼ぎたい8割以上の方が罪悪感を感じたことがあるといいます。

これは多くの経験から生み出されているものだそうです。
特に親からが多いと思いますがこんなこと言われたことはないですか?
「お金は大切に使いなさい」
「うちはお金がないからそんなもの買えない!」
「お金ばっかりに執着していると大切なものを失うぞ!」
みたいに人生の中で何度も言われてきたと思います。

その積み重ねで

お金=
・求めてはいけないんじゃないか
・人生が狂ってしまうんじゃないか
・家族がバラバラになるんじゃないか
・人を傷つけているんじゃないか
・トラブルの原因になるんじゃないか
って無意識にあなたの心に刷り込まれているのかもしれません。

しかも影響は、テレビとかで、お金を騙し取って警察に逮捕されたとか、お金の貸し借りが原因で人間関係が崩壊して事件に発展したとか、金銭トラブルで赤ちゃんが捨てられたとかお金が原因で1度きりの人生が破滅したニュースなどを見て、僕たちの心に、『お金を受け取る罪悪感』が無意識的に刷り込まれてきたんだと思っています。

お金を受け取る罪悪感があると、お金を受け取るとき躊躇してしまいがちです。
例えば、今、あなたが実家に帰っておばあちゃんの用事で買い物に出かけたとしましょう。
あなたの運転でお店に行って、帰宅。家に着く頃。おばあちゃんが財布を取り出して、そんなにお金を持っているわけじゃないのに1000円札を取り出して渡してきます。

あなたは、おばあちゃんとの会話上、「ありがとう」って言うかもしれませんよ。
でも心では、「(おばあちゃん、無理しなくていいのに…)」って後ろめたい気持ちが
あるんじゃないでしょうか。それがお金を受け取る罪悪感です。

お金の罪悪感があると、あなたはどんな人からでもお金を受け取るとき躊躇してしまいやすいのです。

ビジネスで稼げているとしてもお金を受け取る罪悪感があると収入の限界がくると思います。あなたは富豪になるチャンスがあるのに、「いや、俺は金持ちになっちゃダメだ」
って自然と稼ぐことにブレーキをかけてしまっています。だから、いくらビジネスに打ち込んでも稼げるけど、売り上げは伸びない。そんな状態に陥ってしまうんですね。もし、あなたにお金を受け取る罪悪感があるとしたら「お金を受け取ってもいいんだよ」って『自分自身を許可する』ことをしてみてください。

稼げる人にとっては当たり前かもしれませんが、人って自分の悩みが解決したときにお金を払います。移動が大変だからお金を払ってタクシーや電車に乗るわけです。

料理を作って食器を洗うのに時間がかるから飲食店にお金を払うわけです。
我慢した生活を送りたくないからお金を稼ぐ方法を知るためにお金を払うわけです。

逆に、収入を得ている人は『価値を与えている』と言えます。

お客さんに代わって運転してあげたり、料理を作ったり食器を洗ったり、お金を稼ぐ方法を教えるなど、それらを必要としている人にとって価値を与えています。

価値を与える人は努力をしてきたはずですし、今も努力をし続けている人だと思います。

例えば、ビジネスだったら、周りの人が飲み会や旅行を楽しんでいる中、あなたは休日や深夜までビジネスに打ち込んだり、うまくいかないことがあればお金を払ってセミナーに参加して実績者から学んだり、教材を買って勉強したり、時間、お金などを使って努力した積み重ねの結果でお金を稼げているはずです。

ここまで努力した結果相手に価値を与えることができます。そこまで努力しているのだからお金を受け取って当然じゃないでしょうか?

努力している人がお金を受け取っちゃいけないなんてことはないと思うんです。

だから、あなたはお金を受け取る罪悪感があって、収入が伸びないときは、『これだけ努力しているんだからお金を受け取って当然でしょ』

って自分に『許可』してあげることがお金の罪悪感をなくして収入の限界を突破する糸口だと思います。収入を上げるために「自分はこれまで努力してきたんだから、お金を受け取っていいんだよ」

と許可することを覚えておくことが大切ですね!

そうすることで躊躇なく動け、お金を稼ぐ前の準備ができるということでした。
金川顕教さんからは稼いできてからわかることもいっぱいです。

金持ちになるための極意

お金持ちになるにはどうしたらいいか!?

若くして自由と成功を手にした金川顕教さんが、皆が思っているその疑問に答えました。

それは―…

勉強していい大学に行っていい会社に就職するという王道コースに乗っかっている人がやっていることの真逆のことをするべき!

つまり、『常識と真逆のことをやる』ということ!!!!!

 

周りと同じことをやっていたら当然同じような結果にしかなりません。
でも、周りの人がやらないことをしていたら、違う結果を出すことが出来るのです。

金川顕教さんがなぜ今会社に縛られることなく自由にお金を稼ぐことが出来ているのか、それは金川さんが20代の頃から周りと逆の事をしてきたからにほかなりません。

2浪して有名大学に入学したのに、参加しないと単位が貰えない授業の時しか大学に行かずに公認会計士のための勉強漬けの日々。
公認会計士となって誰もがうらやむようなエリート街道が待っていたにもかかわらず、退職して起業。

そうした常識と逆の行動をとっていた日々があったからこそ、今の金川さんの成功があるのです。

だけど金川さんのすごいところは、自分自身を成功者とは思っていない所です!

貪欲にただひたすら挑戦者としてお金のある成功者になるために努力を続けているのです!!

 

自己投資やマーケティング、本の出版(最近はすごい勢いでどんどん新刊が出ていますね!)、新規ビジネスの立ち上げ、コミュニティ運営などをしている金川さんですが、大切にしているのは「変化を求めること」だそうです。

 

金川さんのようにお金持ちや成功者になりたいと思うのなら、「周りと真逆の事をする」「変化を求める」この2つを意識する事が最初の1歩となるそうです!

自信をつける方法

あなたは自分に自信を持っていますか?

「はい」

とはっきり答えられる人よりも、

「いいえ」

と答える人の方が多いかもしれません。

私自身「いいえ」ときっぱり答えてしまうと思います。

 

金川顕教さんからのラインで「自身をつける方法」について記事を読んだのでシェアをしたいと思います。

 

金川さんが参加した会社経営者たちの集まる懇親会で「どうしたらスタッフに自信をつけてもらえるか」というテーマでのお話があったようです。

ある会社での社内アンケートで「自信がない」と答える人が多かったので、後日自信がないという人に「どんな自信が欲しいのか」と調査したところ、90%以上が答えられなかったそうです。

確かに、自信がないのははっきりと分かるけれど、どんな自信が欲しいのかと聞かれてもパッと思いつきません。

欲しいものの正体が分からないのに欲しがっていては手に入らないのは当然ですよね。つまり、”自信”を手に入れるために自信とは何かと定義づけをしてみる必要があります。

ある社長は『自信とは自分に対して安心すること』だと言っていたそうです。

どういうことか少し分かりづらいですよね。金川さんが例を出して解説していました。

例えば1日1冊読書する自信はあるけど、1日1時間のランニングをする自信はない、つまり読書するときは安心できるけど運動しているときは安心できないということです。

この解説を読んで、なるほどそういうことか、と自信の定義づけに納得が出来ました。

(こういう分かりやすい例えを入れてくれるところが、金川さんの良さだと毎回思います。)

 

「どうしたら人は安心できるか?」という問いに対し、金川さんは「成功体験を積むこと」と答えたそうなんですが、これは答えとしては”△”だそうです。

なぜなら、成功体験を積むことで自信が付く人はいると思いますが、周りにその成功を褒めてくれる人がいるかどうかで自信のつき方が大きく変わってしまうからです。

つまり、自信をつけるためには自分の置かれた環境が大切になってくるということです。

 

どんな環境にすればいいかと言うと、ポイントはたったの3つです。

1:明るい人を周りにおく
2:褒めてくれる人を周りにおく
3:あなたが積極的に他の人を褒める

 

たったのこれだけで自信がつくというのです。

そうすると自然に、周りの人と「褒める集団」が出来上がって、全員が自信を持ち全員が成功していくようになるそうです。

 

結果が出るから自信がつくのではなく、自信があるから結果が出るということを金川さんは学ばれたそうです。

 

なかなか自分に自信が持てなくて悩んでいるのなら、どんな人と付き合っていくか3つのポイントを参考にしていくと良いですね。

褒められるのが嫌いな人はきっといないはずです。
もっともっと人を褒めることができるようにしていこうと思いました。

本では教えてくれない金川顕教

こんにちは!毎日のように金川さんの本を読んでいる僕ですが

今日は本では教えてくれないいい話が合ったのでご紹介しました。

これはバーのマスターが解決策を見出すために自己啓発の本などを出版している金川さんに実際聞いた答えだそうです。

「ストレス」で豆腐メンタル克服!?というお話。

仕事のミス以外にも、人の目が気になる、些細なことでヘコむ、ストレスにとにかく弱いらしいです。いわゆる『豆腐メンタル』というやつです。

バーのマスターも常連客から仕事で失敗したという相談を受けたそうです。しかしなんて返していいか、悩んだそうです。

そこで金川さんはメンタルを左右する『あること』を伝授したそうです!

すると1ヶ月後見事そのお客様の悩みは解決して明るくなったそうです。

基本的に豆腐メンタルの人って真面目すぎたり、人の言うことを100%受け取りがちなんです。何気ない一言でも傷ついたり、「そんなことで?」って思っちゃうようなことでもヘコみます。断られるのが怖くて誘えなかったり、いつも人の顔色を伺ったり、すぐマイナスに考えたり…。

そうこれはそんな人を一発で変えるマインドコントロールのお話。

本には書いてないことなのでこのブログを見つけられた人はラッキーですね!!

人は『あること』を意識するだけで、簡単に変われます。

一番大事なのは『ストレスを受け入れる』こと。

一般的にストレスってマイナスな印象があるかもしれませんが実はプラスなる力を秘めているんです。スタンフォード大学でストレス研究のスペシャリストであるケリー・マクゴニガル先生によると、「ストレスが悪いことではない。本当に悪いのは、『ストレスが健康によくない』と思い込むことが悪い」と言っています。

アメリカで3万人を対象にしたある実験では、『ストレスは体に悪い』と思い込むだけでなんと死亡リスクが43%も増加。それに対し、『ストレスはむしろあった方がいい』と前向きに思い込んだ場合の死亡リスクの上昇については、全く見られなかったという結果が出たそうです。

テレビでもお医者さんが「なるべくストレスのかからない生活を心がけましょう」

とか言ってますから、一般的にはストレスは「悪」という思い込んでいます。

でも、実はストレスって悪いものじゃないんです。

人って緊張したりドキドキして心拍数が上がるとアドレナリンが放出されます。

アドレナリンは五感を研ぎ澄ませてくれるので、集中力がめっちゃ上がります。

スタンフォード大学のケリー先生も、ストレスについてこう結論付けています。

「ストレスはあったほうがいいと思い込んで、受け入れることが大切」

人間は、新しいことに挑戦しようとするとき緊張感やプレッシャーからストレスを感じることが多いそうです。

チャレンジしようとしてる人は、ストレスを感じることによって血管の収縮がなくなり、鼓動が早くなります。

こうして全身にエネルギーが送られます。するとアドレナリンが大量に分泌し、高揚した状態になります。これをチャレンジ反応と呼びます。つまり『チャレンジ反応』と呼ばれるアドレナリンを放出の超集中状態に入れば、人間は無敵モードになれるんです。

では、実際にどうすれば無敵モードになれるチャレンジ反応を呼び起こすことができるか。

と一気に書きたいのですが、ちょっとこの後用事が出来てしまったのでまた次回。

本には書いてない特別なことがよめますので乞うご期待!