自制心の大切さ

今までに何度も記事にしていますが、スマホやテレビに時間を取られている人はずばり「自制心が弱い人」と言えます。

身に覚えがありすぎてドキッとしていませんか?
自分もそうですが、ちょっとだけのつもりがついつい何時間もスマホと向き合っていたり、だらだらとテレビを見て1日が終わってしまった経験があると思います。

学生時代も、テスト期間中になると漫画をちらっと読み返して勉強を忘れてしまったり(笑)
懐かしい思い出です。

と、笑ってはいられません。

自制心が強いか弱いかは、人生を左右すると言っても過言ではないというのが、アメリカの実験で分かっているのです!

その実験は「マシュマロ実験」といいます。

4歳の子供に対し、机の上にマシュマロを1つ置き、15分食べるのを我慢したらもう一つあげるよ、と言って子供を一人にした時、食べずに我慢できるかどうかという実験内容です。

我慢できた子と出来なかった子の比率は1:2だったそうですが、この実験ではその子たちのその後を長期にわたって調査しているところが面白いのです。

マシュマロを我慢できた=自制心の強い子が、成長してからも高学歴、高収入になる確率が高く、中年になったときの肥満指数も低かったそうです。

 

なにかをやらないといけない時、それを妨げるものはたくさんあると思います。
スマホにしろテレビにしろ漫画やゲーム、女性には甘いものなど(笑)
でも、そうした時に「今は○○をしないと!!」と自分を制し、誘惑をはねのけて行動できるかどうか。

マシュマロ実験ではないけど、我慢したその先に何が与えられるのか、成果をよく考えることが大事なのかもしれません。

そこを明確に把握できていれば、自制心もいつもより強く働きそうです。

スマホとの付き合い方

もはや身体の一部と言ってもいいくらい手放せないものとして「スマホ」があると思います。
ほんの数年前までは、スマホなんてまだまだ普及していなかったのに、いつの間にかほとんどの人がスマホを使うようになってきました。
スマホで簡単に調べ物ができたりするおかげで、家でパソコンをあまり開かなくなった、なんて人もいるかもしれません。
それとか、ゲーム機を使わなくなった、なんて人も多いと思います。

便利でなくてはならない存在のスマホですが、一方で時間をどれだけでも搾取する厄介な存在でもあります。

試験勉強をしなくちゃいけないのに、仕事をやらなきゃいけないのに、ついつい他人のSNSを覗いていたり、スマホゲームに夢中になったり、連絡が来たらやり取りを始めてしまったり・・・。
気付くと数時間という単位をスマホと過ごしていて、本来やらなければいけなかったことが全く進んでいなかった、それなのに疲れてしまってやる気もなくなってしまった、なんて経験はきっと誰にでもあると思います。
よっぽど意志の強い人でない限り(笑)

金川顕教さんは、スマホとの付き合い方にはかなり注意をされているようです。
「インターネットやSNSに時間を使うより、もっとほかにやることがあるでしょ」
というのが金川顕教さんのスタンスなんだそうです。
うーん、おっしゃる通り!(笑)

・LINEの返事、簡単な調べもの、Facebook投稿、電子書籍を読む時だけ開く。
・スマホを使う時は、なぜ開くのか、何を調べるのか明確にしておく。
・仕事でつながりのない人の記事に「いいね!」やコメントを入れない。

というのが金川顕教さんのスマホを使う上でのルールなんだそう。

ネット上には色々な情報があふれているので、自分が調べたいことを調べていたら肯定的なことが書かれていたり、逆に否定的なことが書かれていたりで、気持ちを揺さぶられてしまうこともあります。
金川顕教さんの書籍などにもよく登場する「ドリームキラー」というやつです。
どの情報が正しくてどれが間違っているのか判断が難しいことも多いですよね。
だから大切なことはネットではなく書籍などからも情報を得るようにしたほうがいいかもしれません。

「起業したい」とか、「試験に受かりたい」とか、なにか夢や目標がある人は特に、「時間」を大切にする必要があります。
いくらあっても足りないと感じるのが「時間」ですよね。
もしかしたらスマホをかまっている時間を見直したら、1日に数時間スキマ時間が見つかるかもしれません。
もし時間を作るために睡眠時間を削っていたりしたら、睡眠時間を削るよりもスマホ時間を削る方が絶対に健康的に良いはずです。

金川顕教さんのように、自分なりのスマホとの付き合い方を明確にすることは、夢や目標達成のための大きな1歩となるかもしれませんね。

完璧主義はやめましょう

ビジネスで成功出来ない人に、「完璧主義の人」がいるそうです。
ドキッとした人、いますよね(笑)

完璧主義という言葉だけ聞けば、ちゃんとしていてすごいようなイメージをもちますが、これがビジネスで成功するための足かせになってしまうんですって。

というのも、完璧主義の人は、あらかじめ失敗をしないようにいろいろと考えを巡らせ、綿密な計画を立てたりしてからではないと実際の行動に移せないなんてことありませんか?

でも、ビジネスにおいて自分の思った通りにことが運ぶなんてこと、そう滅多にありません。
行動しながら、その時その時必要に応じて臨機応変に柔軟に対応し続けていくしかありません。
完璧主義の人は、その部分が苦手だったりしますよね。
綿密な計画なんて立てている時間があったらすぐに行動することが大事なんです。

なんにでも完璧でありたい、というのは自分を苦しめることにもなってしまいます。
例えば自分には得意なこともあれば苦手なことだってもちろんあるはずです。
自分の苦手分野が得意な人だって周りにはきっといっぱいいるのに、自分一人で全て完璧にこなそうと考えてしまいがちです。
その苦手なことやよくわからないことを時間をかけてマスターしようとする分、結果を出すのに時間がかかってしまいます。
そうした時に、自分は自分にできることを、苦手なことや分からないことはその専門家や得意な人に「任せる」という選択肢を選べば、自分ばかり苦しまなくても、自然と結果につながっていくと思います。

金川顕教さんも、自分でなくてもできることはやらない、という考え方で、金川顕教さん自身にしかできないこと(=パブリックスピーキング)に集中することで売り上げなどを一気に伸ばすことに成功されています。

全部ひとりで完璧にやることに固執しないで、とにかくまずは行動してみること、それができればいろんな方面で今までとは違う結果を出すことが出来ると思います。

完璧主義な一面があるかも!?とドキッとした方は、今日から完璧主義をやめましょう。

会社をやめるかどうか

このブログを読んでいる人は、金川顕教さんに興味を持っているか、会社に縛られない時間的にも経済的にも自由な生活を夢見ているか、なにかしらの副業をしているか、どれかに当てはまるんじゃないかなと思います。

今まで漠然と副業で稼ぐことに成功する=晴れて会社に辞表を提出!!という流れが普通というか、それ以外の選択肢なんて考えていない自分がいました。

毎日朝早くから夜遅くまで渋滞に巻き込まれながら通勤して、上司に嫌味を言われたり理不尽なことを言われるのをこの先何十年も続けていくのか…?
そういった現状への不満から、副業に手を出す人は多いと思います。
知らず知らずネットで検索しているのは「自由」とか「脱サラ」といったような言葉だったり、「お金を稼ぐには」とか、ノウハウ系のサイトをネットサーフィンしていた経験、きっとあるでしょう(笑)

だからこそ、今取り組んでいる副業でなんとか本業くらいの稼ぎを続けて出せるようになったら本業を辞めれるんだ、というような気持ちでいました。
でも、それ以外の選択肢もあるということを金川顕教さんのブログを読んで気付かされました。
そのブログの内容をかいつまんで紹介したいと思います。

金川顕教さんの知り合いの女性で、薬剤師をしている方がいるそうです。
女性は不動産投資をしていて、5棟ほど所有し、資産も5億円程はあるそうです。
それほどの資産があれば本業の薬剤師を辞めても問題はないはずですよね。
しかし、その女性はあえて会社を辞めずに、それどころか会社内でさらなる高みを目指していると言うではありませんか。
そこには明確な理由があります。
薬剤師というのは6年制の薬学部を卒業し、かつ薬剤師国家試験に合格しなければ取得できない難しい資格です。
そういうこともあって薬剤師は社会的信用が厚く、金融機関からの融資が受けやすいという、不動産投資をやっている人からしたらとても有利な条件があります。
その女性もこの部分を重要視しているのです。
独立して会社を経営していると、一般的にはすごいなと思いますが、金融機関の融資などは会社員と比べて厳しい目で見られるといいます。
女性は、社会的信用を得るため会社で働き続けていて、融資を受けやすくするために会社内でのポジションを上げることを目指していて、融資を受けたらさらに不動産投資による経済的自由を手に入れる、というように、「なぜそうするのか」と言う部分を明確にしているそうです。

副業をして結果が出たらすぐ会社を辞めるのもひとつの手です。
でも、さらに成功を大きくするために働き続けるというのもひとつの手だったんですね。
当たり前かもしれませんが、自分からしたら目からウロコな情報でした。
どんな選択をしようにも、自分自身が、また副業をやっている一人一人が後悔の少ない道を選んでいけるといいなと思います。

メリハリが大事

怒涛の勢いで出版を続けている金川顕教さん。
その著書の中や、ブログ、メルマガなどで、金川顕教さんがふだんどんなことに気を付けて過ごしているかなどが書かれていることがありますよね。

それを見ていると、誰もが遊びに夢中になる大学生時代ですらひたすら勉強し続けたり、テレビを見なかったり、食事やお風呂、睡眠時間を究極に削っていたり…
「目標を達成する」ために、無駄な時間を一切使わないような、かなりのストイックな生活を送っていることがうかがえます。

自分自身にそんな真似が出来るか!?といったら、仕事が終わると無意識にテレビをつけていたり、スマホを見だすと気付いたら1時間以上過ぎていたり、ただでさえ少ない自由時間を無駄なことにしか使っていないような現状が。

これでは「お金を稼いで脱サラ!!」なんて到底無理ですね(笑)

かといって軍人のように厳しい規律の中で毎日生活するなんてこと、いきなりできそうもありません。
金川顕教さんの生活の中での時間節約法をお手本にして、自分にできることを1つ1つ身に付けていくしかなさそうです。
※時間節約法が書いてあるのは、例えば『これでお金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。(ポプラ社より2017年8月出版)』とか、『人生はワンダフル!(サンライズパブリッシングより2017年10月出版)』などがあります。時間の使い方で悩んでいる人がいたらぜひ読んでみてください。

金川顕教さんがいうのは、まわりが遊んでいるときこそ差をつけるチャンスだということ。
でもどうしてもやる気がでてこないときは、とことんダラダラしてしまえばいいんだと!
やらなきゃいけないけど~ダラダラしたい~と中途半端な気持ちでいるのが一番だめらしいです。
あの金川顕教さんにだってストイックになり切れない時があるようです。
それを聞くとなんだか少しホッとする自分がいます(笑)

『ストイックにならなくてはいけないときにストイックになればいい。
怠けたいときはストイックにならなくていい』

金川顕教さんのこの教えを胸に、せめてストイックにならなくてはいけないときには全力で取り組めるようにしたいと思います!

成功の秘訣

金川顕教さんがいろんなビジネスで成功しているのには当然のことながらワケがあります。

その成功の秘訣は、「とにかくリサーチする」「分析する」ことに力を注いでいることです。

簡単に言うと、何かを始める前には必ず成功する方法を調べてから始めるようにしているそうです。

リサーチの範囲も、ほんの10件ほどという訳にはいきません。
誤差を最小にするべく300~400のサンプルを必要とします。

でもなかなか300~400もの人に話を聞けないですよね。
そういう時には、インターネットや本を通じて情報を集めます。
集める情報は「成功例」だけでなく、「失敗例」も多く集めるようにします。

なぜなら、失敗例は同じ失敗を繰り返さないために大変有益な情報だからです。
優れた経営者は、同業者などの「失敗例」を聞きたがります。

でも失敗した話なんて恥ずかしくてなかなか話したがらなかったり、失敗するまでにコストもかかっていたりして出し惜しみする人もいたりします。
出し惜しみする人は、失敗例の価値を知っているとも言えますね。
そこをうまく聞き出せるかどうかは、ビジネスの手腕が発揮されるところです。

リサーチして得た成功例はしっかり真似て、失敗例を参考に同じような失敗をしないように気を付けること、これが確実に結果を出すために大切になってきます。

金川顕教さんがお勧めするのは、まず3日間はリサーチの時間に充てること、そして必ず4日目には何かしらの行動を起こすこと。

リサーチばかりしていて行動に起こさないのは、ノウハウコレクターと一緒です。
何事もきちんと行動に移してこそリサーチ結果の真価が問われます。

今まで、「リサーチすること」「分析すること」そして「行動すること」を徹底してきたからこその、金川顕教さんの今の成功です。

もし何か今ビジネスをしていてうまく結果が出ていないとしたら、
「きちんとリサーチはできているだろうか」
「うまくいかないのは何が原因だろうか」
という視点で、改めて行動内容を振り返ってみることが大切だと思います。

はじめからすぐに結果が出なくても、リサーチ、分析、改善を繰り返すことで少しずつだったり劇的に変化が起きてくるはずです。

成功者が実践している、「リサーチ」「分析」に力を注ぐことをぜひ真似てみましょう。

×3

新しい年を迎えて、新たな目標は立てたでしょうか?

勉強でも、ダイエットでも、副業でも、なんでも始めるにあたっては
「×3」を意識しましょう!

「×3」って何?
と思うと思います。

早速詳しく説明していこうと思います。

まずは時間という意味での「×3」です。
今までいろんなことに挑戦してきて、1ヵ月は続けられたって人は多いと思います。
でも1ヵ月で結果って出たでしょうか?
あんまり実感なく、だんだん飽きてきて気づいたら挑戦を辞めている、なんてことなかったでしょうか?
僕は大いにあるあるです(笑)
でも、1ヵ月で結果が出なくて当然です。
1ヵ月だけでは、まだ準備段階でしかないからです。
そこから2ヵ月、3ヵ月と続けることが出来たら、どんどん結果につながっていきます。
だから、なにかを始めるときは「まずは3ヵ月本気で取り組む」ことを意識しましょう。
3ヵ月続けることが出来たら、1年とかずっと挑戦し続けることが出来るはずです。
逆に3ヵ月も頑張れなかったら、何をやっても中途半端で終わってしまうと思います。
石の上にも三年、といいますが、3年と言わず3ヵ月辛抱強く成功を信じて取り組むこと、これがまず大事な「×3」です。

そして次は量としての「×3」です。
なにかに取り組むときに一生懸命努力をすると思いますが、実はその努力は誰もがやっていることだったりします。
だから、人よりも出世したいだとか、人よりもたくさん稼ぎたい、なんて思っているのなら、人よりも3倍努力する必要があるんです。
人より3倍努力して得られる結果は3倍どころではありません。
3倍努力することが出来れば、5倍10倍のリターンを得ることが出来るのです。
周りと同じだけしか努力していなかったら、周りと同じような位置にしかいられません。
そこから抜け出すための「×3」の量の頑張り。

並大抵の気持ちでは「×3」を維持していくことが難しいと思います。
なぜ「×3」をしなければいけないのか、「×3」の先の理想の自分の状態をイメージしてモチベーションを保ちましょう。

この「×3」の法則は、カリスマ起業家の金川顕教さんがお勧めしている方法です。
傍から見たら大成功をしている金川顕教さんですが、そうなる為にこうした「×3」の努力をし続けている人です。

まだまだ新しい年が明けたばかり、なにかをスタートするにももってこいのタイミングです。
「こうなりたいな」という漠然とした何かを持ち続けているなら、「こうなってやる」と意識を変えて挑戦してほしいと思います。
飛躍の1年になりますように。

飲み会シーズンの時間泥棒

年末年始は忘年会・新年会シーズンです。
毎週毎週飲みに行っている人もいるんではないでしょうか?
飲み会の後、あなたはどうしていますか?

→一次会で帰宅
→二次会、三次会へ突入

当然ながら、二次会、三次会への参加なんて、時間とお金の無駄遣いでしかありません。

ビジネスをしている人にとって特に「時間」は大切なものです。
自己投資、作業の為の時間、勉強のための時間、
二次会、三次会で無駄に過ごす時間を、上記のためにつかえたらもっと結果に差が出てくるはずです。

金川顕教さんもお酒はほとんど飲まないそうです。
著書やブログ、メルマガでもしきりに「時間」のつかいかたを紹介しています。

「人生はワンダフル!」の中でも「飲み会の二次会は絶対に行くな」と書いてあります。
「成功したければ酒と女から離れろ」という言葉もあります(笑)

酔った状態ではどんないい話をしたとしてもきちんと覚えていられないし、きちんとした判断も出来なかったりしますもんね。

お酒が好きな人にとってはきついかもしれませんが、自分を成長させるため、もっと結果を出すためにはこの忘年会・新年会シーズンの過ごし方を考え直す必要がありそうです。

本当なら忘年会・新年会自体行かなくて良かったらいいんですけどね。

見返りを求めずギバーになる!!

金川顕教さんのアメブロを読んでいます。
そこでの気付き、決意を書き留めます。

12月3日のアメブロより

”他人に親切にするということは自分の時間を投資すること
見返りがないのは投資に失敗した、そう思うしかない”

人に親切にした時、見返りが欲しくてしたわけではなかったはずなのに、見返りがなかった時に「あれ?」と思ってしまう自分がいます。
そうしたことが続くと、もうその人には親切にしても意味ないかな、という思考に陥っていましたが、それはただの「親切の押し売り」だったんだなと思いました。自分のそういうきたない部分が透けて見えているから相手にもそんなようにしか返ってこなかったんだと今ならわかります。

この日のアメブロに、アメリカのホームレスの男性の実話が紹介されていました。
純粋な親切により、大きな大きな見返りがあったという話でした。
自分もこのホームレスの男性のように、誰かが困っていた時にただ純粋な気持ちで親切にすることができる、そんな人物で有りたいと思いました。

 

12月4日のアメブロより

”相手からもらうことに執着するのではなく、相手に与えることに意識を向けることが大切。
そうすればいつか大きなギフトが返ってくるはずですよ。”

これは12月3日のブログにも通じることだと思いました。
世の中には(1)テイカー(もらうだけ)、(2)ギブアンドテイク(与えたりもらったり)、(3)ギバー(与え続ける)という3パターンの人がいるという話です。

自分では(2)のギブアンドテイクだと思っています。もしかしたら人から言わせたら(1)のテイカーになっているのかもしれません。

知人に、(3)ギバーの人がいます。いつも、「そこまでしなくてもいいのに」「損をしてしまっていないだろうか」と勝手に心配をしていました。
でもその知人の周りは常に人が集まっています。
実際そうした周りの人から助けを得られているかは分かりませんが、いつも良くしてもらっている自分も、何かあったときには力になりたいと思ってはいます。
きっと周りの人も、自分と同じように感じている人は多いと思います。

相手に与えることにどれほど意識を向けられるか、もっともっと自分の中でギバー精神を鍛えなければと思いました。

 

12月5日のアメブロより

”やりたいことばかりにフォーカスしすぎると、稼げないことをやってしまい、成功から遠ざかってしまう可能性があります。”

好きなことにはいくらでも時間をつかえても、やりたくないことや苦手なことからはついつい逃げようとしています。
でもそれではいつまでたっても成功することできないですね。
学生時代もそれで苦労したくせに、同じ過ちを繰り返している自分がいました。
本当に成功したいなら、フォーカスするべきことをきちんと見極めないといけないですね。

 

12月6日のアメブロより

”なんでもリスク回避していたら、ビジネスだけではなく、プライベートも充実しないものになってしまいますよ。”

すごく心に響いた一言です。
尻込みしてリスクを嫌っている自分を改めないと、今後の人生を充実させることができないと危機感を覚えました。

もっと冒険心や向上心をもって何事にも取り組める人にならないといけないなと感じました。

時間を作るために断つもの

本気で成功したい・稼ぎたいなら「時間」をつくって本気で取り組まないといけません。
それはきっとみんなわかっていることだと思います。
わかっていてもどうしても時間が取れずにいるとしたら、もしかしたら無駄なことに時間を奪われているのかもしれません。

 

その1、イベント
誕生日やハロウィン、お祭り、記念日など。
大勢で飲んだり美味しいもの食べたりするのは楽しいけど、参加している時間がもったいないです。成功するまではイベントに呼ばれても参加しないようにしましょう。
参加しないからと言って壊れるような友人関係なら、解消しても損はありません。

その2、テレビ
家に帰るとすぐに意味もなくテレビをつけていませんか?
テレビは完全に時間泥棒です。
コンセントを抜いてしまうか、もっと言えば売り払ってもいいかもしれません。

その3、スマートフォン
ラインのやり取りや動画を見たりゲームをしたり、生活必需品ではあるけれど、気付けば時間がかなり割かれてしまうものです。
さすがにスマホを捨てろとは言えないので、作業中は机にしまったり、別の部屋に置いたり、自分のそばに置かないようにしましょう。
また機内モードか電源OFFなどにして、放置しましょう。

スマホ依存症の人のために、制限時間やロック機能の付いたスマホを入れる箱があるのを昔ネットで見ました。そういうのもありかもしれません(笑)

その4、異性
相手には怒られちゃうかもしれませんが、恋人やパートナーと出かける時間ももったいないです。
異性と遊ぶのは多くても週に1回までにしましょう。

その5、飲み、遊びに行かない
後で思いっきり遊ぶために、今は遊ぶことを我慢。

以上、金川顕教さんのラインを参考にしました。

今上にあげたものに時間を使っていたとしても、意外とやめたところで生活に不便を感じることはないと思います。
本当に成功したい、稼ぎたいと思うなら、金川顕教さんの言うように、無駄な時間を割いているものを切り捨てる覚悟を持つべきです。

人気のお笑い芸人を知らなかったとしても、普段通り生活できます。
成功して稼ぐことができたら、それこそ今まで諦めていたことにだって手が出せます。
両方を天秤にかけて、どちらが欲しいかを考えてみたら、切り捨てるのなんて怖くないですよね!

 

どうやって稼ぐか迷っているなら、再現性の高い金川顕教さんの物販コミュニティで無料の相談もできるので一回してみるのもおすすめです。