【11分で要約】お金の増やし方(山崎元 / 著)

今回は金川顕教さんのYouTube図書館から「【11分で要約】お金の増やし方(山崎元 / 著)」の動画を紹介したいと思います。

「お金の増やし方」の本は東大卒のお金のプロ山崎元さんと、ど素人の大橋弘祐さんの対話形式でお金の増やし方を分かりやすくかいた本です。
定期預金や普通預金しか持っていない人にも非常にためになる本だということです。

まず動画を見て驚いたのは、お金を正しく運用したかったら銀行には近づいたらいけないという点。銀行と言えば安心・安全というイメージでしたが、銀行も株式会社なので営利目的で お客さんが得するものじゃなく自分たちが得するものを売ると聞いて納得です。確かに郵便局も昔から身近な存在だったけどノルマ達成のために無茶苦茶なかんぽ生命の契約していたなと思い出されました。

老後にためておくお金についても、ちょっと前に話題になった老後2000万問題とのギャップがあってあれ?と思いましたが、商品を売りたい銀行の策略だと聞いて納得です。
ある程度貯金も大事だけど、必要以上に現金を持つことが逆にリスクになるかもしれないとは驚きでした。

お金の運用にリスクをかけるかどうかは人それぞれ。
安全に運用したければ普通預金よりも国債の方が現時点ではお得だそう。
多少のリスクがかかってもと言う場合は、安全資産とリスク資産とをしっかり分けた上でリスク資産を投資信託に回す。
投資信託も銀行からは買わず、分散投資することがおススメということでした。
家を買うかどうかとか生命保険に入るかどうかとかお金の使い方についても触れています。

投資とかお金の増やし方のことばかり考えるのではなく、何よりも大切なのは「しっかり働いて」資本を獲得し続けること、ということをお金のプロが言っていることに説得力を感じました。

この動画を見てもっとお金について勉強したいなと思いました。
銀行に対する見方も変わり、大変参考になりました。
皆さんもぜひご覧ください!

「【11分で要約】お金の増やし方(山崎元 / 著)」 をYouTubeで見る!

【12分で要約】知識を操る読書術(DaiGo/著)

今回も金川顕教さんのYouTube図書館からビジネス書の解説動画を見ていこうと思います。
今回視聴したのは「【12分で要約】知識を操る読書術(DaiGo/著)」という動画です。DaiGoさんと言えばメンタリストで有名ですよね。そのDaiGoさんが読書術についての書籍を出版していただなんて知りませんでした。
活字離れが進んでいるという現代人ですが、デキる人はたくさんの本を読んでいるというイメージがあります。金川顕教さんもものすごく本を読んでいるし知識が豊富ですよね。
自分もそれに倣って読書をするようにはしています。それが全部知識として自分の中に落とし込めているかと言われると自信がありません(笑)
この書籍の解説動画で、もっと効果的に知識を得られる方法が分かるといいなと思います。

まず、DaiGoさんは読書を始める前に「本を読むことで何を手に入れたいのかを考える」ことを言っています。
普段読書を始める前にそんなことを深く考えたことありませんでした。でも言われてみたらそこをしっかり把握していないから本を読んでも何を得たかがあいまいになってしまうんだなと思いました。
読書術の速読、多読、選書に関しての間違った点についても理解できました。早く読むことでたくさんの本が読めると言っても内容が頭に入っていなければ意味がありません。文字を目で早く追うことが速読だと勘違いしていたけど、スキミングで自分の知りたいことを選別して読む、全部を読む必要はないので結果速読に繋がるし理解度も深まるのだと知りました。
また多読と言えばたくさんのジャンルを読むものだと思っていましたが、ジャンルを絞って読むことで理解を深めることができるんですね。
売れているからとか人気だからと言って「ベストな本」が「必要な本」とは限らないことが分かりました。
本を選ぶにあたっても読むにあたっても大切なのは自分が何を知りたいのか、何を求めているのかをはっきりさせておくことなんですね。
知識を操る具体的な方法として5つの手法が紹介されていますが、金川顕教さんが取り上げたビジュアライジング、サマライジングについてその定義ややり方がよく分かりました。意識して取り入れたいと思います。

6歳の子供に説明できなければ理解したと言えないそうなので、理解を深めるために読書をしてインプットしたら必ずアウトプットするようにしたいと思います。

本の内容が記憶に残らない人や途中で挫折してしまう人向けの対処法も紹介してあるのでとても参考になると思います。
DaiGoさんの本を読むのが一番だと思いますが、金川顕教さんの解説動画を見れば内容がよく分かるのでぜひ見てみてくださいね。

「【12分で要約】知識を操る読書術(DaiGo/著)」 をYouTubeで見る!

【11分で要約】年収1億円になる人の習慣(山下誠司/著)

金川顕教さんのYouTubeはチャンネル登録しましたか?
昨年末のLINEメッセージで、『年間120冊のビジネス書を著者として、経営者として、読破して、その解説動画を撮っていきます』とアナウンスがありました。
金川顕教さんのYouTubeを見れば、自然と年間120冊のビジネス書を読んだのと同等の知識を得ることができます!
忙しくて本を読む時間がない方でも、移動時間に聞くだけだったら取り組みやすいですよね。
気になる方はぜひチャンネル登録してみてください。
自分も一緒に動画をみて知識を得ていきたいと思います!そしてその感想をここでアウトプットしていこうと思います。

今回見た動画は、「【11分で要約】年収1億円になる人の習慣(山下誠司/著)」という書籍の解説動画です。
著者の山下誠司さんは、日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する会社の取締役です。街中でこの美容室を見たり、「EARTH」という店名を聞いたことがある人は多いと思います。
そんな彼が出版した「年収1億円になる人の習慣」という書籍は、金川顕教さんがこれまでに出版している「年収1億円の人のすごい習慣」「 年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人 」「 スマホ1台から1億円稼ぐ技術 」とも共通した部分が多いです。
やっぱりお金持ちの習慣は似たようなものなんですね。なのでその習慣を身に付けることができれば、自分の年収も上がっていくはずです。

稼ぐための動機は不純でもいい、大切なのは「物欲」というのが意外と言えるし的を得てるなとも思いました。
誰かのためとかじゃなく自分の欲しいものやりたいこと、モテたいとか高級外車に乗りたいとかいい家に住みたいとかそういう欲望が自分を奮い立たせてくれるよなと思います。

あと印象深かったのは10年後を視野に入れながら仕事をしているというところ。やっぱり仕事をしていても10年後のことまで考えが及びません。稼げる人はそんな先まで見越しているのかと自分との違いに愕然としました。

金川顕教さんの書籍や山下誠司さんの書籍で紹介してあるお金持ちになるための習慣は自分でも実践できること、参考になることがたくさんです。
結果を出すためには行動を変えるだけでなく、習慣にするところまでいかないといけないんだと改めて感じました。
そして何より大事なのは行動を起こすスピードです。
悩むということはやりたいということ、という金川顕教さんの言葉はまさにその通りです。まずはやってみる。それができる人でありたいですね。

【11分で要約】年収1億円になる人の習慣(山下誠司/著) をYouTubeで見る!