視点をかえること

金川顕教さんはよく「Time is Life」、時間はお金よりも大切だということを言っています。というのも、お金は増やすことができるけど、時間は誰に対しても平等に1日24時間しか与えられていないから。その限られた時間をどう使うか、その中でどう動けるかで人生が大きく変わるわけです。

と言っても、24時間365日毎日時間を大切に有意義に使える人というのはかなりの超人でしょう(笑)
ほんの息抜きにスマホを眺めてたはずがいつの間にか1時間2時間たってしまった…
そういう時間の無駄遣いは誰だってしてしまうことがあると思います。
それは自分の惰性のせいなのでまぁ自業自得ですが。
でもたまに、評判だからと30分以上並んで食べたものがそこまで美味しくない…いやむしろどちらかというとあまり美味しくなかった時とか、スキルアップのために買って読んだ本の内容がネットでも書かれているくらいのしょうもない内容だった時なんかは、時間もお金も無駄にさせられたと誰かを恨みたくなりますよね(笑)
自分の感じるまま正直にいると、過ぎたことを後悔してイライラしたり自己嫌悪に陥ったりマイナスな面ばかりが出てきてしまいます。

そこで大切なのは視点を少し変えてみることです。
金川顕教さんは言っています。
『事実は一つだけど、解釈は無限にできる』と。

スマホで2時間を無駄にしたことも、動画を見たりゲームをしたり漫画を見ていたのなら楽しい時間を過ごすことができたということに違いありません。
美味しくなかった評判のモノだって、人と話すときのネタの一つになるだろうし、買った本が全然役に立たないレベルだったという時はなぜつまらなかったか、なぜ自分はそれを買ってしまったっかを冷静に分析することで次から本を買う時の教訓にしましょう。
そうすれば、無駄だと思っていたものも何かしら意味のあったものに変わるから不思議です。

金川顕教さんいわく、本当に無駄な時間は「無駄な時間を過ごしてしまったと後悔する時間」なんだそうです。

確かにその通り。
偉人だっていろいろな失敗から学び成功を手にしてきています。
後悔をしている暇があったら、視点を変えてもっとポジティブに、プラスの面をたくさん見つけていくことが大事なんだと教わりました。

もしあなたが無駄な時間を過ごしたことを後悔しがちだったら、少し視点を変えてみるようにしたらどうでしょうか。

初心忘るべからず

金川顕教さんからいつもと少し違ったLINEが届きました。

「僕のLINE@を友達追加した時を覚えていますか?」

という問いかけから始まったメッセージ。
あなたは覚えていますか?

金川顕教さんの公式ホームページを見てメルマガ登録やLINE@の友達登録をしたり、書店で金川顕教さんの本を購入してLINE@の友達登録をしたりした人がいると思います。きっとみんないろんな場所で金川顕教さんをみかけて興味を持って心を動かされたからLINE@の友達登録をしたことだと思います。
その時、「もっと稼ぎたい!」とか「もっと自由な時間が欲しい!」とか「金川顕教さんみたいに人生チェンジしたい!」という気持ちが自分の中で大きく育ったはずです。

そして今。
その時の自分から何か少しでも変わったでしょうか?
何か少しでも行動を起こしてみたでしょうか?

金川顕教さんは、「僕のLINE@を友達追加するという決断は、収入を上げるために行動すると決断したのと同じなんだ」と言っています。

何かを始める時、形から入る人はたくさんいると思います。
自分もそのタイプです。
でも、形を整えて満足しちゃう人も多いと思います。
やるぞー!っていう気持ちが盛り上がりすぎて、大切なことはその先にあるのに、最初の一歩を踏み出す前に燃料切れみたいな(笑)

これではちっとも変っていくことはできませんね。

金川顕教さんがいうように、一度思い出す必要があるのかもしれません。

どういう気持ちでLINE@を友達追加したのか?
何のために決断したのか?
今なにをすべきなのか?

もっと稼ぎたいという思いも、もっと自由な時間が欲しいという思いも、「○○がしたい」という自分の究極の願いがあるからこそだと思います。

金川顕教さんと一緒なら何か変えていけるかも、そんな思いもあって友達追加したんだと思います。
その初心を忘れず、せっかくした決断を無駄にしないためにも今すぐ行動をはじめましょう!

大切にしている考え

金川顕教さんといえば、周りの人や企業を稼がせるカリスマコンサルタントであり、本を出版すればベストセラーになり、LINE@の登録も4万人以上というカリスマ性のある人物です。
公認会計士というエリート街道から、独立起業し努力の末今の地位を築いています。

そんな金川顕教さんが大切にしている考えをシェアしてくれたので、ぜひ紹介したいと思います。

【選択と集中】
あれもこれもと手を出し過ぎると、力が分散されてしまって結果が出にくくなってしまいます。それよりも、何か一つのことを選択し、それに全ての力を注いだほうが結果に繋がります。

【攻めからしか守りは生まれない】
稼げるようになったからといって事務所をかまえたり従業員を増やすなどの安全策をとらないようにしましょう。リスクを回避するのではなく逆にリスクをとって自分を追い詰めながら攻め続けることが、結果的に最大の守りになっていくのだそうです。

【仕事が嫌いならやめればいい、それは逃げではない】
「好きなことばっかりやっていたらバチが当たる」なんていうけどそんなことはありません。逆に、嫌なことをやり続けている方が生きる活力、気分、収入も全ての質を下げてしまいます。人はやりたいことをしている時が一番能力を発揮できるもの。好きなことで成功するためには、その中でやりたくないことも当然でてくるだろうけど、そこはやらなければいけません。

【周りの行動力を高められる人は成功する】
自分のやりたいことで成功して結果を出すためには、仲間やお客様を自分の世界に引き込まないといけません。他者に影響をもたらす人間、周りの人のモチベーションを高めることができる人は成功できます。

【やりたいことをして生きるのに大事なのは、やりたいことをやる覚悟】
何事も最初からうまくいくことなんてほとんどありません。何歳になったって失敗はするけど、特に10代20代は経験値の少なさから失敗はたくさんするものです。失敗に落ち込んだとしても、それを活かしてすぐに行動できるかどうかが分かれ目です。だからこそ、「大きな問題にさしかかっても乗り越え絶対に成功するんだ!!」という強い覚悟を持つことが重要になってきます。

【準備ばかりするよりも、すぐ行動して失敗してまた再挑戦してる方が成功する】
金川顕教さんのメルマガの読者で、「貯金してから起業します」という方と「借金して起業します」という方がいたそうです。3年後、貯金してからといった人はまだ貯金中、借金した人は何度も失敗をしながら挑戦を続けた結果成功したそうです。結局のところ、準備をしている暇があたらすぐに行動した方が確実に成果を早く出すことができるということです。

【頭の良いバカになれ】
金川顕教さんも過去に色々あり、(詳しくは金川顕教さんの著書「チェンジ」を読みましょう)グレていた時期がありましたが、後先考えずなんでも行動するタイプでした。後先考えないというバカさに理論的思考が加わったらまさに鬼に金棒となります。

【自己流は大事故】
世の中にはじぶんが挑戦したいと思っているビジネスで既に成功を手にしている人が山ほどいます。そして失敗している人が何十倍何百倍といます。
どうして失敗してしまうのか、それは自己流でやっているからにほかなりません。
成功しているのにはきちんと理由があるのです。成功者を真似ること、それが成功への近道であり、確実な道なんです。

以上が、金川顕教さんが独立起業するときから大切にしている考えです。

昨日より今日、今日より明日と日々成長するために、
『思考⇒行動⇒習慣⇒結果』
というサイクルを意識し回転し続けることが大切だということです。

金川顕教さんがいつも言っている、「思考を変えれば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる」という格言を胸に、まずは思考からきちんと成功者の思考へと変えていきましょう!

時間は有限

金川顕教さんプロデュースの『毎日チェンジ手帳2.0』はもう手に入れましたか?
去年使ってみてその良さにはまってしまった人は既に手に入れていることでしょう(笑)自分もさっそく手に入れました!
新しい手帳を使い始める時、なんだか少しだけワクワクするというかやる気が湧いてくるというか、そんな気持ちになりませんか?
金川顕教さんの『毎日チェンジ手帳2.0』のワクワク感は普通の手帳の比じゃないですよ!
マンネリな毎日にウンザリしている人はぜひ使ってみて欲しいなと思います。
手帳の紹介についての記事もよかったら参考にしてください。

さて、今回は『毎日チェンジ手帳2.0』で紹介してあるコラムをちょっと紹介したいなと思います。
この手帳の大きなテーマは『時間』です。
『時間×○○』というかたちで金川顕教さんや成功者たちが『時間』をどう捉えどう使っているのかをコラムにしてあります。
この手帳を使っていくうちに時間の概念が変わっていく、という構成になっているんですね。
そんなコラムから、響いた言葉がこちら。

小さな「時間」の積み重ねが「人生」です。ゆえに「時間」は有限なのです。

1日は24時間でそれが毎日毎日繰り返されています。
変わらぬ24時間が次の日も保証されているとつい思ってしまって、一瞬一瞬の大切さを忘れがちではないでしょうか。
例えば病気にかかったとき、誰かの訃報に触れたとき、時間は有限であることを強く感じますが、またいつの間にかその意識が薄れていってしまいます。
今までは「そんなもんだよな~」と軽く考えていましたが、『小さな「時間」の積み重ねが「人生」』という言葉はなんだかグサッとささりました(笑)
今この一瞬一瞬も自分の人生の一部なんだと思うと、スマホをかまいながらダラダラ過ごしている時間がいかに情けないというか恥ずかしいというかもったいないというか、とにかくいたたまれなくなりました。

金川顕教さんはいいます。時間を有効に活用することは人生を左右することだと。
本当はもっとやりたいことがあるのに、違うことに時間を奪われていると思うことはありませんか?電車や徒歩などの移動時間も然り、食器洗いや掃除洗濯といった家事の時間も然り。
そうした自分にとって無駄だと思う時間は、移動手段にタクシーを使ったり家事代行サービスを利用したりと、お金を払うことで自分の自由な時間へと変えることができます。
そんなことにお金を使うのがもったいない、と思う気持ちはものすごーく分かりますが、お金を使って自分に必要なことやもっと重要なことをするための時間をつくるのはとても大切なことなんだそうです。
時間をお金で買うということ、できるところからトライしてみましょう。
こうして時間とかお金に対する考え方を少しずつ変えていくことで今後の人生の在り様が変わっていくんですね。

手帳を使っていくうえで、過去のコラムにも何度も目を通すことでその時感じた思いや決意を再確認するようにしたいと思います。
また響いた言葉などを紹介していきますね。

金川マインド

高校での偏差値35から2浪して立命館大学へ入学し、在学中に公認会計士試験に合格した金川顕教さん。
世界一の会計事務所に就職したのに、退職して独立起業を決意。
今では会計士時代よりはるかにお金と時間の自由を手に入れています。

そんな金川顕教さん、最近では仕事のパートナーを募集していますね。

常に新しいことに挑戦したり、いろいろなビジネスを学びそれを共有してくれる金川顕教さん。書籍も毎月新しく出版しています。

サラリーマン時代よりも時間の自由があるとはいっても、おそらく仕事について考えたり行動している時間が少ないわけがありません。

同時に何個もやらなくてはいけないことを抱えていたりすると、自分だったら少しでも楽な方楽な方へと逃げてしまいたくなったり、実際に逃げてしまうことがあります。
自分を擁護するわけではないけれど、どちらかというと世の中そういう人が大半を占めていると思います。

どうしたら金川顕教さんのように常に向上心を持って行動し続けることができるのでしょうか。

そのヒントや答えは金川顕教さんの公式サイトの中にあります。

●金川顕教オフィシャルWEBサイト●
http://akinori-kanagawa.jp/

 

オフィシャルWEBサイトの中には書籍紹介やセミナーの案内などいろいろなカテゴリーがありますが、その中にブログもあります。

ブログでは金川顕教さんがいろいろなことを教えてくれます。
最近で言うと、

というタイトルの記事が公開されています。

自分にとって特に印象的だった記事は「準備は一切いらない」という記事です。
心配性で完璧主義的な部分があるので、この記事を読んでこれからは考え方を少し変えた方がいいと思わせてくれました。
子供の頃から「もう準備できた?」「ちゃんと準備しなさい」という言葉をよくかけられてきました。
今思うと大人から“準備をすることで失敗等のリスクを極力避けよう”という保守的な考え方を押し付けられてきたんですね(笑)
でも本当に「失敗しないための準備」って必要なの?という金川顕教さんのことばにハッとしました。
失敗を恐れて万全な準備をしてから行動するよりも、失敗や挫折を経験しながらでもすぐに行動した方が成功への道は近いのです。

『「やってみようと思ったらすぐに行動する」とあらかじめ決めておくことが、
成功を目指す大人たちにとっての大切な心の準備なのです。』
(ブログ記事より引用)

すぐに長年染みついた習慣を変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ金川マインドで物事に取り組んでいきたいものです。

みなさんもぜひオフィシャルWEBサイトで金川マインドを学んでください。
きっと人生が好転していくはずです。

自己暗示

体操の内村選手が出ている明光義塾のCMを見たことはありますか?
「♪分かる、話す、身~につくっ♪」
というフレーズと一緒にポージングをするCMです。

分かったつもりでも、説明してと言われたらちゃんと理解できていないことに気付くことありますよね。
きちんと説明できる状態になって初めて自分の中に知識として定着したと言えるのだと思います。

金川顕教さんは、「1番のアウトプットは人に教えること」だと言います。
第三者が話を聞いて内容を理解できるということは、自分がきちんと理解できているから。
もし今何かを勉強しているなら、その内容を誰かに説明してみてください。
最初は上手く説明できなくても、何度も何度も説明することでどんどん自分の理解が深まり上手に話せるようになるはずです。

「自分は人に説明するのが苦手だから」
「教えるのがヘタだから」

そう思って、誰かに教えたり説明することを避けてきたという人もたくさんいることでしょう。
自分もその一人ですし、あの金川顕教さんもその一人だったそうです。

YouTubeでいろいろな動画を配信したり、セミナーを開いて人前で話しまくっているあの金川顕教さんが!?と驚きますし、信じ難いことですよね。
今となってはそのように「話す」ことが上手な金川顕教さんも、話すことに対して苦手意識を持っていた過去があったそうです。

そんな金川顕教さんが変わったきっかけは、魅力的な話し方をする経営者の方と出会ったことだそうです。
彼と直接話をする機会があり、自分が話すことが苦手だと伝えると、その人自身もかつてはそうだったと前置きし、「話すのが得意か不得意かは練習したかしていないかだけ。練習して上手くなれば、誰も持っていない『武器』が手に入る」とアドバイスをくれたそうです。
その言葉を機に話す練習をはじめ、毎日動画を撮影したり100万円をかけてパブリックスピーキングのセミナーを受けたりした金川顕教さん。

それだけの時間やお金をかける価値が「話すスキル」にはあるのです。

『話すのが得意か不得意かは、練習したかしていないかだけ。』

話すことに苦手意識を持っている人は、話す練習をせずにいるだけ。
自分にもできる、簡単だ、という自己暗示をかけて、まずは伝えようという気持ちでゆっくりと話すことを心がけると良いようです。

金川顕教さんが変わるきっかけとなった魅力的な話し方をする経営者の方。
それは、今の自分たちにとってみたら金川顕教さんそのものですよね。

稼げるスキルである「話すスキル」、人に教えること説明することを重ねて、ぜひ身に付けたいものですね。

 

自制心の大切さ

今までに何度も記事にしていますが、スマホやテレビに時間を取られている人はずばり「自制心が弱い人」と言えます。

身に覚えがありすぎてドキッとしていませんか?
自分もそうですが、ちょっとだけのつもりがついつい何時間もスマホと向き合っていたり、だらだらとテレビを見て1日が終わってしまった経験があると思います。

学生時代も、テスト期間中になると漫画をちらっと読み返して勉強を忘れてしまったり(笑)
懐かしい思い出です。

と、笑ってはいられません。

自制心が強いか弱いかは、人生を左右すると言っても過言ではないというのが、アメリカの実験で分かっているのです!

その実験は「マシュマロ実験」といいます。

4歳の子供に対し、机の上にマシュマロを1つ置き、15分食べるのを我慢したらもう一つあげるよ、と言って子供を一人にした時、食べずに我慢できるかどうかという実験内容です。

我慢できた子と出来なかった子の比率は1:2だったそうですが、この実験ではその子たちのその後を長期にわたって調査しているところが面白いのです。

マシュマロを我慢できた=自制心の強い子が、成長してからも高学歴、高収入になる確率が高く、中年になったときの肥満指数も低かったそうです。

 

なにかをやらないといけない時、それを妨げるものはたくさんあると思います。
スマホにしろテレビにしろ漫画やゲーム、女性には甘いものなど(笑)
でも、そうした時に「今は○○をしないと!!」と自分を制し、誘惑をはねのけて行動できるかどうか。

マシュマロ実験ではないけど、我慢したその先に何が与えられるのか、成果をよく考えることが大事なのかもしれません。

そこを明確に把握できていれば、自制心もいつもより強く働きそうです。

時間を作るために断つもの

本気で成功したい・稼ぎたいなら「時間」をつくって本気で取り組まないといけません。
それはきっとみんなわかっていることだと思います。
わかっていてもどうしても時間が取れずにいるとしたら、もしかしたら無駄なことに時間を奪われているのかもしれません。

 

その1、イベント
誕生日やハロウィン、お祭り、記念日など。
大勢で飲んだり美味しいもの食べたりするのは楽しいけど、参加している時間がもったいないです。成功するまではイベントに呼ばれても参加しないようにしましょう。
参加しないからと言って壊れるような友人関係なら、解消しても損はありません。

その2、テレビ
家に帰るとすぐに意味もなくテレビをつけていませんか?
テレビは完全に時間泥棒です。
コンセントを抜いてしまうか、もっと言えば売り払ってもいいかもしれません。

その3、スマートフォン
ラインのやり取りや動画を見たりゲームをしたり、生活必需品ではあるけれど、気付けば時間がかなり割かれてしまうものです。
さすがにスマホを捨てろとは言えないので、作業中は机にしまったり、別の部屋に置いたり、自分のそばに置かないようにしましょう。
また機内モードか電源OFFなどにして、放置しましょう。

スマホ依存症の人のために、制限時間やロック機能の付いたスマホを入れる箱があるのを昔ネットで見ました。そういうのもありかもしれません(笑)

その4、異性
相手には怒られちゃうかもしれませんが、恋人やパートナーと出かける時間ももったいないです。
異性と遊ぶのは多くても週に1回までにしましょう。

その5、飲み、遊びに行かない
後で思いっきり遊ぶために、今は遊ぶことを我慢。

以上、金川顕教さんのラインを参考にしました。

今上にあげたものに時間を使っていたとしても、意外とやめたところで生活に不便を感じることはないと思います。
本当に成功したい、稼ぎたいと思うなら、金川顕教さんの言うように、無駄な時間を割いているものを切り捨てる覚悟を持つべきです。

人気のお笑い芸人を知らなかったとしても、普段通り生活できます。
成功して稼ぐことができたら、それこそ今まで諦めていたことにだって手が出せます。
両方を天秤にかけて、どちらが欲しいかを考えてみたら、切り捨てるのなんて怖くないですよね!

 

どうやって稼ぐか迷っているなら、再現性の高い金川顕教さんの物販コミュニティで無料の相談もできるので一回してみるのもおすすめです。

データや確率は無視をするべき

今はなんでもかんでもデータ化されて合格率やら利益率やら勝率やらでている時代です。

進学するにしても学力をデータ化されて合格率がA・B・C・D・E判定とか振り分けられます。
でもここでE判定を受けたら絶対に志望する学校に合格できないんでしょうか?
もしかしたら死に物狂いで勉強し、試験対策をきっちりやったら合格できるかもしれません。
だけど、大半の人はきっとE判定=絶対合格できない=志望校を変えよう、という認識を持ってしまうと思います。

そう考えると、データをもとにした確率やら統計やらを鵜呑みにするのって可能性を大幅に減らしてしまうリスクがあると思いませんか?

 

こういうことはカリスマ起業家の金川顕教さんも著書の中やブログなどで言っています。
金川顕教さんが大学生時代に公認会計士を目指していた時、金川顕教さん含め公認会計士を目指していた方20人全員が公認会計士試験に合格したという経験があります。
統計上公認会計士試験の合格率は8%で、とても難しい試験であると言われています。
たまたま周りに優秀な人が集まっていただけだと思うかもしれませんが、なぜそんな難易度の高い試験に20人全員が合格できたかというと、彼らが本気で公認会計士を目指していたからに他なりません。
合格率8%と言いますがその内訳は、本気で目指している人もいれば、記念受験としてきちんと勉強をしていない人も含まれていますし、なかには途中で離脱してしまう人だっています。
だから合格率8%と聞いて、「そんなに難しいならやめておこう」と思ってしまったら、もしかしたら合格していたかもしれないという自分の可能性や未来をつぶしてしまうことになります。

こうした経験から、データや統計といったものは鵜呑みにしないほうが良い、
本気でそれを目指している人の成功率はもっとずっと高いはず、というのが金川顕教さんの考えるところです。

金川顕教さんのところへ「稼ぎたい!」と教えを乞う人は、金川顕教さんに「やるからには年収3000万円くらいの高い目標を持つ」ように言われるそうです。
ほとんどの人はそう言われて「無理!」と答えるそうですが、統計的には年収3000万円になるのは東京大学に合格するより6倍簡単だといえるそうです。
あくまで統計上ですが、なんだか実現できそうな気もしてきますよね。

結局データや統計なんてものはあまりあてにできません。
どのくらい本気でやるかやらないかが全てで、結果なんて自分自身でどうとでも変えられるはずです。

やるかやらないかの問題を、確率が低いからと言い訳に使ってはいけないですね。
今後は気を付けます(笑)

集中

金川顕教さん、なんとLINE@の友達が3万人を超えたそうです!
3万人って…ただただすごいですよね。
今後も金川顕教さんの情報発信を楽しみにして待ちたいと思います。

 

ところで、今回はコミュニティについて金川顕教さんに寄せられた質問のことを紹介したいと思います。

「金川顕教さんのコミュニティに入ろうと思っているけど、もう別のビジネス関連の塾にも入っていて…。いろんなコミュニティに入ったほうが良いのか、それとも1つのところで頑張ったほうが良いのか?」

というような質問だそうです。

みなさんはどっちがより成功しやすいと思いますか?

いろんなノウハウを身につけたほうが有利なんじゃないか!?と思っちゃいますが、金川顕教さんは「どちらか1つを選択して集中したほうが良い」と答えています。

ことわざでもあるように、「二兎追うものは一兎も得ず」なんですね。
2つ以上の選択肢にパワーを分散させてしまうよりも、1つに集中した方が断然成功しやすいそうです。

そして大切なのは「集中」を持続させること。

もし途中で失敗したとしても、そこで何かと理由をつけて諦めてはいけません。
どうして失敗したのだろうと原因を考え、その結果から今後どうすればいいかという対策を立てればどんどん成長していくことができます。

金川顕教さん自身、原因、結果、対策を続けてきたからこそ成長があって今の成功があるんですよね。

何も行動せずにいたらまず成功はあり得ません。
こうなりたい、この人は成功できて自分が成功していないのはなぜだろう?
常にそういう思考をもって、1点集中型で突き進むことを目指したいです。

毎回金川顕教さんからは成功するためのマインドが出来上がっているかチェックが入る感じで身の引き締まる思いがしますね!
それすらもう快感ですけど(笑)

 

↓金川顕教さんの物販コミュニティについて無料相談ができます。