吉本騒動

先月からずっとテレビでは吉本の騒動を報道していますね。
他にも色々と大事なニュースがあるはずですが、情報番組ではこぞって取り上げています。まぁ数字(視聴率)が取れた方がいいからでしょうね(笑)

最初は宮迫博之さんや芸人さんが反社会的勢力のパーティーに参加したというような報道が出て、宮迫さんがギャラを貰っていないというウソをついたことから宮迫さんへのバッシングが猛烈な勢いでされていたと思います。
それが一転、宮迫さんと田村亮さんが捨て身の覚悟で挑んだ会見から世論がぐるんとひっくり返って吉本への批判になっていきましたね。

この吉本騒動については複雑な問題がいろいろと混ざってしまって論点がずれていってる感じがしますが、それよりも世間の反応というものがこうも変わるか!という点ですごく興味深かったです。

今回の吉本騒動だけでなく、今までの芸能人の不倫スキャンダルだったりいろいろな問題が報道されると必ずといって猛烈に叩く人が現れます。
テレビでそういう報道がされると世間もそれに流されて、洗脳されているかのように「○○が悪い!」みたいに言い出します。
そういう時に毎回ある種の恐怖を感じます。
「悪」とされるターゲットに向かっていく熱量というか、負の力ってすごいですね。
本当のところは当事者にしかわからないのに、周りが必要以上に騒ぎ立てているところがあります。

芸能人や有名になった人には「アンチ」が出てきていろんな悪評をいたるところでまき散らします。
インターネットやSNSの普及で、実名や顔を晒すことなくできるからより悪化しているような気もします。

そういうのって妬み・ひがみ・嫉みの裏返しだから、すごくカッコ悪く感じます(笑)自分はこの人がうらやましくて仕方ありませーん!と言っているようなものですよね。

金川顕教さんも起業家として有名ですから、いろいろ書かれていたりするそうです。でも本人はそういうのをいちいち気にするのは時間の無駄だと言っています。

有名になればなるほどいろいろな声が出て来るのは仕方ありません。
自分のメンターにしたいという人がたとえ批判だらけだったとしても、本当のところは自分で関わってみないと分からないですよね。
なにしろ世論はころころ変わっていく不確かで勝手な物ですから。

百聞は一見に如かず。
どんな噂話よりも、一度対面して自分で見て聞いて感じること。
それを大切にした方がいいなと感じました。

吉本騒動も、なるべく早く収束するといいですね(笑)

ながら運動で姿勢UP

突然ですがあなたは姿勢が良いですか?それとも悪いですか?
電車に乗っている時や街で歩いている時、信号待ちをしている時、周りを見渡すと猫背でスマホに目を落としている人ばかり目に入ります。
そんな人ばかりの中でびしっと背筋を伸ばして本を読んでいたり歩いている人がいると、いい意味ですごく目立ちますよね。
姿勢って本当に大事だと思います。
姿勢がいいだけでなんとなくスマートでカッコよく見えますよね。
逆に猫背だとなんだか自信がなくておどおどしていたり、不健康そうに見えてしまうから不思議です。

でも、ふだんデスクワークをしているとついつい前のめりになって気が付くと背中がばっきばきにこり固まってしまいます。
金川顕教さんもビジネスを初めたばかりの頃は、それまで机にかじりついて勉強に没頭する生活を何年も続けていたせいで、基本姿勢が猫背気味になっていたそうです。だからその頃のセミナーに参加したことがある人に「昔の金川さんは少し体が悪そうなイメージがありました」と言われたそうです。
金川顕教さんはそう聞くより前に自分で「出来ることから改善しよう」と思い、発声練習をしたり、身なりを整えたり、姿勢の改善にも取り組んでみたそうです。
そして姿勢を改善する前後ではセミナーの反応に大きな違いがあることにも気づいたそうです。

人と関わるビジネスにおいて、姿勢の良し悪しはとても重要視されています。
中国の調査によると、姿勢がいい人と悪い人では生涯収入が日本円で5千万円以上も変わるという研究結果まであるそうです。
5千万円だなんてびっくりですよね!?

つまり姿勢がいいことで自信ややる気といったいいイメージを相手に与えることができるので、人前に立つことがある人は自分の姿勢がどうなのか一度鏡で確認してみましょう。

しかし、いい姿勢をずっとキープするのはなかなかしんどいです。というのも悪い姿勢を体が覚えてしまっているから使う筋肉が違っていたりするんですね。最初は辛いかもしれないけれど、繰り返し繰り返し体に覚えこませることで正しい姿勢を身に付けることができます。

金川顕教さんは姿勢をよくするためにわざわざ時間を割くことはなかったそうです。ではどうやって改善したかというと、日常生活の中で「ながら運動」として取り入れていったそうです。
特に効果があったのは「片足立ち」だそうです。
歯磨きをしながら、本を読みながらなど何かをしながらかかとをきちんと地面に付けて片足で1~2分ずつ立つだけ。立つだけと言いますが、これもなかなか慣れるまでうまくバランスが取れなかったりします(笑)
片足立ちが安定するのはきちんと背筋が伸びている状態の時なんだそう。
だからこの片足立ちを1日の中で何度か取り入れるだけで早ければ1週間で効果が期待できます。

姿勢を正すだけで印象も収入もアップするなら、今すぐ片足立ちをしましょう!

燃え尽き症候群

「燃え尽き症候群」って言葉、一度くらいは聞いたことがあると思います。
一生懸命ガムシャラに頑張っていたことが達成できた時、逆に達成できなかった時にも感じる虚脱感とか徒労感のことです。
自分の同級生にも過去に市内の有名な進学校へ合格したのち燃え尽き症候群でおかしくなってしまった人がいました。その後彼がどうなったのかは知らないんですが、この燃え尽き症候群はひどい場合にはうつ病に発展してしまうこともあるそうなのであまり軽視できないですね。

金川顕教さんは今まで多くの人にビジネスや投資を教えてきました。そしてその中で燃え尽き症候群になってしまった人も数多く見てきたそうです。
仕事や副業や趣味などなにかに一生懸命取り組んでいる人には、誰だって起こり得る燃え尽き症候群。
金川顕教さんが「燃え尽きないための3か条」を教えてくれているので紹介したいと思います。

まず1つ目は『脳を休ませる』こと。つまり休憩をとるということです。
燃え尽き症候群になる人はとてもまじめな人が多いそうです。そのため休憩せずに根詰めて取り組んでしまう人が多いとのこと。
睡眠時間を削って休憩もせずにただひたすらパソコンや机に向かっていても、どこかで無理が出ていい結果には繋がらないですよね。
適度に体を動かしたり昼寝をしてみたり、瞑想したりすると頭が休まって心も体もスッキリします。
特にインターネットは多くの情報を得られる分脳も疲れてしまうので、スマホやパソコンに一切触らないという時間を作るだけでも効果があるそうです。

そして2つ目は『仕事をする場所を変える』こと。仕事をする場所を変えられる職種の人はぜひ実践して欲しいことだそうです。
どこに行っても同じ仕事の延長上にある起業家とかフリーランスの人は燃え尽き症候群になりやすいんだそう。だから場所を変えて常に新鮮な気持ちで働けるように心がけているそうです。
家で副業をしている人は、部屋を変えてみたりたまにはカフェや図書館にでかけると効果があるそうです。

最後の3つ目は『1日1回は「NO」と言う』こと。
1つ目でも書いているように燃え尽き症候群になりやすい人はまじめな人が多いので、「出来ません」「No!」という言葉を言えないタイプです。
自分のキャパシティを超えた仕事を依頼されても、嫌だ出来ないと言えないがためにオーバーワークをして疲れてしまいます。
自分自身の身の程を知って時には「できません」という勇気が必要だそうです。
これを克服するのはなかなか難しいと感じる人もいるかもしれませんが、自分の心身の健康のために少しずつ努力した方がいいですね。


以上が燃え尽き症候群にならないための3か条でした。
なにか一生懸命に取り組むことがあるのは幸せなことだと思います。
でも頑張りすぎて燃え尽きてしまったら意味がありません。
今までの努力を無駄にしないためにも、適度に力を抜きつつ新鮮な気持ちで取り組んでいきましょう!

パートナー

金川顕教さんがビジネスパートナーを募集しているという話を以前記事で書いたことがあります。
金川顕教さんの公式サイトを見てみると現在も募集しているようで応募方法が書かれています。気になる方はぜひご覧ください。リンクを貼りつけておきました。

さて、一人で起業してここまで有名になった金川顕教さんがなぜビジネスパートナーを募集しているのでしょうか。
それは、ビジネスパートナーがいれば行き詰った時にモチベーションを上げてくれたり、自分にはないアイディアをくれたり、仕事が楽しくなって作業効率が上がるといったシナジー効果を得られるからでしょう。

世の中にたくさんいるビジネスの成功者たちもきっと一人でやっているわけではないと思います。
シナジー効果が得られる優秀なビジネスパートナーがいるからこそ成功できたと言っても過言ではないでしょう。

もちろん一匹狼のように一人で成功している人もいるかもしれませんが、一人でやれることには限度があるし、なにもかも自分で抱え込むと時間的自由が無くなってしまうかもしれませんね。

大きな成功をしたいかどうか、できるかどうかは「優秀なパートナー」を見つけることができるかどうかにかかってきます。
でも、優秀なパートナーってどう探したらいいでしょうか。
気が合ったとしても実は足を引っ張るような人かもしれないですよね。
「優秀なパートナー」の見極め方って難しいと思ってしまいます。
でも、今までたくさんの人と関わってを成功してきている金川顕教さんが「優秀な人材の条件」を書籍にまとめてくれたからもう安心です!(笑)

『金川流人材募集要項』という書籍には、優秀な人材の45の条件が記されているそうです。かなり具体的に要項をあげているそうなので、周りに当てはまるような人がいないか探しやすいでしょう。
そして何より自分自身はどうなのか、どのくらい当てはまっているのか顧みることができそうです。

金川顕教さんの目から見る優秀な人の条件、とても気になりますね。
優秀なビジネスパートナーを得て、お金と時間の自由を得るためにぜひお役立てください!

『金川流人材募集要項』を購入するにはこちらから

7月開催のセミナー情報

早いものでもう7月に入りましたね。
連日の雨でジメジメと蒸し暑く不快指数も高そうな日が続いていますが、そんな時こそエネルギッシュに行動したいと思います。
さて今回は金川顕教さんの公式サイトに掲載されている7月開催のセミナーについて紹介したいと思います。

【初心者のための不動産投資セミナー】
◇日時:2019年7月13日(土)14:00~17:30
◇会場:東京某所
◇価格:3000円
◇定員:10名
◇講師:久保田さん・藤本さん
◇内容:初心者のための不動産投資セミナーです。特にまだ物件を持っていない未経験の方や、これから物件を購入しようと思っている初心者の方におススメのセミナーのようです。不動産投資家仲間のコミュニティで、11名の講師陣が感じる実際のメリットやリスクなどリアルな運営の実態が聞けるチャンスです。16:00~は個別相談会とのことなので、始めたいけどいろいろ聞いてみたいという人はこのチャンスを活用してください。ちなみに18:00~は懇親会もあるようですよ。
参加希望の場合は金川顕教さんの公式LINE@へ『 7月13日、初心者不動産セミナー、東京 』とメッセージを送ってください。

【副業で10万円、脱サラ目指して30万円、更に稼いで自由を手にする為の物販セミナー】
◇日時:2019年7月14日(日)14:00~17:00
◇会場:東京某所
◇価格:3000円
◇定員:20名
◇講師:中平さん・田渕さん・野田さん
◇内容:しっかり勉強して臨めば初月から5~10万の収益を稼ぎ、その後も安定的に稼ぎ続けることができる物販ビジネス。そんな物販ビジネスを始めたい方や、やっているけど思う様に収益が出ない、伸ばしたいと言った人向けの物販ビジネス入門セミナーです。セミナー参加者には個別に丁寧に教える時間を設けてくれるそうなのでこの機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
参加希望の場合は金川顕教さんの公式LINE@へ『 7月14日、物販セミナー、東京都」』とメッセージを送ってください。

金川顕教さんの公式LINE@の追加が済んでいない方は以下URLから追加できます。 http://line.me/ti/p/%40rgt0375y

今のところセミナー情報は上記2件でした。
以前にも開催されたセミナーですので、前回参加できなかった人にとっては嬉しいチャンスですね。
参加希望の場合はなるべく早めに行動をしましょう!

怒らない人の頭の中

怒らない人の頭の中ってどうなってるんでしょうか。
小さいことから大きなことまで一日のうちに一回はイライラしたり怒ったりしている気がする自分からすると、いつもにこにこして穏やかな人って別の人種じゃないかと思ってしまいます(笑)
他人から「そんなこと気にしなけりゃいいじゃん」と言われるようなことでも、どうしても自分の中でうまくやり過ごすことができなくてイライラむかむかしてしまう、そんな自分に疲れてしまうこともあるんですけどね。

昔から「短気は損気」と言いますが、やっぱり普段からイライラしがちな人はかなり損をしているようです。
誰だってすぐ怒るような人とは一緒にいたくないし、イライラする分ストレスもたまりやすいので健康にも悪影響でしょうね。

「怒り」の感情をどうコントロールするか。
もっと他者とのコミュニケーションを円滑にするため、仕事をスムーズに進めるため、ストレスを減らし健康になるためには、感情のコントロールが上手でないといけません。

金川顕教さんはここ10年以上怒っていないと言います。
それってすごいことですよね。
金川顕教さんのように他人から見て成功している人は、それだけいろんな人からの妬みや嫉みもたくさん受けていると思います。
でもそんなものにいちいち腹を立てたりしない器の大きさを感じますよね。だからこそ金川顕教さんは成功できたんだと分かります。
金川顕教さんだけでなく、成功している人は「怒らない人」が多いようです。
だからこそ人が集まりシナジー効果でどんどん成長していくのでしょうか。

仕事をする上でもプライベートでも日常において役立つ「怒り」の感情のコントロール法。身に付けたかったら『 怒らない人の頭の中 』という金川顕教さんの書籍を読むべきです。
自分も絶対読みたいというか読むべき一冊だと思っています(笑)

周りからいつもニコニコして穏やかな人だと思ってもらえるように、豊かな人生が送れるようにぜひ身に付けたいスキルです。
自分のように毎日何かイライラしてるなっていう人はぜひ読んでみましょう。

『怒らない人の頭の中』を購入するにはこちらから

書籍を購入すると専用の限定動画がプレゼントされるそうです。
お手軽に行動できて自然と結果が変わっていく具体的な策を体験談を交えてお届け、ということなのでこれも気になりますね!
本を購入したことがわかる写真を金川顕教さんのLINE@へ送ればプレゼントが受けられます。毎度おなじみの豪華な特典、楽しみです!

頭のいいバカ

あなたは「バカ」と言われたら嬉しいですか?
いやいやそんなわけないでしょう、と思いますよね。
逆に「頭がいいね」と言われて「嫌味を言っているのか!」と本気で怒るような人もいないでしょう。
でももしそんな人がいたとしたら?
その人は絶対になにかしらのことで結果を出しているはずと金川顕教さんは言います。

保育園幼稚園の頃からお受験したり小中高と遊ぶ暇もなくずっと勉強漬けで一流大学・一流企業に進んだ人には「頭の良さ」では敵いません。
でも、頭が良くないと人生成功することができないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
一流企業でもらっているお給料の何倍も何十倍も稼いでいる起業家が最終学歴が中卒だとかはざらにあります。
「頭の良さ」では勝っていると思われるのに、どうしてこうも差が出るのでしょうか?

それはそういう成功者が「頭のいいバカ」だからです。
頭がいいというのとバカだということは真逆なんじゃないかと思いますよね。
一見矛盾しているような「頭のいいバカ」とはいったいどういうことでしょうか。

その答えはこの本を読めばわかるでしょう。
金川顕教さんの新しい書籍『頭のいいバカになれ』
この本はマンガで書かれているようなので、活字が苦手な人でも読みやすいはずです。

人生を好転させたい、そのためにはどうすればいいのだろうか。
これからの時代、経済的にも人間関係的にも時間的にも最も自由を手に入れられる人種だと金川顕教さんが確信している「頭のいいバカ」、これになるしかないでしょう。
そうしたらいつか「お前バカだな」と言われて喜んでいる自分がいるかもしれませんね。

『マンガ 稼ぐ人に共通する、最強の法則 頭のいいバカになれ! 』を購入するにはこちらから

知って得することはない

「知って得する○○」みたいなキャッチコピーを耳にしたり目にしたことはありますか?結構使われるこの言葉ですが、金川顕教さんに言わせたら、知ることで得するということは残念ながら間違いだそうです。

情報弱者にならないようにとか副業で稼ぐためにとか脱サラして起業するためにとかいろんな理由がありますが、人はたくさん本を読んだり教材で勉強したりセミナーに参加したりして知識をどんどん蓄えていこうとします。
そしてそれだけでかなり達成感のようなものを感じてしまいます。まだなにも達成していないのに(笑)

もちろん知識を持っているか持っていないかだったら、持っている人の方がいろいろと有利なことはあるかと思います。
だけど実は偉業を成し遂げている人がみんな物知り博士かというと、そうではないみたいですね。

知識は持っているだけでは何の意味もないんです。
「使って」初めて効果を発揮するものです。

本を読んだりニュースを見たり、教材で勉強したり、たくさん知識を得ているのは何のためでしょうか。
そこで学んだことを自分の中に落とし込んで、実践してみて初めて知識が活きてくるのです。
知識は使ってこそ得をするということですね。

石橋を叩いて渡るような性質の日本人は何か行動を起こす前に下準備を一生懸命にしてしまいます。
時には石橋を叩きすぎて壊してしまうくらいです(笑)

全く準備をせずにというのもどうかと思いますが、使わない情報収集には何の意味もありません。
どんどんどんどん知識だけを積んでいくのではなく、使える分の情報を得たら実践してみて、また次の使える情報を集めていくというやり方の方が遠回りのようで案外目指すところに早く到達できることでしょう。

頭でっかちになりすぎず、もっと身軽に飛び込んでみましょう。
この目まぐるしく変わっていく世の中、情報もどんどん変わっていくことですし、その都度アップデートしていくつもりでとにかく「使わにゃ損損!」ということですね。

変わるためには

現状に何か不満や不安があって今のままでは嫌だ、変わりたい!と思ったことはきっと誰にだってあると思います。
でも実際に「こうなりたい」と思い描いたように変わることができた人はというと…おそらくそんなに多くないかもしれません。
変われた人と変われなかった人の違いは「本気度」に差があったからでしょうね。

金川顕教さんはよく、
思考を変えれば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、結果が変わる。

と言っています。
変わりたい!と思ったら、変わるために行動をとりますよね。
身体を鍛えたいと思ったら筋トレを始めたり、太っていたらダイエットしたり、英語が話せるようになりたいと思ったら本を買ったり。
そうした行動を習慣にできるかどうかが結果の分かれ道です。
でもそれがなかなか難しいところです。
三日坊主という言葉もあるように、最初の熱い想いはどこへ行ったのやら、という人はいっぱいでしょう(笑)
習慣化するためには、例えば自分で筋トレするんじゃなくてジムに入会してトレーナーと一緒にやるとか、英会話でも教室に通うとかした方が「費用」が発生している分取り組む意識も変わるだろうし、毎週○曜日はジムや教室に通うことがスケジュールに組み込まれます。
だから自分の何かを変えたかったらそれ相応の金額を自分に投資する方が絶対に成果があらわれやすくなるはずです。
金川顕教さんはどんな投資よりも自己投資が一番リターンが大きいとも言っています。
せっかく思考が変わる切っ掛けがあったのなら、そこが人生の分かれ道だと思って行動、習慣を変えていくための努力をしましょう。
もちろん結果を出すためには月に数回だけ習慣を変えるよりも毎日取り組めた方が結果が早く出ることは言うまでもありません。
何も一日に何時間も続けてやれと言っているわけではありません。
例えば朝30分、夜30分ずつで十分のようです。その方が集中できるし効率的なんだそうです。
たった30分ずつだったら毎日捻出できそうですよね。
金川顕教さんは朝の30分の内の10分に「やらないことリスト」を作っているそうです。一日の作業で必要なもの必要のないものをあらかじめ分けておけばとてもスムーズに作業が進みそうなのでぜひマネしたいものです。
そして夜には一日を振り返ってそれぞれの改善点や反省点をまとめているそうです。この作業もとても大事なものですよね。

それでも少し難しく感じるのなら朝か晩どちらかの30分だけというのを続けるようにしてもいいかもしれません。
ハードルを下げてでも、毎日きちんと積み重ねることができたらそれが自信となって次のステップに進む意欲も湧いてくるでしょう。
何も意識しなければただただ過ぎていってしまう毎日。
そんなもったいないことをせずに、行動を変え、習慣を変え、結果を思い通りに変えていきましょう!

ビジネスの男性?女性?

あなたはビジネススタイルに「男性性」「女性性」の二つのタイプがあることを知っていますか?
恥ずかしながら自分は全然どういうことか分かりませんでした。

ビジネススタイルのタイプは、持って生まれた性別ではなく、(※今の時代LGBT様々な性の価値観が浸透しているけれど、ここでは男性、女性とさせていただきます。)それぞれの性がもつ特性のことを指しているそうです。
だから男性だけど女性性の強い人もいれば、女性だけど男性性の強い人もいるということです。

詳しく説明すると、男性性が強い人というのは一つのことに時間と意識を集中して、リーダーシップを発揮し、全体をぐいぐい引っ張っていくようなタイプのビジネススタイルをとります。
これに対し、女性性が強い人は他人との協調に重きを置き、仕事も情報も報酬もみんなでシェアしながら同じ時間の中で複数のことをこなしていくビジネススタイルをとります。
よく女性は食事でもみんなでいろんなものをシェアしながら食べるイメージがありますが、男性は自分が頼んだものは基本自分だけが食べる節がありますよね。そんな感じでしょうか(笑)

一昔前はどちらかというと強いリーダーシップをとれる人が優遇されていたかと思いますが、時代が変われば求められる人材も変わっていきます。
現代社会では、多くの人と協調しながら問題を解決していくという「女性性」の強い人がより求められていると言います。

自分はそんなコミュニケーション能力高くないと焦っている人。
SNSなどでいろんな人とうまくコミュニケーションを図り、協調や共有というスキルをどんどん磨きましょう。

もしあなたが起業を考えているのだとしたら、男性性的に一つのことに集中して業績を伸ばそうとすることも一つの方法ですが、失敗した場合のリスクや効率を考えるとあまりいい方法とは言えなさそうです。
それよりも、女性性的に同時にいくつもの事業を立ち上げ分散型にすることで無駄な時間やリスクを回避することができるし、いろんな人と繋がることでシナジー効果だって得られるといういいこと尽くしです。
もちろん一概には女性性的に分散型でやる方がいいと言えませんが、金川顕教さんとしては自身を振り返った時に一点集中でなかったことが事業の拡大や成功につながったと感じているようです。

働き方が一つから「複業」にシフトしていくこれからの時代。
その場で求められているのはどんなタイプの人か見極め、柔軟に自分を変えていける力を身につける必要性がありそうですね。