後か先か

8月ももう終わりです。
この時期になると、小学生時代に夏休みの宿題を慌ててやっていたことを思い出します(笑)

人には先に楽をして後で苦労するタイプの人と、先に苦労をして後で楽をするタイプの人がいます。
散々遊んで夏休み終わりに慌てて宿題をするか、7月中におおむね終わらせるかという感じですね(笑)

当然ながら、金川顕教さんや彼のビジネスパートナーは後者です。
朝から晩まで仕事にストイックに取り組んでいるそうです。
何故かというと、今は頑張れていても年齢を重ねると体力的にキツくなるからだそうです。

やりたいことがあっても、後回しにしていてはやれる時には体力が追いつかないことも考えないといけません。

苦労をするのが好きな人間はいないと思います。
だから後で大変な思いをすると分かっていてもついついやらなければならないことから目を背けてしまうのでしょう。

でもやはりそういう人はビジネスの上では不利になること間違いありません。
大変な作業こそすぐに取り掛かれるようなメンタルの強さが、他の人との差を生みます。

最近では老後2000万円問題とかありますよね。
今のうちに苦労してでも収入源を増やしておかないと、将来今と同じような生活を送ることは不可能でしょう。
消費税が上がって物価も上がって、自分たちが老後を迎える時、世の中がどうなっているかは分かりません。
年金制度も支給年齢が引き上げられる可能性は大いにあります。
医療の発展により寿命が延びている分、必要なお金も変わっていくでしょう。

結局のところ自分を守れるのは自分自身です。
アリとキリギリスのように、先に楽をしていると後で痛い目に遭います。
その話を教訓にして、なるべく若いうちに苦労をするよう、自分の行動を変えていきましょう。

金川顕教さんはいいます。
「これからの人生で一番若い”今日”が絶好の機会だ」と。

昔のように苦労しないよう、自分も変わっていこうと思います。

ついテレビをつけてしまう人へ

1日24時間しかない貴重な時間を無駄にしてしまうもののトップに来るであろう、テレビやスマホ。
ほんのちょっと見るつもりが気が付くと何時間も経っていたという経験はきっとあるはずです。
特に見たい番組があるわけでもないのに、帰宅をすると必ずテレビをつけてしまうのは何故なんでしょう(笑)
ニュース番組ではなく、バラエティー番組をつけているとつい見てしまって1時間、2時間経つのもあっという間ですよね。

もしあなたに他にやらなければならない大切なことがある場合、テレビの誘惑と戦わなければなりません。
それに打ち勝つ簡単な方法が金川顕教さんのブログに書かれていたので紹介しようと思います。

「コンセントを抜いて、リモコンを別の部屋に置く」

はい、たったこれだけです。
金川顕教さんいわく、人はとても面倒くさがりな生き物のようです。
ついテレビをつけてしまう人、実は無意識にやっていることなんです(笑)
でも、テレビをつけるためにコンセントを差してリモコンを別の部屋に取りに行くというアクションをしなくてはいけないと、「めんどくさ」「まあいっか」と思いますよね。

これで無意識にテレビをつける習慣をやめることができます。
そしてこれはいろんなことに応用も可能だそうです。

自分は寝る時枕もとで携帯の充電をしますが、つい携帯を触ってしまってなかなか眠れないという悪い癖があります。
そういう人は携帯の充電を別の部屋でやるようにすれば、寝る時に触ることがなく睡眠時間を邪魔しないでしょう。
携帯のアラームを設定している場合、別の部屋に止めに行かないといけないから二度寝の心配も減りそうですね!

ちょっとした工夫で自分の時間を奪うものから時間を守れそうです。
その大切な時間を、スキルアップのための勉強やリフレッシュなどで有意義に使えるようにコントロールしていきましょう!
また金川顕教さんの暮らしのヒントやコツをみたら紹介したいと思います!

自分の選択に責任を持つ

あなたは自分の選択に責任を持っていますか?
例えばうまい儲け話を聞き、多額の投資をしたけれど実は騙されてお金を失ってしまった…。
そんな時、ついついだました人を責めたくなるものです。
実際に訴訟を起こす人もいますしね。

そんな話に、金川顕教さんは「どうなの?」と疑問を感じることがあるそうです。
もちろん人を騙してお金を取り上げる人が悪いけれど、騙される側にも責任があるのだと。
何故かというと、どんな投資でも必ずリスクやリターンがあるものです。
リターンは多くないけれどリスクも少ない投資法で堅実に稼ぐ人もいれば、ハイリターンを狙ってハイリスクな投資に挑戦する人もいます。
その投資にはどんなリスクがあるか、リターンはどれくらいかを吟味してのるかそるかの選択をするものです。
だからこそ、どんなことが起ころうとも自分でした選択にはきちんと責任を持つべきだと金川顕教さんは考えているそうです。

何か自分にとって嫌なことや不本意なことが起こったとき、人や環境のせいにするのは簡単です。
でもそれでは反省して次への教訓にすることは出来ません。

何が起こってもそれが良いことでも悪いことでも自分のせいにできる人は、そこから何かを学び取り、教訓を得ることができるのです。
普段の自分はどうか一度振り返ってみて、もし人のせいにばかりしているのならもう少し謙虚になる必要がありそうですね。

知って得することはない

「知って得する○○」みたいなキャッチコピーを耳にしたり目にしたことはありますか?結構使われるこの言葉ですが、金川顕教さんに言わせたら、知ることで得するということは残念ながら間違いだそうです。

情報弱者にならないようにとか副業で稼ぐためにとか脱サラして起業するためにとかいろんな理由がありますが、人はたくさん本を読んだり教材で勉強したりセミナーに参加したりして知識をどんどん蓄えていこうとします。
そしてそれだけでかなり達成感のようなものを感じてしまいます。まだなにも達成していないのに(笑)

もちろん知識を持っているか持っていないかだったら、持っている人の方がいろいろと有利なことはあるかと思います。
だけど実は偉業を成し遂げている人がみんな物知り博士かというと、そうではないみたいですね。

知識は持っているだけでは何の意味もないんです。
「使って」初めて効果を発揮するものです。

本を読んだりニュースを見たり、教材で勉強したり、たくさん知識を得ているのは何のためでしょうか。
そこで学んだことを自分の中に落とし込んで、実践してみて初めて知識が活きてくるのです。
知識は使ってこそ得をするということですね。

石橋を叩いて渡るような性質の日本人は何か行動を起こす前に下準備を一生懸命にしてしまいます。
時には石橋を叩きすぎて壊してしまうくらいです(笑)

全く準備をせずにというのもどうかと思いますが、使わない情報収集には何の意味もありません。
どんどんどんどん知識だけを積んでいくのではなく、使える分の情報を得たら実践してみて、また次の使える情報を集めていくというやり方の方が遠回りのようで案外目指すところに早く到達できることでしょう。

頭でっかちになりすぎず、もっと身軽に飛び込んでみましょう。
この目まぐるしく変わっていく世の中、情報もどんどん変わっていくことですし、その都度アップデートしていくつもりでとにかく「使わにゃ損損!」ということですね。