セミナーで感じた!金川顕教が成功している理由

今回は、これまでたくさんの金川顕教さんの本、セミナーに出会い感じた
金川顕教さんが成功している理由について考えたいと思います。

セミナーで金川顕教さんは毎回自分を凡人だと言っているが
ほかの人と何が違うと思いますか?運?才能?

いろんな要素があるので答えはないと思います。
成功するには少なからず運も才能もあると思います。
しかしこの言葉だけで片付けられるならあなたは負け組決定だと思います。

どんな人だって運のいい日があって、どんな人にだって人より優れた才能はありますよね。つまり上記の要素はきっかけ程度にしか過ぎないのです。

金川顕教さんの成功した理由を説明するには、学校なんかがわかりやすい例です。
受けている授業はみんな一緒!それでもテストをすれば差が出ます。
たまたま、運よくテスト前にやっていた問題集と同じ問題が出た。
勉強の才能があって同じの授業を受けていても人より理解度が上だった。

これで差が出るのも確かですが、一番差が出るのはどこでしょうか?
それはちゃんと復習したり、予習したりする努力ではないでしょうか?
1日やそこらやっただけではそうそう変わりません。
やり続けた人が知識を蓄え、結果を残していけるシステムになっています。

何が言いたいかというと、セミナーに参加し続けて思ったのが
金川顕教さんはこのやり続ける努力がすごい人だと感じました。
大学で2浪しても目指した大学に行き、1度落ちた会計士の試験もクリアして
苦手だったしゃべることも克服して今ではすごいわかりやすいセミナーをしている。
本当に努力を続けてきた人なんだとセミナーでお会いする度に思います。

スポーツに置き換えるとよくわかりますが、
この世の中に負けない人はいないと思います。
よっぽどの漫画の世界でない限りありえない世界です。

トリプル3なんて言葉が流行りましたが、プロ野球の選手は3割打てれば優秀と言われます。
10打席あったら3本ヒットを打てばいいのです。
プロの世界でさえ7回の失敗と3回の成功で成り立つ世界。

テニスの錦織圭選手は、今や日本では最強のテニス選手といえる選手ですが
戦績は311戦203勝108敗です。3回に1回は負ける計算です。

プロ野球もテニスもそんなに変わらないですが。
選手たちがすごいのはやり続けているからです。
やり続けることに意味があり、やり続ける能力が最強なんです。

ただ、スポーツ選手になることはやり続けても難しいかもしれません。
しかし、物販ビジネスはどうでしょう。
プロのスポーツ選手になることよりも簡単なことだと思っています。
100mを12秒で走れないとダメとか、筋肉がないと無理とか、偏差値60以上ないと無理とか。
そういうものではありません。

物販ビジネスなら誰でもできるんです。
実際、金川さんのセミナーをとおして、会社員や主婦の方たちが、
時間を作って物販ビジネスに取り組んでいます。

「1週間ぶりに日給1万円を達成できました!」
「やったら必ず結果が出るという言葉を信じてよかったです!」
「みんなのおかげで、やっと日給1万円を超えることができました!」

セミナーでこんな言葉もいただいてました。
この人たちもみんな結果を出せた理由は…
ただ信じて『やり続けた』だけなんです。

失敗して逃げたくなることもありますが、
成功者を見習ってやり続ける努力をもっとしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です