金川顕教 カリスマ

夢見る若者たちの若きカリスマ金川顕教さんみたいになりたい人に向けた手紙

ホント、この方をSNSの広告で見ない日は無いくらい非常に精力的に活動しているというのが第一印象。

実際は、従業員などはおかずにビジネスパートナー達と一緒にコンサルティング業やセミナー業やコミュニティ運営をされているようですね。→とても今の時代にあったビジネスモデル(店舗とスタッフを抱えている経営者は大変そう)

実際に渡しもセミナーには行きましたけどあくどいセールスなどは一切無く、とても真面目にビジネスに取り組んでいる印象。
今の地位に上り詰めることが出来たのも彼のコツコツと積み上げていった努力によるところが大きいんじゃないでしょうか。

それが若い人たちを中心としてカリスマ的な人気を誇っている金川顕教という人物像。

下記は、他のブログより転載しましたカリスマ金川さんのプロフィールになりますからご参考までにどうぞ。

プロフィール(経歴)

名前:金川 顕教
会社:株式会社Social River
役職:代表取締役
出身:三重県
住所:東京都港区六本木
年商:約5億
事業:コミュニティ運営、経営者の育成
従業員:0(外注さんのみ)
好きな言葉:何をするかより誰とするか、知覚動考、過去は幻想、他人と比べた時点で負けている

1986年三重県生まれ。東京都港区在住。立命館大学産業社会学部卒業。
偏差値35から大学進学を志し、2浪の末立命館大学に入学。
大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、 在学中に公認会計士試験に合格する。
世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。
新入社員から年収600万円が保証される生活に「これで一生安泰の人生が送れる」と思ったのも束の間、 自分自身の時間が削られていく不自由さに耐えきれず、毎日の激務をこなしながら起業のための勉強を開始する。
勉強期間中の副業で給料の10倍を稼ぎ出し、軌道に乗ってきた2013年に独立。
以来、事務所なし従業員なしの会社は年々売り上げを伸ばし、3年間で2億6600万円売り上げる。
2016年現在、4期目にして年商は5億円、粗利にして3億円を見込んでいる。
サラリーマン時代には想像できなかった「経済的」「時間的」「人間関係的」に自由な日々を送る。

著書に「Change」「2冊目 年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」などがある。

私はこれまでさんざんノウハウコレクターとして、中身が何もない情報商材やノウハウを買っては、悲しい思いをしてきました。
お金がもう底をつきたので、金川さんの運営するコミュニティには入れませんでしたが、かれはどうやら本当に本物ですね。

セミナーに行けば分かりますね。

これは、金川さんに会いたいけど勇気が出ない、コンタクト取りたいけど大丈夫かなぁ、と思っている人に向けた手紙です。
彼は、きちんと相手のことを考えて行動することが出来る人ですよ。

気になるよでしたら、無理売とかされている人は見なかったので、是非コンタクトを取られてみることをお勧めしますね。

きっと新しい人生が開けるきっかけになると思いますよ。

会計士の資格を持つ金川顕教 

元トーマツの起業家
金川顕教とは?
1986年三重県生まれ。東京都港区在住。立命館大学産業社会学部卒業。 
偏差値35から大学進学を志し、2浪の末立命館大学に入学。
大学合格発表直後から受験勉強を資格試験に切り替え、 在学中に公認会計士試験に合格する。
世界一の規模を誇る会計事務所デロイト・トウシュ・トーマツグループである有限責任監査法人トーマツに就職。 
ここで一番気になるのは、公認会計士試験に合格したという点と、あのビッグコンサルティングファームデロイトトーマツ出身という点だろうか。
そもそも公認会計士とは?
金川さんが試験に合格した公認会計士というのは、弁護士と双璧を成すほどの、
日本最難関の国家資格(士業)だそうです。
ざっくりとした資格のランク付けは下記の様な形となるそうで
弁護士
公認会計士ココ
司法書士
行政書士
社労士
税理士
中小企業診断士
などなど
とにかく最難関の士業であることに間違いはなさそうですね。
主に、公認会計士は、税理士と抱き合わせにし(自分で資格を取るか、税理士と組むか、雇うか)クライアントの会計業務や監査を一手にになうと言ったところでしょうか。
超エリート中のエリートだという事が言えますね。
そのエリート街道を捨ててまで、金川さんが起業した理由、欲したものとは?
それは仲間たちとの自由な時間や、誰にも縛られない生活だったのではないでしょうか。
この辺りは、金川さんの伝記に近い書籍1冊目チェンジでも、触れていますね。
自分が同じ立場なら、いくら忙しいとはいえ、命懸けでとった公認会計士の資格と、
超優良大手企業のデロイトトーマツを捨てるという判断はちょっと出来ないかもしれないです。
だからこそ金川さんは、誰もしない事を選んでいった結果、億万長者の仲間入りをされたんですね。
まぁ個人的には会計士金川顕教も見てみたい気もしますけどね。