起業するためのポイント

数年前から副業をする人が増え続け、サラリーマンも主婦も学生も自分の力で稼いでいるような世の中になりました。
本業と副業との収入に差が無くなったり、逆に副業の方が稼げるようになってくると、『起業』するかしないか、という選択肢が出て来るようになります。

今回は起業するのに重要な6つの袋、という金川顕教さんの話を紹介しようとおもいます。

1.スキル、能力
スキルというと企画力やスピーチ力、コミュニケーション能力など様々なものがありますが、ビジネスで成功するために必要なのはこの3つ。
『商品力』『営業力』『集客力』
聞きなれない言葉かもしれませんが、
収入=単価 × 見込み客数 × 成約率
という公式があるのですが、「商品力=単価」と考えます。
モノを売る時に単価が安いものをたくさん売るよりも、単価が高いものを少なく売る方が効率が良いと言えます。
そして、「集客力=見込み客数」です。どれだけの見込み客を集めることができるかどうかが商売において重要なことだというのはみなさんご存知の通りですよね。
最後に「営業力=成約率」です。
見込み客が購入を決断するかどうかは、営業力にかかっています。

集客をするならメルカリやamazonで出品をしたり、ブログやSNSを始めるという方法があります。売れる商品は自分で作らなくてもアフィリエイトをすればいいので初心者でもすぐに始められますね。でも、営業力だけは自分で鍛えていかなければいけないスキルなので、起業を目指していて成功したいのなら営業力を磨くことを忘れてはいけません。

2.ノウハウ
自己流は事故のもと。
上手くやっていきたいのなら、上手くやっている人のやり方を真似ることが1番の近道です。それでも結果が出ないのは、ちゃんとやっていないかやり方が間違っているということ。

3.お金
お金を払うことで時間や労力やノウハウなどを一瞬で手に入れることができます。
これを投資と言いますが、投資を出来ない人は成功も出来ないと言います。

4.コネ、人脈
誰とビジネスを共にするかはとても大事。シナジー人脈術でお互いにいいものを与えあえる人とビジネスしましょう。

5.時間
時間は1日24時間と限られています。その中で副業などの自分のやりたいことに時間を割けない人が成功できるわけがありません。限られた時間の中で時間を作り出せる人が成功できます。

6.覚悟、情熱、忍耐、気の持ちよう
何事も最初からすべて上手くいくことなんて稀です。上手くいかなくても、挫折しても諦めずに情熱を持ち続けることができるかどうか、というマインドが成功に大きく影響します。

以上が起業をするのに大切な6つの要素ということです。
今自分に持っていないものがあったとしても、手に入れていけばいいのです。
全ての準備が整うまで、なんて考えていたらあっという間に人生が終わってしまいます。
起業するなら見切り発車が1番。
軌道修正は起業してからいくらでもできるので柔軟な心身をもつことが大切ですね。

整える

最近大型の台風が連続して日本に来ていますね。
各地で大きな地震が起こったりもしているので、なんだか落ち着かないものです。
幸いにも自分の周りでは大きな被害もなく済んでいますが、何かしらで被害を受けられた方が少しでも早く日常に戻れると良いなと思います。

さて、今日は「整える」ということについて金川顕教さんの教えを紹介したいと思います。

仕事で成功したり、目標を達成するためには何が必要だと思いますか?
「いろいろなスキル」と答える人が多いかもしれないですね。
金川顕教さんも、話すスキル(パブリックスピーキング)、書くスキル(ライティング)、営業力、など様々なスキルについてそれぞれ本で解説したりしています。

もちろんスキルも大切な要素であることは間違いありません。
しかしそれだけでは足りません。
仕事での成功や目標達成のためには、高いパフォーマンスを発揮する必要がありますよね。
そのパフォーマンスは、「スキル」×「コンディション」によるものだということを忘れてはいけません。
多くの人がスキルの方に気を取られてコンディションをないがしろにしてしまいがちです。
例えば、翌日の試験の為に徹夜で勉強するとか。
学生時代のあるあるだとおもいますが(笑)徹夜をすることで英単語や公式を多く覚えられるかもしれませんが、徹夜のせいで頭がぼーっとしたりテスト中に眠くなったり集中力が欠けてしまっては100%の力が発揮できません。
会社員だとプレゼン準備とかで同じように睡眠や休息を削って資料作りや発表の練習などをしている人もいるんじゃないでしょうか。

そうした人の努力はとても素晴らしいものですが、これでは高いパフォーマンスを期待することは出来ないのです。実際のパフォーマンスには、自分で思っている以上にコンディションが大きな影響を及ぼすことを覚えておきましょう。

では、どうやってコンディションを整えたら効果的でしょうか。
金川顕教さんは、「心」「脳」「身体」の3つをバランスよく整えるように意識しているそうです。
どれか1つだけではバランスが崩れてしまって良いパフォーマンスに繋がりません。金川顕教さんは浪人時代に睡眠時間を極限まで削って気合で勉強をしていたけど、「脳」と「身体」はボロボロになってしまったという経験から、公認会計士の試験勉強の時は平均6時間は睡眠時間をとるようにしたそうです。すると「心」「脳」「身体」のバランスが良くなり、良いパフォーマンスが出来るようになったそうです。

みなさんも仕事で成功したり目標を達成するためにスキルばかり磨くのではなく、自分の心や身体の状態にもしっかりと目を向け、全てのバランスを整えていいパフォーマンスに繋げてくださいね。