【15分で要約】「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55(古市幸雄 / 著)

金川顕教さんのYouTube図書館から今回は『【15分で要約】「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55(古市幸雄 / 著)』を取り上げたいと思います。
2007年にベストセラーになった古市幸雄さん書籍です。

学生時代は勉強があまり好きではありませんでした。でも大人になってから勉強することの楽しさを知った気がします。
出来ないことを出来るようにしたり、やりたいことがやれるようにするためにするのが勉強。義務教育の間は勉強はみんながやっていたことだけど、大人になってから勉強する人はとても少ない割合になっています。だから勉強を始めれば他の人とその分差をつけることができます。一流大学を出ていなかったとしても、毎日継続して30分勉強することで十分学歴のハンディは克服できるそうですよ。
でも働きながらだと勉強する時間を捻出するのが難しいと感じる人もいるかもしれません。金川顕教さんの書籍を読んだことがある人だったら想像がつくかもしれませんが、時間の捻出は実はとても簡単なことです。テレビやネットをやめればいいだけなんです。仕事から帰ってきて何となくテレビをつけたり、他人のSNSをみたり、携帯のゲームアプリを開いたり、ちょっとのつもりが意外と時間をつかっています。塵も積もれば山となるで、1日2時間テレビやネットをやめたら1ヵ月で60時間、1年で720時間もの時間を確保することができるんです。これは意識して時間を確保しようと思いますね。
人間集中できる時間は30分程度と言われています。だから集中と休憩をバランスよくとってそれを繰り返すことが大切だそうです。そしてびっくりしたのは2~3日休んでもいいということ。ただし計画や目標がはっきりしている人の場合は、ですけどね。
そして自分の目標が短期集中型なのか、長期計画型なのかもしっかり把握しましょう。
目標を達成できないのはそもそもやっていないか、やり方が間違っているからの2パターンだと金川顕教さんは考えます。自分はどうなのか振り返ることも大切です。
古市幸雄さんは英語学習についても書かれていますが、金川顕教さんとしては英語が自分の仕事に必要なら勉強すべきだし、仕事に関係がないのならもっと仕事に使えるようなスキルを磨くべきだと考えています。英語学習について気になる人は書籍を読んでみた方がいいですね。
勉強を効率よくするためには食事や睡眠にも気を付けなくてはいけません。勉強だけに限らず仕事でもパフォーマンスを落とさないためには必要なことですね。
その他タイマーや耳栓、椅子なども効率を上げるために使えるツールのようですので、いいと思ったものはどんどん取り入れましょう。

最後に金川顕教さんはこの書籍は勉強の習慣がない方に向けられた本だと紹介していました。だから勉強の習慣がなく、これから頑張ろうと思っている人や、目標が上手く達成できない人には特に参考になりそうですね。
勉強を続けるためにはなにかを犠牲にする必要があるというのは金川顕教さんも古市幸雄さんも言っています。自分の目標と目先の娯楽とを比較してどちらが大事かをしっかり考えて、目標達成に向けて30分でもいいから毎日続けること、これを頑張りたいと改めて思いました。

『【15分で要約】「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55(古市幸雄 / 著)』をYouTubeで見る!

超効率化勉強法

最新刊のお知らせです!

金川顕教さんが、ポプラ社から『すごい勉強法』という本を出版されるそうです。

偏差値35だった金川顕教さんが、いかにして10億稼げるようになったのか!?
単なる勉強法にとどまらず、時間の効率化やマインドセットなどからビジネスでのアイディアの見つけ方など超実践的な発想法までが一冊に盛り込まれているそうです!(アマゾンの紹介文から引用)

発売は6月8日、明日です!

内容も紹介しておきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第1章 「超効率的」な勉強の進め方
徹底的にパクれ!
正解を先に知ってからやる「逆算勉強法」
量からしか質は生まれない
大事なことはすぐ打ち込む

第2章 人生を変えるポジティブ勉強法
50%の情報を得たら行動せよ
大事なのはオンライン・トゥ・オフライン
凡事徹底に努めよ
パーセンテージの誤解を解く

第3章 勉強したことを無駄にしないアウトプット術
インプットの3倍のアウトプットを心がける
「教えるスキル」を身につけよう
具体的なエピソードを話す
第一印象を磨こう

第4章 成功するための時間管理法
朝30分、夜30分を捻出する
成功までに一万時間はいらない
やりたくないことを明確にする
テレビ、新聞はいらない

第5章 共に成長する仲間の作り方
人に教える喜びを知る
現代はチームの時代
理想としている人との差を感じて生きる
一番の理想は「頭のいいバカ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

金川顕教さんがこの本で伝えたいと思っているのは、「遠回りせずに最短ルートで仕事や勉強で結果を出してもらうこと」だそうです。

今までいろいろな勉強をしてきた金川顕教さんだからこそ身につけることができた超効率化な勉強法。
その中身、とても気になりますよね!
この本を読んで学んだことを、少しでも自分の日常の中に取り入れることができれば、今までとは違った結果や成果を得られることは間違いないでしょう。

自分で自分を振り返ってみても効率悪いな~と思うこと、多々あります。
時間は有限、たったの24時間しかないので、人と違う結果を得るためには時間との付き合い方、マインドの部分をしっかり持たないといけないとつくづく思います。

金川顕教さんの『すごい勉強法』、明日発売です!
ぜひ一読してみましょう!