最新刊のお知らせ

金川顕教さんがまたしても電子書籍を出版されたのでそのお知らせです!

本のタイトルは、『上司が教えてくれない売れる営業:これだけ読んでアポに行って欲しい営業入門書』。

この本は無料でダウンロードできます!

以前の記事で、金川顕教さんが「営業力」を大切に考えてサラリーマン時代から積極的に学んできたと紹介しました。
その「営業力」について書かれた1冊だというので、かなり興味深いですね!
金川顕教さんいわく、営業力は営業の仕事をしていない人でも絶対に身に付けるべきスキルだということです。

内容をざっと紹介しておくと、

第1章:なぜ「営業」という仕事に苦手意識をもってしまうのか?
第2章:まずは話を聞いてもらおう!営業がうまくいくお客様とのコミュニケーション法
第3章:今までの失敗は関係ない!営業が陥る罠を回避するテクニック
第4章:さらに顧客を増やすために、今から始めるべき4つの考え方

という構成です。

電子書籍の中には、これも恒例と言えるものですがダウンロードした人限定の特別動画のプレゼントがあるそうです!!
その量なんと5時間分くらいの有料動画がプレゼントしてもらえるということです。

kindle版
http://amzn.asia/huL81gC

iBooks版
https://itunes.apple.com/jp/book/上司が教えてくれない売れる営業/id1381848841?mt=11

ぜひ書籍もプレゼントもゲットしてください!
自分も早く内容を読んでみたいと思います!

人とのかかわり方

4月も半ばになりました。
4月と言えば新しい環境に置かれる季節ですよね。
入学、クラス替え、入社、異動など、自分を取り巻く環境がガラッと変わったり色々な人と出会える季節ともいえます。

現代社会において、人とのかかわり方で悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

何をしたわけでもないのになぜか目の敵にされ不当な扱いを受けていたり、うまくコミュニケーションがとれずに自分だけ浮いてしまっている様な気がして落ち着かない、など、集団生活の中で自分がどう位置しているのかを思い悩んでしまっている人もいると思います。

人とはどうやってかかわっていけばいいのでしょうか。

そのヒントは金川顕教さんの書籍、

『シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法』

から学びましょう。

時間の価値は命と同じ、というのが金川顕教さんの考え方です。
行きたくもない飲み会など、無駄な人付き合いは大切な命を削っているのと同じようなもの。
大切なのは、何人知り合いがいるか、携帯のメモリに何人登録されているか、ではなくて、どんな人と付き合っているか、ということです。

今自分の周りにいる人たちを思い出してみて、「この人嫌い」と思うような人がいたとしたら、今後の付き合い方を改めた方が良いかもしれません。

基本的にはきっと今まで生きてきた中である程度の人脈の整理がされてきて、自分にとって心地いいような人たちが周りにいるんだと思います。

人脈は、自分の今までの行動の積み重ねによる副産物です。

自分に合った人を見つけ、繋がって、1人でやる以上の結果を出すことができるような相乗効果をもたらすためには、自分を磨いて自分の行動を変えていくことも大切です。

運や縁に頼ってばかりでは、そうしたシナジー効果を生み出すことは出来ません。
それは結婚相手を例にしてみると分かりやすいですよね。
お金持ちの人と結婚したいと思っている女性が、縁結びで有名な神社やパワースポットへ行っているだけでは理想通りの相手を見つけることは出来ないと思います。

でも、マナーや礼儀作法を身に付け、自分を磨いて、お金持ちが集まるような社交場へ自ら赴くような女性だったら、その可能性はかなり高まると思います。

人間は誰しもいろいろなことに影響されたり影響を与えながらかかわっていくものだと思います。
悪い方へ影響されるのは簡単かもしれません。
出来ることなら、自分にとっていい影響を与えてくれる人と付き合って、どんどん自分の人生を向上させていきたいですよね。

そのためにも、どんなふうに人とかかわっていったらいいか、もっと深く考えてみるべきだなと思います。

書く技術

金川顕教さんの一生食いっぱぐれない技術という大人気シリーズの第二弾が出ました!

前作は『話す技術』というタイトルでしたが、もう読みましたか?
無料書籍ということもあり、誰でも手軽に読むことができるようになっています。
こちらも大好評となっているので、まだ読んでないという人はぜひ読んでみてください。

『話す技術』を無料ダウンロードする

 

さて、本題の『書く技術』について紹介したいと思います。
書く技術を極めることができれば、一生お金を生み出すことができます。
それも、パソコンやスマホがあればどこからでも送ることができるので、それこそ住む場所などにも縛られずにすみます。

話す技術は言うなれば人前に出てなんぼのものですが、書く技術は人前に出るのが苦手という人にもってこいのスキルだと言えます。

書く技術を活かせる仕事と言えばコピーライターを思い浮かべる人が多いと思います。
コピーライターとは、商品や企業を宣伝するために、新聞や雑誌、テレビやラジオ、ウェブサイトなどに使われる文言を書く人のことです。
有名なコピーライターと言えば、ゲイリー・ハルバートやジョン・カールトン、日本で言えば糸井重里さんなどを知っている人がいるかもしれません。
アメリカでは1日で1億稼ぐことに成功したコピーライターがいるなど、書く技術が稼ぐ力のすごさを感じますよね。

金川顕教さんの友人のコピーライターも、年に数回コピーを書いて年収1億稼いでいたりします。

コピーライターとしてでなくても、もし自分自身のホームページなどで商品を販売していたり、情報商材などをアフィリエイトするためにセールスレターを書いているような人は、この書く技術をしっかり身につけることで売り上げが大幅に変わってくることでしょう。

金川顕教さんの『書く技術』、無料書籍ですので読まないのは損です!
スキマ時間にサクッと読めて、一生役立つスキルが身につくなんて最高ですよね。
ぜひ読んでみてください。

『書く技術』を無料ダウンロードする

スキマ時間活用法

今や会社に務めながら自分でも何かのビジネスを始めている人は珍しくありません。
物販やFX、株、流行りの仮想通貨など、収入を増やす目的や他のビジネスのための資金作りという意味合いで勉強したり作業したりしている事だと思います。

自己流にしろ、どこかのコミュニティに所属しているにしろ、新しい知識やノウハウを勉強するツールとして、YouTubeの動画とか音声のデータがあると思います。
でも、1本100分とか内容が長いものだと一気にそれだけの時間を捻出しようとするとついつい後回しにしてしまうんじゃないでしょうか?
そうすると、どんどん観たり聞いたりするべきものがたまってしまうかもしれません。
たまりすぎるとモチベーションも下がってしまいがちですよね。

そういう音声データなどは、移動時間とかのスキマ時間を有効に使って勉強するようにするのがオススメです。
カリスマ起業家の金川顕教さんも、移動中や待ち時間でひとりのときはイヤホンを付けて自己投資のためにあてているそうです。

通勤時間などで本を読むようにしている、という人もいると思いますが、混雑状況によっては本を開けない場合もありますよね。
本を読んで知識を身に付けるのも良いことですが、出来ない時は時間を無駄にしないためにも、ポッドキャストやYouTubeなどでビジネスの勉強をするようにしましょう。

まとまった時間を作れなくても、こうしたスキマ時間の積み重ねが結果につながっていきます。
短時間に集中して聞いて内容を理解するという訓練にもなると思います。

YouTubeは視聴スピードを変えることもできるので、どうしても時間が足りないと感じているのなら再生スピードを2倍速などに変更するのもオススメです。

コツコツが勝つコツ、とよく言いますが、まずは1日30分からでもスキマ時間を活用して自己投資の時間とするようにしましょう!

成功の秘訣

金川顕教さんがいろんなビジネスで成功しているのには当然のことながらワケがあります。

その成功の秘訣は、「とにかくリサーチする」「分析する」ことに力を注いでいることです。

簡単に言うと、何かを始める前には必ず成功する方法を調べてから始めるようにしているそうです。

リサーチの範囲も、ほんの10件ほどという訳にはいきません。
誤差を最小にするべく300~400のサンプルを必要とします。

でもなかなか300~400もの人に話を聞けないですよね。
そういう時には、インターネットや本を通じて情報を集めます。
集める情報は「成功例」だけでなく、「失敗例」も多く集めるようにします。

なぜなら、失敗例は同じ失敗を繰り返さないために大変有益な情報だからです。
優れた経営者は、同業者などの「失敗例」を聞きたがります。

でも失敗した話なんて恥ずかしくてなかなか話したがらなかったり、失敗するまでにコストもかかっていたりして出し惜しみする人もいたりします。
出し惜しみする人は、失敗例の価値を知っているとも言えますね。
そこをうまく聞き出せるかどうかは、ビジネスの手腕が発揮されるところです。

リサーチして得た成功例はしっかり真似て、失敗例を参考に同じような失敗をしないように気を付けること、これが確実に結果を出すために大切になってきます。

金川顕教さんがお勧めするのは、まず3日間はリサーチの時間に充てること、そして必ず4日目には何かしらの行動を起こすこと。

リサーチばかりしていて行動に起こさないのは、ノウハウコレクターと一緒です。
何事もきちんと行動に移してこそリサーチ結果の真価が問われます。

今まで、「リサーチすること」「分析すること」そして「行動すること」を徹底してきたからこその、金川顕教さんの今の成功です。

もし何か今ビジネスをしていてうまく結果が出ていないとしたら、
「きちんとリサーチはできているだろうか」
「うまくいかないのは何が原因だろうか」
という視点で、改めて行動内容を振り返ってみることが大切だと思います。

はじめからすぐに結果が出なくても、リサーチ、分析、改善を繰り返すことで少しずつだったり劇的に変化が起きてくるはずです。

成功者が実践している、「リサーチ」「分析」に力を注ぐことをぜひ真似てみましょう。

売れてから仕入れる

物販をするうえで、在庫があるから商品が売れる、というイメージを持っていませんか?
商品があるから物が売れて利益を得る、というイメージ。
実店舗だと、そういう形をとっているところがほとんどですね。
でも、商品が実際に店に置いていないけど、お客さんが購入すると決めてから取り寄せる、なんて形もとっていたりします。

ネットで販売する場合もそうです。
実店舗同様に大量に中国などのサイトから安く仕入れて、それを販売している人も多くいると思います。
でも、もし商品が売れなくなったら?
大量に抱えた在庫は、そのまま負債となってしまいます。
在庫をもって物販をするうえで、そこの部分が一番のリスクとなります。
だから少しでもリスクを減らすように、仕入れる数や仕入れるタイミング、流行などいろいろなことを考えなければいけません。

「ビジネスをするときに時にはリスクを取ることも大切だけど、基本的にリスクを極力抑えて進むのが安定的」だと金川顕教さんは言います。

その金川顕教さんがお勧めしているのは、「売れてから仕入れる」という、絶対マイナスにならないスーパーテクニックです!
大量に仕入れたりする必要がないので、ビジネスを始めるからと言って借金したり、自己資金を大量につぎ込まなくてもいいんです。
なんという逆転の発想でしょう!

金川顕教さんと言えば「無在庫転売」のスペシャリストというイメージを持っている人もいると思います。
そんな金川顕教さんがもつ無在庫転売のすべてのノウハウが1冊の書籍になりました。

その名も
『フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない!決定版 無在庫転売入門』!!

1冊1500円のこの本をしっかり読んで、ノウハウ通りに真似すれば、1ヶ月に5万円ほどノーリスクで稼げること間違いなし!!ということです。

発売は1月16日(火)です。
販売後からは品切れ状態が1週間は続くことが見込まれているので、欲しい人はお早めに!

ちなみに11日の時点で既に予約が殺到してAmazonの売れ筋ランキングでNo.1になっています!
まだ販売されていないのに1位ですよ(笑)
いかに関心が高いか分かりますね。

ビジネスするなら早く結果を出したい!
なるべくリスクなく始めたい!

と思うのは当然だと思います。
それが叶う1冊であること間違いないので、今のうちに予約するのがベストです。

Amazonのサイトへ急げ~!!!!
『フリル、ヤフオク!、Amazonだけじゃない!決定版 無在庫転売入門』

1日にやるべき仕事は3つまで

明けましておめでとうございます!
金川顕教さんがほとんど休みなくブログなどで情報発信を続けている中、
貴重な年末年始のお休みを胃腸風邪でダウンしていました・・・。
貴重な時間を大分ロスしてしまった分、これから取り返していけるように頑張ろうと決心した正月明けでした(笑)

さて、今回紹介するのは金川顕教さんのブログから「ためになる話」です。
皆さんはスケジュール管理をどうしていますか?

手書きの手帳にびっしり書き込むタイプでしょうか?
そういう方には金川顕教さんの毎日チェンジ手帳がお勧めですね!
それとも、携帯アプリのスケジュールに入力するタイプでしょうか?
スケジュールも有料のアプリ無料のアプリ合わせるといろいろな種類があると思います。

本の出版にセミナーに動画配信など多忙を極めている金川顕教さんは一体どうやってスケジュールを管理しているのでしょうか?

なんと金川顕教さんはGoogleカレンダーを愛用しているそうです。
Googleカレンダーの利点は、仕事の納期、期限を入力できること、仕事の優先度を順位付けして色別できること、星などのマークを入れられること、パソコンとスマホを同期できること、リマインダー機能(あらかじめ設定した時刻に予定を通知する機能やサービスのこと)がついていること、などが挙げられます。

手書きでTO DOリストを作っている人もいるかもしれませんが、金川顕教さんはあまり意味がないと考えているようです。
手書きの場合はいくつでも書くことが出来る分、優先度が分かり難くなってしまうからだそうです。
その点Googleカレンダーの場合はTO DOリストのタスクは1日3つが限度だそうです。

1日にやるべきことを3つに絞り込むことが難しいと感じるかもしれません。
多くの人が、やらなくてもいいことを重要な仕事だと思いこんでいる場合があります。
優先させるべき重要な仕事というのは、例えば緊急度が高いものや、目標達成につながる仕事を指します。
それをはっきりさせるためにも、やらなくてもいい仕事というものをはっきりさせることが重要です。

やることが3つに絞られて、やらないことが明確になれば自然に効率があがって成果につながっていくのです。

たくさんの仕事を抱え込んであれもこれもそれも、となっている人もいるかもしれませんが、1日で出来る仕事量はやっぱり限られていますよね。
それも質の良い内容でできる量と言ったら、そんなに多くはないはずです。

モチベーションを保ちつつ、質よく効率よく仕事をこなすためには、
1日に3つまで!!
と仕事に優先順位をつけて厳選するくせを付けるようにしましょう!!

 

という、金川顕教さんからのためになる話でした。
新年からは早速1日3つまでを意識してやっていこうと思います!!
今年も金川顕教さんからの学びをシェアしていきますのでどうぞよろしくお願い致します!

金川顕教 2chでも有名人

出版やメルマガ、LINE、アメブロなど各方面で大活躍の金川顕教さんは2chでも有名人ですね。

2chってかなり大きい掲示板ですが、基本的に批判否定しまくる掲示板ってイメージです(笑)
いろんな話題でスレッドが立ちますけど、話題に上がるような人って、やっぱり「目立つ存在」「有名人」だと思うんですよね。
つまり、「金川顕教」を知っている人がそれだけ多いっていうことなんですね。
「ただの人」ではなかなかスレッドなんて立ちません(笑)

金川顕教さんは自分に対する批判などは自分の時間の無駄になるだけだから反応する必要はないんだと書籍やブログで言っています。
多くの塾生やメルマガ購読者がいる金川顕教さんだからこそ、思うように結果が出なかったのを人のせいにして批判されたりするんだろうなと思います。

彼の書籍やブログなんかを読んでいますが、今の成功を手にしたのは純粋にひたむきな努力があったからだとわかります。
人と大きな差がつくようなものを持っているのは、人がする努力の何倍、何十倍も努力したからだと思います。

それをうらやましいと思うなら、批判をするんじゃなく、せっかく公開してくれているのだから金川顕教さんのノウハウを真似ればいいのでは?と思っちゃいます(笑)

何かと注目を浴びる金川顕教さん、今後も発言や活動から目が離せませんね。

質の良い即断即決って?

金川顕教さんのLINE通信から、質の良い即断即決についてシェアしたいと思います。

起業家や投資家の方には、突然舞い込むお金のチャンスを逃さないよう「即断即決」がきちんとできる人が多いようです。
私の知人に社長をやっている人がいますが、彼も即断即決即行動というスピード感ある生活を送っています。

即断即決ってただ単にすぐに答えを出すのでは、行き当たりばったりと言えます。
質のいい即断即決というのは、普段から自分にとって最高の選択ができるように考えを巡らせていることがカギになります。
そうした人がする即断即決は、30分以上熟考したのとかわらない判断力というような研究結果もあるそうです。

行き当たりばったりではない、自分にとって最高の選択を取り続けるためには普段からいろいろと考えておかなければいけません。

でも、何を考えたら鍛えられるんでしょうか?

その答えとして、金川顕教さんから『徹底アウトプット』という方法が紹介されました。
その方法はとても簡単。

1.ペンとメモを普段から常備しておく
2.疑問やアイディアが浮かんだらとにかく書く

たったこれだけのことをすることで、脳に普段からかかっている「思考の不可」を取り除くことになります。
すると、頭の中がすっきりと片付いてより快適に機能するようになるそうです。
そしてこれを続けることで考える力がどんどん鍛えられていくというお話でした。

机の上や引き出しの中でも不要なものを片付けて処分したりすることで作業効率が上がるように、1日に6万回ほどいろんな思考をしている頭の中も、アウトプットという方法で片付けることができるんですね。

そしてアウトプットすることのメリットとして、気付きや疑問をメモに残すことで再確認できる点もあります。
忙しく過ごしていると良いアイディアが浮かんでも時間がたつと忘れていたりします。
思い出せないのもストレスですし、いろんな気付きや疑問、アイディアを忘れてしまうのはもったいないですよね。

この徹底アウトプットには、金川顕教さんの『毎日チェンジ手帳』が活躍すること間違いありません。
フリースペースが豊富にあって、スケジュール管理も出来てしまう画期的な1冊です。

ぜひ手に入れてみてください!

毎日チェンジ手帳
毎日チェンジ手帳の購入はこちら

 

時間を生み出す方法

1日は24時間しかないというのは誰もが知ってる常識ですよね。

今の生活を変えたいとか、金銭的な自由を手に入れたいと一念発起して副業を始めてみても、会社から帰ってきて副業のために時間を割きたいのになかなか時間を取ることが出来ず思う様に進まない人は多いと思います。

だからこそ、限られた時間を上手く活用できるように考えないと、副業のための時間なんてずっと取ることが出来ないで毎日が終わっていってしまいます。

お金を稼ぐためのいろんなノウハウやマインドを提供している金川顕教さんの「理想が叶うLINE通信」で、『あなたの1日を30時間にする方法』という記事が送られてきました。
副業のための時間が上手く作れないで悩んでいたら、ぜひ参考にして欲しいと思います。


1日は4つの時間に分けることができます。

・必要最低限の時間
・目標達成のための時間
・楽しむ時間
・無駄な時間


必要最低限の時間とは、睡眠、食事、風呂、仕事などが該当します。
金川顕教さんは時間が必要な時は4.5時間睡眠を実践されていたそうです。
それよりも睡眠時間を削ると日中に眠たくなってしまうので4.5時間まで削ることが限界だったとの事です。
そこまでいかなくても、例えば8時間睡眠を6時間睡眠にするだけで1ヵ月に60時間を作り出すことができます。
また、食事を作る時間や後片付けの時間は完全に無駄な時間なので外食や弁当にしたり、お風呂も一気に頭も体も洗って流せば5分以上は短縮できるのでは?と具体的にアドバイスしています。
そして通勤時間も無駄な時間と言えるので、1番合理的なのは会社のそばに引っ越してしまうこと、だと言っています。

このように、時間は自分から作ろうと思わないと増やすことができません。
でも小さなことでも気を付けて時間を無駄にしない様にすれば、5~6時間を作り出すことは難しくありません。

そうして作り出した時間を目標達成の時間に充てることができれば、金銭的な自由を手に入れることもできます。
それまでは、自分自身が楽しむための時間を取ろうとは考えず、我武者羅にただ目標達成のために頑張るべきです。

金川顕教さんも、そうして我武者羅にやった時間があったからこそ、今は自由を手に入れる事が出来ています。
いわば生き証人です。

普段の生活の中でどのくらい無駄な時間を過ごしているのか、を振り返って、少しでも目標達成のための時間を作り出す努力をしていかないといけないですね。

僕も睡眠時間やスマホをかまいながらの食事を改めて時間を作り出そうと思います!