セルフブランディング

あなたには「ここが自分の優れているところ」と自信をもって他人に宣言できるようなところがあるでしょうか?

例えば就職活動の面接でも、その企業にとってもらうために「自分」を売り込まなくてはいけません。
自分を採用したらどんなメリットがあるのか、自分はどういう人物なのか、を他人にしっかりとアピールすることが求められます。

それは、副業などのビジネスにおいても同じことが言えます。
例えば物販などをしていると、同じ商品をいろんな人が紹介して販売している訳です。
そうしたライバルがいる中、どうやったら自分のところで買ってもらえるだろうかという問題が出てきます。たまたま自分のサイトを見てもらえたから、では、リピーターになってもらえず売り上げは安定しませんよね。
お客様に「この人から買いたい」と思ってもらえるように、自分をお客様に売り込んで、信頼関係を結ぶことが出来れば、例えば新しい商品を紹介したときなんかにもリピートしてもらえて売り上げが安定しやすくなります。

すでになにかしら自分の得意なもの専門的なものを持っているなら、そこを上手く活用してビジネスに活かすことが出来ますが、特に何も自信をもって言えるものがない、というのなら、これから作っていけばいいんです。

そのためにはひたすら勉強してインプットするという作業が必要にはなりますが、その勉強や経験、時間は必ず今後の自分の人生にとってプラスになるはずです。

金川顕教さんも、起業前は会計と監査のプロフェッショナルでしたが、公認会計士は世の中に何人もいるのでブランド力としては弱いと考え、特に投資や講演会についての本を月に100冊ほど読んで知識を増やしていったそうです。

月に100冊もどうやって読むの!?と驚く人もいるかもしれませんが、1冊1冊をじっくり読むのでは時間が足りませんよね。
金川顕教さんが実践していたのは、「はじめに」と「おわりに」の部分や、太文字
で書かれているような重要な部分に目を通すという読み方です。それだけでもある程度の内容が頭に入るそうです。その中で気になる本があれば時間をかけてしっかり読めば、月に100冊よむことも可能なんだそうです。

ここでも、常識にとらわれない金川顕教さんの人柄がうかがえますね。
たくさんの本を読んで得た知識は金川顕教さんの強みになっていると言います。

「自分」をしっかりブランド化すること。
足りないものは今からでもいいから自分の中に取り込むこと。
セルフブランディングをして、ビジネスにもプライベートにも活かしていきましょう。

完璧主義はやめましょう

ビジネスで成功出来ない人に、「完璧主義の人」がいるそうです。
ドキッとした人、いますよね(笑)

完璧主義という言葉だけ聞けば、ちゃんとしていてすごいようなイメージをもちますが、これがビジネスで成功するための足かせになってしまうんですって。

というのも、完璧主義の人は、あらかじめ失敗をしないようにいろいろと考えを巡らせ、綿密な計画を立てたりしてからではないと実際の行動に移せないなんてことありませんか?

でも、ビジネスにおいて自分の思った通りにことが運ぶなんてこと、そう滅多にありません。
行動しながら、その時その時必要に応じて臨機応変に柔軟に対応し続けていくしかありません。
完璧主義の人は、その部分が苦手だったりしますよね。
綿密な計画なんて立てている時間があったらすぐに行動することが大事なんです。

なんにでも完璧でありたい、というのは自分を苦しめることにもなってしまいます。
例えば自分には得意なこともあれば苦手なことだってもちろんあるはずです。
自分の苦手分野が得意な人だって周りにはきっといっぱいいるのに、自分一人で全て完璧にこなそうと考えてしまいがちです。
その苦手なことやよくわからないことを時間をかけてマスターしようとする分、結果を出すのに時間がかかってしまいます。
そうした時に、自分は自分にできることを、苦手なことや分からないことはその専門家や得意な人に「任せる」という選択肢を選べば、自分ばかり苦しまなくても、自然と結果につながっていくと思います。

金川顕教さんも、自分でなくてもできることはやらない、という考え方で、金川顕教さん自身にしかできないこと(=パブリックスピーキング)に集中することで売り上げなどを一気に伸ばすことに成功されています。

全部ひとりで完璧にやることに固執しないで、とにかくまずは行動してみること、それができればいろんな方面で今までとは違う結果を出すことが出来ると思います。

完璧主義な一面があるかも!?とドキッとした方は、今日から完璧主義をやめましょう。

小説

なんと金川顕教さん初めての小説が出版されるそうです!

今までもたくさんの書籍を世に出している金川顕教さんですが、自分の原点を振り返って目標に向かってどのように[change]していったのか、その過程と人間模様を克明に書いた1冊のようです…!(Amazonの紹介を引用しました)

金川顕教さんといえば「change=変わる」ですね。
金川顕教さんは自分自身で成功しているとは思っておらず、常に成長したい、挑戦したいという気持ちでいるそうです。
周りからみたら十分に成功しているカリスマ経営者というイメージのある金川顕教さんですが(笑)
ご本人は現状に満足することなく、常に向上心を持って取り組んでいるんだなーと思うと、本当に金川顕教さんの爪の垢を煎じて飲まないといけないな、なんて思います。

人間って失敗することをつい嫌がって挑戦しなかったり、失敗を隠そうとしてしまうと思います。
でも、失敗はたくさんの事を教えてくれる、今までたくさんの失敗をしたことで今があるからプラスでもマイナスでも変わり続けたい、と金川顕教さんは考えているそうです。

金川顕教さんがこの小説で伝えたかったことは、
・どん底から這い上がれるということ
・人生は紆余曲折あるということ
・マイナスをいかにプラスに考えることができるか
・自分は将来どこにむかうのか
・お金=幸せじゃないけど、選択肢を増やしてくれること
・泣いたり落ち込んだりした後どう考えたら回復、復活できるのか
・現状維持は衰退、好きなことをやる自分に変わるためには
・自分に正直に素直に生きるにはどうすればいいか
・周囲や家族、友人からの反対から逃げ出す方法

と、盛りだくさんです。
金川顕教さんの今までを振り返ったこの小説を読めば、自分のこれからの人生、生き方、在り方を考えたり、変えるためのヒントを得られるかもしれません。

金川顕教さんはこの小説を読みながら何度も泣いたそうです。
それほどまで、今までの人生を振り返るといろいろなことを経験して失敗して、這い上がってを繰り返してこられたのかな、と思いをはせています。

「自分を変えるために好きなことを好きなだけする」

これが金川顕教さんが1番伝えたかったことだそうです。

小説を読みたくなったら、Amazonで購入しましょう。
『CHANGE ~エリートへの道を捨てても僕が欲しかったもの~』の購入はこちら

※価格1,512円 発売日2018年4月26日 出版社サンライズパブリッシング

変わり続けること

金川顕教さんのLINE@を購読していた人は「あれ?」と思っていたかもしれません。
自分も、あれ?最近金川顕教さんのLINE届かないな?なんかおかしくなっちゃったのかな?なんて思っていました。
それほど、金川顕教さんはマメにLINEでメッセージを届けてくれていましたよね。
それがぱたっと2週間ほどメッセージが途絶えてしまったから、自分の携帯のせいなのか、それとも金川顕教さんになにかあったのか!?なんて心配をしていました。

そうしたら、19日についにメッセージが届きました!
読んでいる人はちょっと衝撃を受けたかもしれませんね。
なぜなら、書き出しで「今までは2日に1回投稿していました。今後は定期的な投稿はやめることにしました。」という宣言があったのです。

メッセージを楽しみにしていた身としては「え~!?」というかんじでしたが、読み進めてみてしっかりと納得が出来ました。

 

金川顕教さんは起業して7年目を迎えています。
いろんな方面で活躍している金川顕教さんですが、今後は会社経営者以外へのコンサルティングを新規に受け付けることはしないということです。
また、金川顕教さん自身がスクール事業などでセミナーをしたり個別にアドバイスをすることもないそうです。

金川顕教さんが持っている起業するためのヒントだったりいろいろなビジネスのノウハウなんかは、記事を書いたり本を出版することで読者に伝えていくそうです。そのほうが低価格で学ぶことができます。

 

今金川顕教さんは、一緒に仕事をしているメンバー、ビジネスパートナーを育てるために時間を使っているそうです。

ビジネスをしていくうえで、何に時間を使うか、誰と一緒にやるか、どうなっていきたいかという部分は大切な部分だと言います。
何事にもステップがあるように、ビジネスにもステップがあって、その都度その都度大切な部分を改めて考えたり見直すことが必要なんだと教えられます。

 

金川顕教さんは新しいことにどんどんチャレンジし続けたり、変わり続けていく素晴らしい経営者だと思います。
時代の変化などに意識を巡らせ、固定観念などを取っ払って、もっと自由にお金を稼いでいけるよう、頻繁とはいかないかもしれないけれど今後も金川顕教さんからのLINEのメッセージや発信を楽しみに待ちたいと思います。

人とのかかわり方

4月も半ばになりました。
4月と言えば新しい環境に置かれる季節ですよね。
入学、クラス替え、入社、異動など、自分を取り巻く環境がガラッと変わったり色々な人と出会える季節ともいえます。

現代社会において、人とのかかわり方で悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

何をしたわけでもないのになぜか目の敵にされ不当な扱いを受けていたり、うまくコミュニケーションがとれずに自分だけ浮いてしまっている様な気がして落ち着かない、など、集団生活の中で自分がどう位置しているのかを思い悩んでしまっている人もいると思います。

人とはどうやってかかわっていけばいいのでしょうか。

そのヒントは金川顕教さんの書籍、

『シナジー人脈術~最小限の力で最大限の成果を生み出すたった1つの方法』

から学びましょう。

時間の価値は命と同じ、というのが金川顕教さんの考え方です。
行きたくもない飲み会など、無駄な人付き合いは大切な命を削っているのと同じようなもの。
大切なのは、何人知り合いがいるか、携帯のメモリに何人登録されているか、ではなくて、どんな人と付き合っているか、ということです。

今自分の周りにいる人たちを思い出してみて、「この人嫌い」と思うような人がいたとしたら、今後の付き合い方を改めた方が良いかもしれません。

基本的にはきっと今まで生きてきた中である程度の人脈の整理がされてきて、自分にとって心地いいような人たちが周りにいるんだと思います。

人脈は、自分の今までの行動の積み重ねによる副産物です。

自分に合った人を見つけ、繋がって、1人でやる以上の結果を出すことができるような相乗効果をもたらすためには、自分を磨いて自分の行動を変えていくことも大切です。

運や縁に頼ってばかりでは、そうしたシナジー効果を生み出すことは出来ません。
それは結婚相手を例にしてみると分かりやすいですよね。
お金持ちの人と結婚したいと思っている女性が、縁結びで有名な神社やパワースポットへ行っているだけでは理想通りの相手を見つけることは出来ないと思います。

でも、マナーや礼儀作法を身に付け、自分を磨いて、お金持ちが集まるような社交場へ自ら赴くような女性だったら、その可能性はかなり高まると思います。

人間は誰しもいろいろなことに影響されたり影響を与えながらかかわっていくものだと思います。
悪い方へ影響されるのは簡単かもしれません。
出来ることなら、自分にとっていい影響を与えてくれる人と付き合って、どんどん自分の人生を向上させていきたいですよね。

そのためにも、どんなふうに人とかかわっていったらいいか、もっと深く考えてみるべきだなと思います。

会社をやめるかどうか

このブログを読んでいる人は、金川顕教さんに興味を持っているか、会社に縛られない時間的にも経済的にも自由な生活を夢見ているか、なにかしらの副業をしているか、どれかに当てはまるんじゃないかなと思います。

今まで漠然と副業で稼ぐことに成功する=晴れて会社に辞表を提出!!という流れが普通というか、それ以外の選択肢なんて考えていない自分がいました。

毎日朝早くから夜遅くまで渋滞に巻き込まれながら通勤して、上司に嫌味を言われたり理不尽なことを言われるのをこの先何十年も続けていくのか…?
そういった現状への不満から、副業に手を出す人は多いと思います。
知らず知らずネットで検索しているのは「自由」とか「脱サラ」といったような言葉だったり、「お金を稼ぐには」とか、ノウハウ系のサイトをネットサーフィンしていた経験、きっとあるでしょう(笑)

だからこそ、今取り組んでいる副業でなんとか本業くらいの稼ぎを続けて出せるようになったら本業を辞めれるんだ、というような気持ちでいました。
でも、それ以外の選択肢もあるということを金川顕教さんのブログを読んで気付かされました。
そのブログの内容をかいつまんで紹介したいと思います。

金川顕教さんの知り合いの女性で、薬剤師をしている方がいるそうです。
女性は不動産投資をしていて、5棟ほど所有し、資産も5億円程はあるそうです。
それほどの資産があれば本業の薬剤師を辞めても問題はないはずですよね。
しかし、その女性はあえて会社を辞めずに、それどころか会社内でさらなる高みを目指していると言うではありませんか。
そこには明確な理由があります。
薬剤師というのは6年制の薬学部を卒業し、かつ薬剤師国家試験に合格しなければ取得できない難しい資格です。
そういうこともあって薬剤師は社会的信用が厚く、金融機関からの融資が受けやすいという、不動産投資をやっている人からしたらとても有利な条件があります。
その女性もこの部分を重要視しているのです。
独立して会社を経営していると、一般的にはすごいなと思いますが、金融機関の融資などは会社員と比べて厳しい目で見られるといいます。
女性は、社会的信用を得るため会社で働き続けていて、融資を受けやすくするために会社内でのポジションを上げることを目指していて、融資を受けたらさらに不動産投資による経済的自由を手に入れる、というように、「なぜそうするのか」と言う部分を明確にしているそうです。

副業をして結果が出たらすぐ会社を辞めるのもひとつの手です。
でも、さらに成功を大きくするために働き続けるというのもひとつの手だったんですね。
当たり前かもしれませんが、自分からしたら目からウロコな情報でした。
どんな選択をしようにも、自分自身が、また副業をやっている一人一人が後悔の少ない道を選んでいけるといいなと思います。

メリハリが大事

怒涛の勢いで出版を続けている金川顕教さん。
その著書の中や、ブログ、メルマガなどで、金川顕教さんがふだんどんなことに気を付けて過ごしているかなどが書かれていることがありますよね。

それを見ていると、誰もが遊びに夢中になる大学生時代ですらひたすら勉強し続けたり、テレビを見なかったり、食事やお風呂、睡眠時間を究極に削っていたり…
「目標を達成する」ために、無駄な時間を一切使わないような、かなりのストイックな生活を送っていることがうかがえます。

自分自身にそんな真似が出来るか!?といったら、仕事が終わると無意識にテレビをつけていたり、スマホを見だすと気付いたら1時間以上過ぎていたり、ただでさえ少ない自由時間を無駄なことにしか使っていないような現状が。

これでは「お金を稼いで脱サラ!!」なんて到底無理ですね(笑)

かといって軍人のように厳しい規律の中で毎日生活するなんてこと、いきなりできそうもありません。
金川顕教さんの生活の中での時間節約法をお手本にして、自分にできることを1つ1つ身に付けていくしかなさそうです。
※時間節約法が書いてあるのは、例えば『これでお金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。(ポプラ社より2017年8月出版)』とか、『人生はワンダフル!(サンライズパブリッシングより2017年10月出版)』などがあります。時間の使い方で悩んでいる人がいたらぜひ読んでみてください。

金川顕教さんがいうのは、まわりが遊んでいるときこそ差をつけるチャンスだということ。
でもどうしてもやる気がでてこないときは、とことんダラダラしてしまえばいいんだと!
やらなきゃいけないけど~ダラダラしたい~と中途半端な気持ちでいるのが一番だめらしいです。
あの金川顕教さんにだってストイックになり切れない時があるようです。
それを聞くとなんだか少しホッとする自分がいます(笑)

『ストイックにならなくてはいけないときにストイックになればいい。
怠けたいときはストイックにならなくていい』

金川顕教さんのこの教えを胸に、せめてストイックにならなくてはいけないときには全力で取り組めるようにしたいと思います!

ビットコイン

コインチェックでの一件以来、なんだか仮想通貨ビジネスが下火になっているかのように感じていました。
どんどん価格は下がっていくし、すでに何らかの仮想通貨を手に入れている人は自分の購入した時に比べて価値が下がっているのをみてハラハラドキドキしている人もいるんではないでしょうか(笑)

でも、仮想通貨は長期的に見るとやっぱりアツイ存在です。

その先駆けとも言える「ビットコイン」。

今までの紙幣でのやり取りという概念を変えて、仮想通貨で売買などをするきっかけを作りました。

大手の銀行や商店もこぞってビットコインでの決済を取り入れたり、街の小さなケーキ屋さんでもビットコインでの決済が可能というくらい身近な存在になってきた仮想通貨。

今は国際社会の色々な動きによって一時期に比べて表に出てこなくなった印象がありますが、まだまだこれからビットコインで資産を増やしていくことは可能です。

たしかにビットコインが出始めた頃に購入した人のように、この先何百倍とか何万倍とかになるようなチャンスは残念ながらもう無いようです。

じゃあ、今からはどうやって稼いでいけばいいんだろうか?

その答えは、一冊の本に書かれています。

その本というのが、金川顕教さんの新しい無料電子書籍、『初心者ですがビットコインをコツコツ増やし続けるにはどうすればいいの?: 勝ち続ける新しい投資術』

 

FXのようにビットコインをコツコツと増やしていく方法を、初心者にもわかりやすく、仮想通貨とは一体どういうものか?というところから説明しているこの一冊。

仮想通貨なんて怪しい!絶対手を出さない!と頑なになっていては大損をしてしまうかもしれません。

ビットコインの出始めの時のように、みんなが疑って様子を見ている時に行動できる人はチャンスを掴んで富を得ることができると金川顕教さんは言います。

チャンスを掴みにいくか、後から悔しい思いをするかは自分次第です。

どうせ後悔するならやって後悔する方がよくありませんか?

少しでも仮想通貨ビジネスに興味を持っているなら、この一冊を読んでみることで最初の一歩を踏み出してみるのもいいでしょう!

信頼できる業者

先日のニュースで不動産投資に関するものを見ました。

その問題は、女性向けのシェアハウスを展開する会社が、不動産のオーナーに対してサブリース賃料の支払いができなくなり、オーナーたちが困っているというものでした。
サブリースというのは、自分が保有した不動産を不動産会社に一括で借り上げてもらい、経営や管理を一任する方法で、不動産会社からは諸費用を差し引いた金額がオーナーに賃料として支払われる仕組みです。
不動産投資の初心者などには、管理などの手間がないため好まれる手法で、金川さんも著書のなかでサブリースについて紹介していました。
サブリースのメリットとしては、入居率に関わらず一定の賃料が保証される点にありますが、今回問題となった会社では、この賃料を支払うことが出来なくなったというわけです。

金川さんの著書で、不動産投資について勉強したことがある人はイメージできると思いますが、不動産のオーナーは銀行などから融資を受け、それをもとに不動産を購入し、銀行へのローン返済は不動産から得られる賃料を充てる、というのが一般的です。
まとまった自己資金が無くても始められて、しかも再現性がたかく確実に利益を得られる投資法として30~40代を中心に人気の不動産投資。

僕がニュースで見た際に被害者としてインタビューを受けていた人々はまさしくそんな年代の方で、ローン返済のためにあてにしていた賃料は、その中では最長で10ヵ月しか払われていなかったり、ひどい場合は1回も支払われることなく巨額の負債だけが残っている、ということを訴えていました。

今回の場合、さらに悪いことに、その会社では銀行に差し出す書類を改ざんし、実際よりも預金額や収入額をカサ増しすることによって支払い能力を超えた額の融資を受けさせていた部分、担当した銀行で本来行われるべき原本での確認を怠っていたという問題点がありました。

またそもそもオーナーに対し噓の入居率を提示し契約をさせていたという部分も大問題です。

 

金川さんは著書などの中で、不動産投資では信頼できる不動産会社に任せることが大事と言っていましたが、まさしくその通りだなと思ったニュースでした。
ただ、自分自身では「銀行」がまさかそんな職務怠慢をするなんて思わないだろうし、「不動産会社」が噓を言っているだなんてわからないよな、とも思います。

よほどの経験者でなければ一人で始めるにはリスクが高い部分もある不動産投資。
そういうときは、経験者が豊富にいたりいろんな情報が手に入るようなコミュニティを活用するのもおすすめです。
僕だったらその方が安心できるなと思いました。

これから求められるもの

あなたは会社ではどんな立場の人間でしょうか?

入社してそろそろ1年が経とうとして、仕事にも慣れた新人の立場でしょうか?

先輩、上司という立場で誰かを教えたり指導しているでしょうか?

経営者として、利益追求している立場でしょうか?

今いる自分の立場で、自分は求められたように行動できているでしょうか?

 

金川顕教さんのラインで、「機械→主体→創造」というメッセージが届いたので共有したいと思います。

50年ほど前には、社会ではマニュアルを忠実に守って失敗せずに手早くこなせるような人材が求められていました。

でも今はそんなのは前提条件と言えるかもしれません。機械のように言われたことしかできない人は、使えない人と思われてしまいます。

あなたも指示待ち人間と仕事をしたことはありませんか?常に指示を待たれると「ちょっとは考えろ」と思ってしまいますよね(笑)

機械やプログラミングの技術が上がって、ただマニュアルをこなすだけの人は求められなくなりました。その代わりに求められるようになったのは、売り上げが上がるように効率よく仕組みや教育などを改善できる人です。

そうやって考えながら仕事ができることを最低条件として掲げられているので、それができない指示待ち人間の働くところは当然ながら限られてしまいます。そしてまた当然のように賃金などの条件は悪くなるのが一般的です。

ところが、今後はさらに高度なことが求められていくことになりそうです。

ただ現在あるものを効率よくこなすことを考えるだけでなく、新しいものを創り出すことが求められてしまうと言うのです。

背景には人工知能AIの開発と普及があります。さまざまな仕事がAIにとってかわられることが予見されていますよね。

今はまだないようなことを企画して実現させることを求められた時、どのように動けるでしょうか。

社会は技術や科学の進歩でどんどん変わっていきます。

時代の流れに乗り遅れることは、生存競争(出世とか成功)からの離脱に直結してしまいます。

常に時代の流れを意識して、新しいものを創造していける人材になれるよう日々を過ごさないといけないなと思いました。