スマホとの付き合い方

もはや身体の一部と言ってもいいくらい手放せないものとして「スマホ」があると思います。
ほんの数年前までは、スマホなんてまだまだ普及していなかったのに、いつの間にかほとんどの人がスマホを使うようになってきました。
スマホで簡単に調べ物ができたりするおかげで、家でパソコンをあまり開かなくなった、なんて人もいるかもしれません。
それとか、ゲーム機を使わなくなった、なんて人も多いと思います。

便利でなくてはならない存在のスマホですが、一方で時間をどれだけでも搾取する厄介な存在でもあります。

試験勉強をしなくちゃいけないのに、仕事をやらなきゃいけないのに、ついつい他人のSNSを覗いていたり、スマホゲームに夢中になったり、連絡が来たらやり取りを始めてしまったり・・・。
気付くと数時間という単位をスマホと過ごしていて、本来やらなければいけなかったことが全く進んでいなかった、それなのに疲れてしまってやる気もなくなってしまった、なんて経験はきっと誰にでもあると思います。
よっぽど意志の強い人でない限り(笑)

金川顕教さんは、スマホとの付き合い方にはかなり注意をされているようです。
「インターネットやSNSに時間を使うより、もっとほかにやることがあるでしょ」
というのが金川顕教さんのスタンスなんだそうです。
うーん、おっしゃる通り!(笑)

・LINEの返事、簡単な調べもの、Facebook投稿、電子書籍を読む時だけ開く。
・スマホを使う時は、なぜ開くのか、何を調べるのか明確にしておく。
・仕事でつながりのない人の記事に「いいね!」やコメントを入れない。

というのが金川顕教さんのスマホを使う上でのルールなんだそう。

ネット上には色々な情報があふれているので、自分が調べたいことを調べていたら肯定的なことが書かれていたり、逆に否定的なことが書かれていたりで、気持ちを揺さぶられてしまうこともあります。
金川顕教さんの書籍などにもよく登場する「ドリームキラー」というやつです。
どの情報が正しくてどれが間違っているのか判断が難しいことも多いですよね。
だから大切なことはネットではなく書籍などからも情報を得るようにしたほうがいいかもしれません。

「起業したい」とか、「試験に受かりたい」とか、なにか夢や目標がある人は特に、「時間」を大切にする必要があります。
いくらあっても足りないと感じるのが「時間」ですよね。
もしかしたらスマホをかまっている時間を見直したら、1日に数時間スキマ時間が見つかるかもしれません。
もし時間を作るために睡眠時間を削っていたりしたら、睡眠時間を削るよりもスマホ時間を削る方が絶対に健康的に良いはずです。

金川顕教さんのように、自分なりのスマホとの付き合い方を明確にすることは、夢や目標達成のための大きな1歩となるかもしれませんね。

完璧主義はやめましょう

ビジネスで成功出来ない人に、「完璧主義の人」がいるそうです。
ドキッとした人、いますよね(笑)

完璧主義という言葉だけ聞けば、ちゃんとしていてすごいようなイメージをもちますが、これがビジネスで成功するための足かせになってしまうんですって。

というのも、完璧主義の人は、あらかじめ失敗をしないようにいろいろと考えを巡らせ、綿密な計画を立てたりしてからではないと実際の行動に移せないなんてことありませんか?

でも、ビジネスにおいて自分の思った通りにことが運ぶなんてこと、そう滅多にありません。
行動しながら、その時その時必要に応じて臨機応変に柔軟に対応し続けていくしかありません。
完璧主義の人は、その部分が苦手だったりしますよね。
綿密な計画なんて立てている時間があったらすぐに行動することが大事なんです。

なんにでも完璧でありたい、というのは自分を苦しめることにもなってしまいます。
例えば自分には得意なこともあれば苦手なことだってもちろんあるはずです。
自分の苦手分野が得意な人だって周りにはきっといっぱいいるのに、自分一人で全て完璧にこなそうと考えてしまいがちです。
その苦手なことやよくわからないことを時間をかけてマスターしようとする分、結果を出すのに時間がかかってしまいます。
そうした時に、自分は自分にできることを、苦手なことや分からないことはその専門家や得意な人に「任せる」という選択肢を選べば、自分ばかり苦しまなくても、自然と結果につながっていくと思います。

金川顕教さんも、自分でなくてもできることはやらない、という考え方で、金川顕教さん自身にしかできないこと(=パブリックスピーキング)に集中することで売り上げなどを一気に伸ばすことに成功されています。

全部ひとりで完璧にやることに固執しないで、とにかくまずは行動してみること、それができればいろんな方面で今までとは違う結果を出すことが出来ると思います。

完璧主義な一面があるかも!?とドキッとした方は、今日から完璧主義をやめましょう。

メリハリが大事

怒涛の勢いで出版を続けている金川顕教さん。
その著書の中や、ブログ、メルマガなどで、金川顕教さんがふだんどんなことに気を付けて過ごしているかなどが書かれていることがありますよね。

それを見ていると、誰もが遊びに夢中になる大学生時代ですらひたすら勉強し続けたり、テレビを見なかったり、食事やお風呂、睡眠時間を究極に削っていたり…
「目標を達成する」ために、無駄な時間を一切使わないような、かなりのストイックな生活を送っていることがうかがえます。

自分自身にそんな真似が出来るか!?といったら、仕事が終わると無意識にテレビをつけていたり、スマホを見だすと気付いたら1時間以上過ぎていたり、ただでさえ少ない自由時間を無駄なことにしか使っていないような現状が。

これでは「お金を稼いで脱サラ!!」なんて到底無理ですね(笑)

かといって軍人のように厳しい規律の中で毎日生活するなんてこと、いきなりできそうもありません。
金川顕教さんの生活の中での時間節約法をお手本にして、自分にできることを1つ1つ身に付けていくしかなさそうです。
※時間節約法が書いてあるのは、例えば『これでお金持ちになれなければ、一生貧乏でいるしかない。(ポプラ社より2017年8月出版)』とか、『人生はワンダフル!(サンライズパブリッシングより2017年10月出版)』などがあります。時間の使い方で悩んでいる人がいたらぜひ読んでみてください。

金川顕教さんがいうのは、まわりが遊んでいるときこそ差をつけるチャンスだということ。
でもどうしてもやる気がでてこないときは、とことんダラダラしてしまえばいいんだと!
やらなきゃいけないけど~ダラダラしたい~と中途半端な気持ちでいるのが一番だめらしいです。
あの金川顕教さんにだってストイックになり切れない時があるようです。
それを聞くとなんだか少しホッとする自分がいます(笑)

『ストイックにならなくてはいけないときにストイックになればいい。
怠けたいときはストイックにならなくていい』

金川顕教さんのこの教えを胸に、せめてストイックにならなくてはいけないときには全力で取り組めるようにしたいと思います!

スキマ時間活用法

今や会社に務めながら自分でも何かのビジネスを始めている人は珍しくありません。
物販やFX、株、流行りの仮想通貨など、収入を増やす目的や他のビジネスのための資金作りという意味合いで勉強したり作業したりしている事だと思います。

自己流にしろ、どこかのコミュニティに所属しているにしろ、新しい知識やノウハウを勉強するツールとして、YouTubeの動画とか音声のデータがあると思います。
でも、1本100分とか内容が長いものだと一気にそれだけの時間を捻出しようとするとついつい後回しにしてしまうんじゃないでしょうか?
そうすると、どんどん観たり聞いたりするべきものがたまってしまうかもしれません。
たまりすぎるとモチベーションも下がってしまいがちですよね。

そういう音声データなどは、移動時間とかのスキマ時間を有効に使って勉強するようにするのがオススメです。
カリスマ起業家の金川顕教さんも、移動中や待ち時間でひとりのときはイヤホンを付けて自己投資のためにあてているそうです。

通勤時間などで本を読むようにしている、という人もいると思いますが、混雑状況によっては本を開けない場合もありますよね。
本を読んで知識を身に付けるのも良いことですが、出来ない時は時間を無駄にしないためにも、ポッドキャストやYouTubeなどでビジネスの勉強をするようにしましょう。

まとまった時間を作れなくても、こうしたスキマ時間の積み重ねが結果につながっていきます。
短時間に集中して聞いて内容を理解するという訓練にもなると思います。

YouTubeは視聴スピードを変えることもできるので、どうしても時間が足りないと感じているのなら再生スピードを2倍速などに変更するのもオススメです。

コツコツが勝つコツ、とよく言いますが、まずは1日30分からでもスキマ時間を活用して自己投資の時間とするようにしましょう!

金川顕教さんが本を出版するわけ

カリスマ起業家金川顕教さんは、去年からすごい勢いで書籍を出版されています。
無料電子書籍はすでに18冊目まで発行されていて、書籍は12冊出版されています。

ついこの間1冊出たと思ったら、もう次の1冊が出た!!
というスピードでどんどん執筆活動をしている金川顕教さんですが、
なぜこんなにハイスピードで本を出しているのでしょうか?

その答えが、公式サイトのブログで明らかになりました。
『100万部を実現する方法』という題名の記事です。

ブログの記事には、目標を達成するために、なによりもスピード感が大事と書いてありました。
難しいことを短期間で行うためには、高い集中力が必要だし、否が応でも緻密な計画を立てざるを得ません。
そのため、難しいことを素早く行う方が行動の質やスピードが格段に上がるというのです。
色んな成功者も、スピードをとても大事にしている節があるそうです。
だから、なにかをやろうとしているのなら丁寧にゆっくりやるのではなく、丁寧に素早くやるように心がけることをお勧めしています。

このスピードと出版と何の関係が?と思うかもしれませんが、ブログ記事の後半できちんと触れられています。

さて、金川顕教さんですがより多くの人にご自分の持っているビジネスノウハウを知って欲しいと考えて情報発信をしているそうです。
できれば100万人の人に本を読んでそれぞれの人生を変えるきっかけにしてほしいと思っているけれど、今の時代100万部の本を出すことはかなり難しいことなんだそうです。
若者の活字離れが進んでいますし、電子書籍の普及で紙媒体の本はなかなか売れなくなっているという話はどこかで耳にしたことがあると思います。
そのため、100万部どころか10万部売れる本だってなかなかありません。

そこで金川顕教さんは、1万部の本を100冊出すことを決めたそうです。
1冊が100万部売れるのも、100冊がそれぞれ1万部売れるのも、100万人に金川顕教さんのノウハウが知れ渡るという結果には変わりがないのです。

なるほど、逆転の発想ですよね。
元ネタは千田琢哉さんの『印税で1億円稼ぐ』という本だそうですが、こうした柔軟な考え方ができるところが金川顕教さんの成功の秘訣じゃないかなと思います。

普通に考えたら、本を1冊出すというだけでもかなり難しいことだと思うところですが、金川顕教さんは頑張れば100冊出すことはできると考えています。

色んな人に自分のノウハウを知って欲しい、会社にとらわれない自由な生き方、稼ぎ方があるんだよ、ということを知ってい欲しい、という大きな目標を達成するために、自分のノウハウをどんどんと書籍にまとめている金川顕教さん。

メルマガやYouTubeなどで金川顕教さんの発信している情報に触れたことがある人はご存知だと思いますが、金川顕教さんの情報の質のよさは多くの人が評価しているところです。

今後もどんどん出版をされるだろう金川顕教さん。
一読者として100冊という目標達成を楽しみにしたいと思います。

×3

新しい年を迎えて、新たな目標は立てたでしょうか?

勉強でも、ダイエットでも、副業でも、なんでも始めるにあたっては
「×3」を意識しましょう!

「×3」って何?
と思うと思います。

早速詳しく説明していこうと思います。

まずは時間という意味での「×3」です。
今までいろんなことに挑戦してきて、1ヵ月は続けられたって人は多いと思います。
でも1ヵ月で結果って出たでしょうか?
あんまり実感なく、だんだん飽きてきて気づいたら挑戦を辞めている、なんてことなかったでしょうか?
僕は大いにあるあるです(笑)
でも、1ヵ月で結果が出なくて当然です。
1ヵ月だけでは、まだ準備段階でしかないからです。
そこから2ヵ月、3ヵ月と続けることが出来たら、どんどん結果につながっていきます。
だから、なにかを始めるときは「まずは3ヵ月本気で取り組む」ことを意識しましょう。
3ヵ月続けることが出来たら、1年とかずっと挑戦し続けることが出来るはずです。
逆に3ヵ月も頑張れなかったら、何をやっても中途半端で終わってしまうと思います。
石の上にも三年、といいますが、3年と言わず3ヵ月辛抱強く成功を信じて取り組むこと、これがまず大事な「×3」です。

そして次は量としての「×3」です。
なにかに取り組むときに一生懸命努力をすると思いますが、実はその努力は誰もがやっていることだったりします。
だから、人よりも出世したいだとか、人よりもたくさん稼ぎたい、なんて思っているのなら、人よりも3倍努力する必要があるんです。
人より3倍努力して得られる結果は3倍どころではありません。
3倍努力することが出来れば、5倍10倍のリターンを得ることが出来るのです。
周りと同じだけしか努力していなかったら、周りと同じような位置にしかいられません。
そこから抜け出すための「×3」の量の頑張り。

並大抵の気持ちでは「×3」を維持していくことが難しいと思います。
なぜ「×3」をしなければいけないのか、「×3」の先の理想の自分の状態をイメージしてモチベーションを保ちましょう。

この「×3」の法則は、カリスマ起業家の金川顕教さんがお勧めしている方法です。
傍から見たら大成功をしている金川顕教さんですが、そうなる為にこうした「×3」の努力をし続けている人です。

まだまだ新しい年が明けたばかり、なにかをスタートするにももってこいのタイミングです。
「こうなりたいな」という漠然とした何かを持ち続けているなら、「こうなってやる」と意識を変えて挑戦してほしいと思います。
飛躍の1年になりますように。

1日にやるべき仕事は3つまで

明けましておめでとうございます!
金川顕教さんがほとんど休みなくブログなどで情報発信を続けている中、
貴重な年末年始のお休みを胃腸風邪でダウンしていました・・・。
貴重な時間を大分ロスしてしまった分、これから取り返していけるように頑張ろうと決心した正月明けでした(笑)

さて、今回紹介するのは金川顕教さんのブログから「ためになる話」です。
皆さんはスケジュール管理をどうしていますか?

手書きの手帳にびっしり書き込むタイプでしょうか?
そういう方には金川顕教さんの毎日チェンジ手帳がお勧めですね!
それとも、携帯アプリのスケジュールに入力するタイプでしょうか?
スケジュールも有料のアプリ無料のアプリ合わせるといろいろな種類があると思います。

本の出版にセミナーに動画配信など多忙を極めている金川顕教さんは一体どうやってスケジュールを管理しているのでしょうか?

なんと金川顕教さんはGoogleカレンダーを愛用しているそうです。
Googleカレンダーの利点は、仕事の納期、期限を入力できること、仕事の優先度を順位付けして色別できること、星などのマークを入れられること、パソコンとスマホを同期できること、リマインダー機能(あらかじめ設定した時刻に予定を通知する機能やサービスのこと)がついていること、などが挙げられます。

手書きでTO DOリストを作っている人もいるかもしれませんが、金川顕教さんはあまり意味がないと考えているようです。
手書きの場合はいくつでも書くことが出来る分、優先度が分かり難くなってしまうからだそうです。
その点Googleカレンダーの場合はTO DOリストのタスクは1日3つが限度だそうです。

1日にやるべきことを3つに絞り込むことが難しいと感じるかもしれません。
多くの人が、やらなくてもいいことを重要な仕事だと思いこんでいる場合があります。
優先させるべき重要な仕事というのは、例えば緊急度が高いものや、目標達成につながる仕事を指します。
それをはっきりさせるためにも、やらなくてもいい仕事というものをはっきりさせることが重要です。

やることが3つに絞られて、やらないことが明確になれば自然に効率があがって成果につながっていくのです。

たくさんの仕事を抱え込んであれもこれもそれも、となっている人もいるかもしれませんが、1日で出来る仕事量はやっぱり限られていますよね。
それも質の良い内容でできる量と言ったら、そんなに多くはないはずです。

モチベーションを保ちつつ、質よく効率よく仕事をこなすためには、
1日に3つまで!!
と仕事に優先順位をつけて厳選するくせを付けるようにしましょう!!

 

という、金川顕教さんからのためになる話でした。
新年からは早速1日3つまでを意識してやっていこうと思います!!
今年も金川顕教さんからの学びをシェアしていきますのでどうぞよろしくお願い致します!

見返りを求めずギバーになる!!

金川顕教さんのアメブロを読んでいます。
そこでの気付き、決意を書き留めます。

12月3日のアメブロより

”他人に親切にするということは自分の時間を投資すること
見返りがないのは投資に失敗した、そう思うしかない”

人に親切にした時、見返りが欲しくてしたわけではなかったはずなのに、見返りがなかった時に「あれ?」と思ってしまう自分がいます。
そうしたことが続くと、もうその人には親切にしても意味ないかな、という思考に陥っていましたが、それはただの「親切の押し売り」だったんだなと思いました。自分のそういうきたない部分が透けて見えているから相手にもそんなようにしか返ってこなかったんだと今ならわかります。

この日のアメブロに、アメリカのホームレスの男性の実話が紹介されていました。
純粋な親切により、大きな大きな見返りがあったという話でした。
自分もこのホームレスの男性のように、誰かが困っていた時にただ純粋な気持ちで親切にすることができる、そんな人物で有りたいと思いました。

 

12月4日のアメブロより

”相手からもらうことに執着するのではなく、相手に与えることに意識を向けることが大切。
そうすればいつか大きなギフトが返ってくるはずですよ。”

これは12月3日のブログにも通じることだと思いました。
世の中には(1)テイカー(もらうだけ)、(2)ギブアンドテイク(与えたりもらったり)、(3)ギバー(与え続ける)という3パターンの人がいるという話です。

自分では(2)のギブアンドテイクだと思っています。もしかしたら人から言わせたら(1)のテイカーになっているのかもしれません。

知人に、(3)ギバーの人がいます。いつも、「そこまでしなくてもいいのに」「損をしてしまっていないだろうか」と勝手に心配をしていました。
でもその知人の周りは常に人が集まっています。
実際そうした周りの人から助けを得られているかは分かりませんが、いつも良くしてもらっている自分も、何かあったときには力になりたいと思ってはいます。
きっと周りの人も、自分と同じように感じている人は多いと思います。

相手に与えることにどれほど意識を向けられるか、もっともっと自分の中でギバー精神を鍛えなければと思いました。

 

12月5日のアメブロより

”やりたいことばかりにフォーカスしすぎると、稼げないことをやってしまい、成功から遠ざかってしまう可能性があります。”

好きなことにはいくらでも時間をつかえても、やりたくないことや苦手なことからはついつい逃げようとしています。
でもそれではいつまでたっても成功することできないですね。
学生時代もそれで苦労したくせに、同じ過ちを繰り返している自分がいました。
本当に成功したいなら、フォーカスするべきことをきちんと見極めないといけないですね。

 

12月6日のアメブロより

”なんでもリスク回避していたら、ビジネスだけではなく、プライベートも充実しないものになってしまいますよ。”

すごく心に響いた一言です。
尻込みしてリスクを嫌っている自分を改めないと、今後の人生を充実させることができないと危機感を覚えました。

もっと冒険心や向上心をもって何事にも取り組める人にならないといけないなと感じました。

健康第一

最近めっきり寒くなりました。
朝晩の冷え込みや気温差でついに風邪をひいてダウンしてしまいました!
こんなに悪化するのは久々でした。
病気をすると「健康」であることのありがたみをすごく感じます。
普段から気を付けておけばこんなことにはならないのに、と後悔しても後の祭りです。

あっきーさんこと金川顕教さんは、もうずっと体調を崩すことなく健康をキープされているみたいです。

常に忙しく仕事をしているイメージのあっきーさん。
疲れから体調を崩してもおかしくないのに、健康でいられるってすごいことですよね!
でも、健康でいるためにあっきーさんもいろいろと気を遣っているようです。
「健康はお金で買えないから」
ってほんとその通りですよね。
あっきーさんみたいな成功した人でも、100万円あげるから風邪ひかない体にしてくれとかは無理な注文ですもんね。
仕事もプライベートも充実させるためには「健康」でいることが不可欠です。

でも健康にいいことをするのって、例えば運動をしたり食事に気を遣ったり、なんだか腰が重くなりがちです。
そういう時は逆転の発想で、まずは健康に悪いことからやめるようにしたらどうでしょう!?

あっきーさんのブログを参考にやめるべき3つを紹介します。

(1)喫煙
タバコは百害あって一利なし。吸わないと間が持たないとか、付き合いでやめられないなんて人もいるかもしれませんが、自分の健康を第一に考えたら吸い続けることにメリットは1つもありません。
あのEXILEもみんな強制的に禁煙なんですって(笑)

(2)塩分の過剰摂取
外食にしろコンビニ弁当にしろ意外と摂りすぎな塩分。血圧が上がったり、生活習慣病にもつながるので、減塩に気を遣うようにしましょう。

(3)早食い
早食いは食べすぎの原因になります。
食べ過ぎると肥満に繋がります。よく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。

 

まずは健康によくないことをやめるところから始めて、だんだんと健康でいることに慣れたらもっと健康にいいことをしたくなると思います。

僕も年々風邪が治りにくく長引く傾向にあるので、自分を過信しないでここらで健康第一にシフトチェンジをしようと思います。
あぁ、老いっていやですね…

SNSでうつ病!?

金川顕教さんのアメブロにまたしても衝撃的な記事がありました。
なんと、SNSが原因でうつ病になる人がいるというのです!

SNSに絶えず楽しそう・幸せそう・おしゃれ・かわいいものをアップし続けるのが苦痛なのか、と思いきや、そうではなくて、他人のSNSをみてうつ病になっちゃうというから驚きです。

なんでそれでうつ病になっちゃうの?って感じですが、いわゆる「リア充」な他人の姿と、自分の姿を比較して絶望してしまうからだそうです。

確かに、一生懸命仕事しててもローンの返済やら普通の生活を送るだけでいっぱいいっぱいな時に、友人が悠悠自適に旅行に行って贅沢し放題な投稿を見たりしたときに「くそ~ずるい!!」と思ってしまいます(笑)

「嫉妬心」ってすごく自然な感情なんですよね。
この感情が生まれるのは、何かと自分を比較して「負け」を感じたときなんだそうです。
そしてこの嫉妬心は、苦しみとやり切れないという感情を生むだけで、無駄以外の何物でもないと金川顕教さんは言います。

嫉妬心を無くすためには、ものごとにはいい面と悪い面があって、何かを得たら何かを捨てなければならないというような考え方、「トレードオフ」を取り入れるといいそうです。

嫉妬心がめきめきと湧きそうになったら、「相手にはどんなデメリットがあるんだろう」というような考え方をすれば、不要な嫉妬心に苦しめられることはなくなります。

もしそれでも嫉妬心を抑えられないんだとしたら、他人のSNSをみたりするのはやめるしかないですね(笑)

それか、他人に嫉妬されちゃうくらい自分の生活が変わるように行動を起こすしかないですね!