×3

新しい年を迎えて、新たな目標は立てたでしょうか?

勉強でも、ダイエットでも、副業でも、なんでも始めるにあたっては
「×3」を意識しましょう!

「×3」って何?
と思うと思います。

早速詳しく説明していこうと思います。

まずは時間という意味での「×3」です。
今までいろんなことに挑戦してきて、1ヵ月は続けられたって人は多いと思います。
でも1ヵ月で結果って出たでしょうか?
あんまり実感なく、だんだん飽きてきて気づいたら挑戦を辞めている、なんてことなかったでしょうか?
僕は大いにあるあるです(笑)
でも、1ヵ月で結果が出なくて当然です。
1ヵ月だけでは、まだ準備段階でしかないからです。
そこから2ヵ月、3ヵ月と続けることが出来たら、どんどん結果につながっていきます。
だから、なにかを始めるときは「まずは3ヵ月本気で取り組む」ことを意識しましょう。
3ヵ月続けることが出来たら、1年とかずっと挑戦し続けることが出来るはずです。
逆に3ヵ月も頑張れなかったら、何をやっても中途半端で終わってしまうと思います。
石の上にも三年、といいますが、3年と言わず3ヵ月辛抱強く成功を信じて取り組むこと、これがまず大事な「×3」です。

そして次は量としての「×3」です。
なにかに取り組むときに一生懸命努力をすると思いますが、実はその努力は誰もがやっていることだったりします。
だから、人よりも出世したいだとか、人よりもたくさん稼ぎたい、なんて思っているのなら、人よりも3倍努力する必要があるんです。
人より3倍努力して得られる結果は3倍どころではありません。
3倍努力することが出来れば、5倍10倍のリターンを得ることが出来るのです。
周りと同じだけしか努力していなかったら、周りと同じような位置にしかいられません。
そこから抜け出すための「×3」の量の頑張り。

並大抵の気持ちでは「×3」を維持していくことが難しいと思います。
なぜ「×3」をしなければいけないのか、「×3」の先の理想の自分の状態をイメージしてモチベーションを保ちましょう。

この「×3」の法則は、カリスマ起業家の金川顕教さんがお勧めしている方法です。
傍から見たら大成功をしている金川顕教さんですが、そうなる為にこうした「×3」の努力をし続けている人です。

まだまだ新しい年が明けたばかり、なにかをスタートするにももってこいのタイミングです。
「こうなりたいな」という漠然とした何かを持ち続けているなら、「こうなってやる」と意識を変えて挑戦してほしいと思います。
飛躍の1年になりますように。

1日にやるべき仕事は3つまで

明けましておめでとうございます!
金川顕教さんがほとんど休みなくブログなどで情報発信を続けている中、
貴重な年末年始のお休みを胃腸風邪でダウンしていました・・・。
貴重な時間を大分ロスしてしまった分、これから取り返していけるように頑張ろうと決心した正月明けでした(笑)

さて、今回紹介するのは金川顕教さんのブログから「ためになる話」です。
皆さんはスケジュール管理をどうしていますか?

手書きの手帳にびっしり書き込むタイプでしょうか?
そういう方には金川顕教さんの毎日チェンジ手帳がお勧めですね!
それとも、携帯アプリのスケジュールに入力するタイプでしょうか?
スケジュールも有料のアプリ無料のアプリ合わせるといろいろな種類があると思います。

本の出版にセミナーに動画配信など多忙を極めている金川顕教さんは一体どうやってスケジュールを管理しているのでしょうか?

なんと金川顕教さんはGoogleカレンダーを愛用しているそうです。
Googleカレンダーの利点は、仕事の納期、期限を入力できること、仕事の優先度を順位付けして色別できること、星などのマークを入れられること、パソコンとスマホを同期できること、リマインダー機能(あらかじめ設定した時刻に予定を通知する機能やサービスのこと)がついていること、などが挙げられます。

手書きでTO DOリストを作っている人もいるかもしれませんが、金川顕教さんはあまり意味がないと考えているようです。
手書きの場合はいくつでも書くことが出来る分、優先度が分かり難くなってしまうからだそうです。
その点Googleカレンダーの場合はTO DOリストのタスクは1日3つが限度だそうです。

1日にやるべきことを3つに絞り込むことが難しいと感じるかもしれません。
多くの人が、やらなくてもいいことを重要な仕事だと思いこんでいる場合があります。
優先させるべき重要な仕事というのは、例えば緊急度が高いものや、目標達成につながる仕事を指します。
それをはっきりさせるためにも、やらなくてもいい仕事というものをはっきりさせることが重要です。

やることが3つに絞られて、やらないことが明確になれば自然に効率があがって成果につながっていくのです。

たくさんの仕事を抱え込んであれもこれもそれも、となっている人もいるかもしれませんが、1日で出来る仕事量はやっぱり限られていますよね。
それも質の良い内容でできる量と言ったら、そんなに多くはないはずです。

モチベーションを保ちつつ、質よく効率よく仕事をこなすためには、
1日に3つまで!!
と仕事に優先順位をつけて厳選するくせを付けるようにしましょう!!

 

という、金川顕教さんからのためになる話でした。
新年からは早速1日3つまでを意識してやっていこうと思います!!
今年も金川顕教さんからの学びをシェアしていきますのでどうぞよろしくお願い致します!

見返りを求めずギバーになる!!

金川顕教さんのアメブロを読んでいます。
そこでの気付き、決意を書き留めます。

12月3日のアメブロより

”他人に親切にするということは自分の時間を投資すること
見返りがないのは投資に失敗した、そう思うしかない”

人に親切にした時、見返りが欲しくてしたわけではなかったはずなのに、見返りがなかった時に「あれ?」と思ってしまう自分がいます。
そうしたことが続くと、もうその人には親切にしても意味ないかな、という思考に陥っていましたが、それはただの「親切の押し売り」だったんだなと思いました。自分のそういうきたない部分が透けて見えているから相手にもそんなようにしか返ってこなかったんだと今ならわかります。

この日のアメブロに、アメリカのホームレスの男性の実話が紹介されていました。
純粋な親切により、大きな大きな見返りがあったという話でした。
自分もこのホームレスの男性のように、誰かが困っていた時にただ純粋な気持ちで親切にすることができる、そんな人物で有りたいと思いました。

 

12月4日のアメブロより

”相手からもらうことに執着するのではなく、相手に与えることに意識を向けることが大切。
そうすればいつか大きなギフトが返ってくるはずですよ。”

これは12月3日のブログにも通じることだと思いました。
世の中には(1)テイカー(もらうだけ)、(2)ギブアンドテイク(与えたりもらったり)、(3)ギバー(与え続ける)という3パターンの人がいるという話です。

自分では(2)のギブアンドテイクだと思っています。もしかしたら人から言わせたら(1)のテイカーになっているのかもしれません。

知人に、(3)ギバーの人がいます。いつも、「そこまでしなくてもいいのに」「損をしてしまっていないだろうか」と勝手に心配をしていました。
でもその知人の周りは常に人が集まっています。
実際そうした周りの人から助けを得られているかは分かりませんが、いつも良くしてもらっている自分も、何かあったときには力になりたいと思ってはいます。
きっと周りの人も、自分と同じように感じている人は多いと思います。

相手に与えることにどれほど意識を向けられるか、もっともっと自分の中でギバー精神を鍛えなければと思いました。

 

12月5日のアメブロより

”やりたいことばかりにフォーカスしすぎると、稼げないことをやってしまい、成功から遠ざかってしまう可能性があります。”

好きなことにはいくらでも時間をつかえても、やりたくないことや苦手なことからはついつい逃げようとしています。
でもそれではいつまでたっても成功することできないですね。
学生時代もそれで苦労したくせに、同じ過ちを繰り返している自分がいました。
本当に成功したいなら、フォーカスするべきことをきちんと見極めないといけないですね。

 

12月6日のアメブロより

”なんでもリスク回避していたら、ビジネスだけではなく、プライベートも充実しないものになってしまいますよ。”

すごく心に響いた一言です。
尻込みしてリスクを嫌っている自分を改めないと、今後の人生を充実させることができないと危機感を覚えました。

もっと冒険心や向上心をもって何事にも取り組める人にならないといけないなと感じました。

健康第一

最近めっきり寒くなりました。
朝晩の冷え込みや気温差でついに風邪をひいてダウンしてしまいました!
こんなに悪化するのは久々でした。
病気をすると「健康」であることのありがたみをすごく感じます。
普段から気を付けておけばこんなことにはならないのに、と後悔しても後の祭りです。

あっきーさんこと金川顕教さんは、もうずっと体調を崩すことなく健康をキープされているみたいです。

常に忙しく仕事をしているイメージのあっきーさん。
疲れから体調を崩してもおかしくないのに、健康でいられるってすごいことですよね!
でも、健康でいるためにあっきーさんもいろいろと気を遣っているようです。
「健康はお金で買えないから」
ってほんとその通りですよね。
あっきーさんみたいな成功した人でも、100万円あげるから風邪ひかない体にしてくれとかは無理な注文ですもんね。
仕事もプライベートも充実させるためには「健康」でいることが不可欠です。

でも健康にいいことをするのって、例えば運動をしたり食事に気を遣ったり、なんだか腰が重くなりがちです。
そういう時は逆転の発想で、まずは健康に悪いことからやめるようにしたらどうでしょう!?

あっきーさんのブログを参考にやめるべき3つを紹介します。

(1)喫煙
タバコは百害あって一利なし。吸わないと間が持たないとか、付き合いでやめられないなんて人もいるかもしれませんが、自分の健康を第一に考えたら吸い続けることにメリットは1つもありません。
あのEXILEもみんな強制的に禁煙なんですって(笑)

(2)塩分の過剰摂取
外食にしろコンビニ弁当にしろ意外と摂りすぎな塩分。血圧が上がったり、生活習慣病にもつながるので、減塩に気を遣うようにしましょう。

(3)早食い
早食いは食べすぎの原因になります。
食べ過ぎると肥満に繋がります。よく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。

 

まずは健康によくないことをやめるところから始めて、だんだんと健康でいることに慣れたらもっと健康にいいことをしたくなると思います。

僕も年々風邪が治りにくく長引く傾向にあるので、自分を過信しないでここらで健康第一にシフトチェンジをしようと思います。
あぁ、老いっていやですね…

SNSでうつ病!?

金川顕教さんのアメブロにまたしても衝撃的な記事がありました。
なんと、SNSが原因でうつ病になる人がいるというのです!

SNSに絶えず楽しそう・幸せそう・おしゃれ・かわいいものをアップし続けるのが苦痛なのか、と思いきや、そうではなくて、他人のSNSをみてうつ病になっちゃうというから驚きです。

なんでそれでうつ病になっちゃうの?って感じですが、いわゆる「リア充」な他人の姿と、自分の姿を比較して絶望してしまうからだそうです。

確かに、一生懸命仕事しててもローンの返済やら普通の生活を送るだけでいっぱいいっぱいな時に、友人が悠悠自適に旅行に行って贅沢し放題な投稿を見たりしたときに「くそ~ずるい!!」と思ってしまいます(笑)

「嫉妬心」ってすごく自然な感情なんですよね。
この感情が生まれるのは、何かと自分を比較して「負け」を感じたときなんだそうです。
そしてこの嫉妬心は、苦しみとやり切れないという感情を生むだけで、無駄以外の何物でもないと金川顕教さんは言います。

嫉妬心を無くすためには、ものごとにはいい面と悪い面があって、何かを得たら何かを捨てなければならないというような考え方、「トレードオフ」を取り入れるといいそうです。

嫉妬心がめきめきと湧きそうになったら、「相手にはどんなデメリットがあるんだろう」というような考え方をすれば、不要な嫉妬心に苦しめられることはなくなります。

もしそれでも嫉妬心を抑えられないんだとしたら、他人のSNSをみたりするのはやめるしかないですね(笑)

それか、他人に嫉妬されちゃうくらい自分の生活が変わるように行動を起こすしかないですね!

お金で変わるもの

「あいつ金持ちになって性格変わったよな~」なんて会話をしたり聞いたりしたことありますか?

なんでかわかんないけど、お金持ちになる=性格が変わる(ほとんどの場合悪くなるという意味あい)という方程式が出来上がっている気がします。

実際のところどうなのか、金川顕教さんがおもしろい記事を書いていました。

要約すると、
会社などで働いているときは、本来の自分を押し殺して上司の機嫌を取ったり言いなりになったり行きたくもない飲み会に参加したりしているけれど、実際に稼げるようになって会社を辞めたりしたとき、今までの自分を押さえつけていたものから解放されて本来の自分自身に戻る。
仮面をかぶっていた昔の姿しか知らない人からしたら「変わったな」と思われるかもしれないけど、それが本来の姿だから、本人からしたらお金持ちになったからと言って性格が変わったわけではない、という内容でした。

なるほどな(笑)って感じですよね。

会社勤めしていると、愛想笑いを浮かべて上司とか同僚とかとなんとかうまく付き合おうとして、そこまで思ってなくても大げさによいしょしたりして、普段の自分自身とは違う人格になってる感じがします。
それは言いすぎだとしても、仮面をして取り繕って生活している感はありますよね。
そのストレスもあって、なにかにつけ「会社なんか辞めてしまいたい」とか思うわけで(笑)。

もし今やっている副業がうまくいったら、もうそんな仮面被る必要ないんだよな、と思うと、ちょっとやる気がまた出てきました。

やる気にムラがあるけど、ちょっとでもストレスから自分を解放してあげれるように作業を頑張るぞ。
全ては自分次第だからね。

くしゃみの威力

金川顕教さんはいろんな分野の情報を発信してますね。。
なんでそんなに知識があるのか不思議なほどいろんなジャンルのことを知っているようにかんじます。
昔からたくさんの本を読んでいるって言っているから、そうゆーところから仕入れた知識なのかな。

アメブロを見ていたら、《くしゃみにご注意って》見出しが!
年中アレルギーでくしゃみしまくりの自分にとってドキッとする見出しでした(笑)
内容を引用します。

こんにちは。
金川顕教です^^

花粉なのか
くしゃみ連発してる人多いですね。
僕はくしゃみでヘルニアになった人を
知っています、、、

くしゃみで骨折した、
なんていう話も聞いたことあります。

普段意識しないと思いますが、
くしゃみが体に与える負担って
半端じゃないんですよね。

なんと、1回のくしゃみで
自分の体重のおよそ6倍の負担が
腰にかかっているのだとか。

60キロの人なら360キロ。
やばいですね、、、

「ハックション!」
と勢いよくくしゃみをしたら
腰がグキッとなった、
という経験がある方もいると思います。

では一体なぜ、
くしゃみで腰が痛むのでしょうか?
それは腹圧によって
椎間板に衝撃が加わるからです。

くしゃみをする瞬間って
腹筋めちゃくちゃ使いますもんね。笑

でも安心してください。
くしゃみをする瞬間の姿勢によって、
腰への負担を抑えることができます。

具体的な方法としては、
机や壁に両手をついて体重をのせる、
お尻を壁につけて衝撃を壁に分散させる、
というような方法です。

くしゃみは体を丸めてしがちですが、
それだと腰への負担が大きいので、
気をつけたほうがいいです。

たかがくしゃみ、
されどくしゃみですが、
侮らないほうがいいですね。

自分の体重の6倍!?
ホント驚きです。
常に腰痛にも悩んでいるのはくしゃみのせいなのか!?
今日からくしゃみが出そうになったら急いで壁を探します(笑)

 

ビジネスのマインドだったりいろいろ分かりやすく教えてくれる金川顕教さんのアメブロ、見てみてください。
金川顕教アメブロ

 

↓金川顕教さんの物販コミュニティについて無料相談ができます。

時間を生み出す方法

1日は24時間しかないというのは誰もが知ってる常識ですよね。

今の生活を変えたいとか、金銭的な自由を手に入れたいと一念発起して副業を始めてみても、会社から帰ってきて副業のために時間を割きたいのになかなか時間を取ることが出来ず思う様に進まない人は多いと思います。

だからこそ、限られた時間を上手く活用できるように考えないと、副業のための時間なんてずっと取ることが出来ないで毎日が終わっていってしまいます。

お金を稼ぐためのいろんなノウハウやマインドを提供している金川顕教さんの「理想が叶うLINE通信」で、『あなたの1日を30時間にする方法』という記事が送られてきました。
副業のための時間が上手く作れないで悩んでいたら、ぜひ参考にして欲しいと思います。


1日は4つの時間に分けることができます。

・必要最低限の時間
・目標達成のための時間
・楽しむ時間
・無駄な時間


必要最低限の時間とは、睡眠、食事、風呂、仕事などが該当します。
金川顕教さんは時間が必要な時は4.5時間睡眠を実践されていたそうです。
それよりも睡眠時間を削ると日中に眠たくなってしまうので4.5時間まで削ることが限界だったとの事です。
そこまでいかなくても、例えば8時間睡眠を6時間睡眠にするだけで1ヵ月に60時間を作り出すことができます。
また、食事を作る時間や後片付けの時間は完全に無駄な時間なので外食や弁当にしたり、お風呂も一気に頭も体も洗って流せば5分以上は短縮できるのでは?と具体的にアドバイスしています。
そして通勤時間も無駄な時間と言えるので、1番合理的なのは会社のそばに引っ越してしまうこと、だと言っています。

このように、時間は自分から作ろうと思わないと増やすことができません。
でも小さなことでも気を付けて時間を無駄にしない様にすれば、5~6時間を作り出すことは難しくありません。

そうして作り出した時間を目標達成の時間に充てることができれば、金銭的な自由を手に入れることもできます。
それまでは、自分自身が楽しむための時間を取ろうとは考えず、我武者羅にただ目標達成のために頑張るべきです。

金川顕教さんも、そうして我武者羅にやった時間があったからこそ、今は自由を手に入れる事が出来ています。
いわば生き証人です。

普段の生活の中でどのくらい無駄な時間を過ごしているのか、を振り返って、少しでも目標達成のための時間を作り出す努力をしていかないといけないですね。

僕も睡眠時間やスマホをかまいながらの食事を改めて時間を作り出そうと思います!

本では教えてくれない金川顕教

こんにちは!毎日のように金川さんの本を読んでいる僕ですが

今日は本では教えてくれないいい話が合ったのでご紹介しました。

これはバーのマスターが解決策を見出すために自己啓発の本などを出版している金川さんに実際聞いた答えだそうです。

「ストレス」で豆腐メンタル克服!?というお話。

仕事のミス以外にも、人の目が気になる、些細なことでヘコむ、ストレスにとにかく弱いらしいです。いわゆる『豆腐メンタル』というやつです。

バーのマスターも常連客から仕事で失敗したという相談を受けたそうです。しかしなんて返していいか、悩んだそうです。

そこで金川さんはメンタルを左右する『あること』を伝授したそうです!

すると1ヶ月後見事そのお客様の悩みは解決して明るくなったそうです。

基本的に豆腐メンタルの人って真面目すぎたり、人の言うことを100%受け取りがちなんです。何気ない一言でも傷ついたり、「そんなことで?」って思っちゃうようなことでもヘコみます。断られるのが怖くて誘えなかったり、いつも人の顔色を伺ったり、すぐマイナスに考えたり…。

そうこれはそんな人を一発で変えるマインドコントロールのお話。

本には書いてないことなのでこのブログを見つけられた人はラッキーですね!!

人は『あること』を意識するだけで、簡単に変われます。

一番大事なのは『ストレスを受け入れる』こと。

一般的にストレスってマイナスな印象があるかもしれませんが実はプラスなる力を秘めているんです。スタンフォード大学でストレス研究のスペシャリストであるケリー・マクゴニガル先生によると、「ストレスが悪いことではない。本当に悪いのは、『ストレスが健康によくない』と思い込むことが悪い」と言っています。

アメリカで3万人を対象にしたある実験では、『ストレスは体に悪い』と思い込むだけでなんと死亡リスクが43%も増加。それに対し、『ストレスはむしろあった方がいい』と前向きに思い込んだ場合の死亡リスクの上昇については、全く見られなかったという結果が出たそうです。

テレビでもお医者さんが「なるべくストレスのかからない生活を心がけましょう」

とか言ってますから、一般的にはストレスは「悪」という思い込んでいます。

でも、実はストレスって悪いものじゃないんです。

人って緊張したりドキドキして心拍数が上がるとアドレナリンが放出されます。

アドレナリンは五感を研ぎ澄ませてくれるので、集中力がめっちゃ上がります。

スタンフォード大学のケリー先生も、ストレスについてこう結論付けています。

「ストレスはあったほうがいいと思い込んで、受け入れることが大切」

人間は、新しいことに挑戦しようとするとき緊張感やプレッシャーからストレスを感じることが多いそうです。

チャレンジしようとしてる人は、ストレスを感じることによって血管の収縮がなくなり、鼓動が早くなります。

こうして全身にエネルギーが送られます。するとアドレナリンが大量に分泌し、高揚した状態になります。これをチャレンジ反応と呼びます。つまり『チャレンジ反応』と呼ばれるアドレナリンを放出の超集中状態に入れば、人間は無敵モードになれるんです。

では、実際にどうすれば無敵モードになれるチャレンジ反応を呼び起こすことができるか。

と一気に書きたいのですが、ちょっとこの後用事が出来てしまったのでまた次回。

本には書いてない特別なことがよめますので乞うご期待!

イかれた妄想ができる人こそ成功できる人

「一般の人が稼げる上限の金額っていくらだと思いますか?」
あなたはこう聞かれたときなんて答えるでしょうか?

例えば、公認会計士の年収平均800万円よりも多く、1000万円前後と言われています。
国が定める公認会計士という資格を取った人でさえこの金額
普通の人であればこの金額も難しいと思うかもしれません。

しかし、金川さんの答えは

「その人がいくら稼げるかと思っている金額が稼げる額」ということでした。

この質問は面白いと思った金川さんは、経営者の仲間にも話してみたところ、だいたい金川さんと同じ答えが多かったらしいです。

公認会計士でなくても頭の中で年収1000万円を稼げると思っている人は1000万円稼げるし、月収13万円だと思っている人は13万円を稼ぐことができます。

有名な本で『思考は現実化する』ってありますが、まさにその通りだと思ってるんですよ。

理論立てて難しいことを考える必要は一切ないと思っています。
ただ、『イかれた妄想』をしているだけでいいんです。

これは金川さんのこれまでの人生の成功パターンにも当てはまり、
かなり大事だと思っているものです。
このイかれた妄想をすることで、あらゆる目標をかなえてきました。
偏差値35から大学進学。公認会計士合格。会計事務所に就職し会計士になる。
起業。本の出版。塾の運営など

これも金川さんがイかれた妄想をした結果だと思うんですよ。

もしあなたが、お金を稼ぎたい。結婚したい。会社を辞めたい。引越しをしたい。
などと思ってるとしたら、イかれた妄想をするだけで片っ端から叶っていきます。

「それって金川さんは、優秀だからなんじゃないですか?」
優秀とか凡人とか一切関係ない。

金川さんは高校生のときから悟っていました。高校の教室にいるのはヤンキーとギャルだけ。小中高と遊んでるだけ。そんな僕が天才なわけがありません。
金川さんができたことはイかれた妄想をするだけだったんですね。

高校生のとき偏差値35でしたが早稲田、慶応大学に行ける妄想をしていました。
イかれてますよね?笑

1日15時間の勉強を3年間続けて会計士試験に合格。
会計事務所にも入って安泰なのにわざわざやめました。
イかれていますよね?笑

なんで金川さんがイかれた行動に走ったかというと、受け取り方が違うだけだったんです。

年収1億円を稼ぐ人って7700人に1人の割合らしいです。
0,012%なんですね。
まともな人は「そんな確率低いんだから無理でしょ?」
って受け取るんですよ。でもですね。

金川さんの受け取り方は違くて、
「7700人のうち全員が年収1億円を目指したわけじゃないよな。
そのうちの1人がやって1人が結果を出しただけでしょ?
じゃあ、やれば稼げるじゃん」
こうやって受け取ったんです。
でも、副業でも自分で起業してやってみてもなかなか稼げないかもしれませんね。

金川さんが運営している塾でも副業をお伝えしているんですけど、
稼げる人と稼げない人はいるんですよね。

稼げる人とそうでない人を見ていて思うんですが、
稼げると思っていないからなんですよ。

本当に稼ごうと思っている人しか稼げないんですね。
実際。それだけです。単純に。

だから、いかに妄想できるかが大事になってくるわけなんですね。
そのためには『イかれる』しかないんですね。

あ、薬をやれとかじゃないですよ。笑
「これやったらいけるかなー」とか難しく考えない。
イかれた妄想をするだけでいいんです。

偏差値35→早稲田、慶応に行ける
産業社会学部→公認会計士試験に合格
世界一の会計事務所→起業する

イかれた妄想をして全て叶ってきました。凡人でもこの結果が出せます。
もちろん失敗も経験していると思います。

大学2浪したり、公認会計士にも1度落ちました。
もし失敗したらしたでスキルが身につくからいいんです。

よく成功本とか読んでいると「成功者は、苦労や困難を乗り越えている、すごい失敗もしている」って書いてあるんですね。そこでだいたいこんなフレーズが続いているわけなんですが、

「同じように一般の人も失敗と苦労を経験している。
一般の人も常識的な人もうまくいっている人も同じ経験をしている」
こんなことが書いてあるんですね。

あなたも絶対に失敗しているんですよ。
これまで人生のどこかで。
失敗したときとか、心のどこかで「うわー、俺ダメだな…」って思うんですよね。
でも金川さんもうまくいかなかったとき、ただ前向きにイかれただけなんです。
結果が出ない人はイかれていないんですよ。
まともなんです。

まとも。まずはイかれた妄想を膨らませてみてください。
俺、科学者よりも理論的な考え方になれるなとか、
1日3冊の本を読めるなとか、なんでも構いません。
それだけであなたが成功したい願望は片っ端から叶っていきますからね。

こんなブログが上がってきました!金川さんの考え方がかっこいいですよね!
僕もイかれた妄想から、有言実行していきます。